映画鑑賞【『忠臣蔵』師走のルーティン 

  • 2019.12.11 Wednesday
  • 00:00

映画鑑賞【『忠臣蔵』師走のルーティン 


◎毎年師走のルーティン❗



東宝映画『忠臣蔵』。

東宝が創立30周年記念で製作した豪華絢爛の巨篇。

「新説を無視せず、俗説をあなどらず、歌舞伎の幻想を捨てず、映画的創作と

隠れた発見を怠らず、この一作で忠臣蔵の面白さがわかる」とのコンセプトを示して制作

された。忠臣蔵のエピソードを余すことなく網羅している作品で、大石内蔵助を演じるのは

八代目・松本幸四郎氏。その二人の実子・九代目 松本幸四郎、中村吉右衛門も出演。

三船敏郎氏が槍の俵星玄蕃役(宝蔵院流槍術の名手)で活躍する。

浅野内匠頭(加山雄三氏)の際に辞世の句が女性コーラスで歌われる、このシーンは非常に

印象的である。吉良上野介役は市川中車氏。他、三橋達也/司葉子/原節子/森繁久彌/

小林桂樹/三木のり平/池内淳子/星由里子/フランキー堺/宝田明/加東大介等、

超豪華キャストである。


いろいろな「忠臣蔵」があるのですが、私はこの作品を毎年師走には鑑賞します。

以前は、泉岳寺にお参りして観ていましたが、今はDVD映画鑑賞するだけです。

京都にいた頃には、京都市山科区にある、大石神社などにもよく参詣しました。


◎『忠臣蔵』研究も進んでいる


何百年も前の事件ですが、「忠臣蔵」の史実研究も進んでいます。

背景や討ち入りの技法等、合理的な方法で討ち入ったことが判明してきています。


そういう最新の研究も取り入れて映画鑑賞をするわけですが、「忠臣蔵」の『忠』の

一字は揺るがないことは、時代が経っても不変です。「サムライの面目」「喧嘩両成敗」

この為の蜂起であり『忠』であった。


水戸藩幕末の士、藤田東湖の「正氣の詩」。この詩に「忠臣蔵」四十七士の「忠孝」が

正氣であると述べられています。吾が國の遠祖の神々から受け継ぎやどる性質こそ

正氣であると。神明に通じる人、神人はこの「正氣」をもつものである。


◎「忠孝」「正氣」は神人に通じる


「忠臣蔵」は「忠孝」「正氣」に通じる。そして「正氣」は神人(しんじん)の性質なので

ある。日本の各時代の伝承は素晴らしくて、いつの時代にも「神」に通じる人たちの

逸話があり、伝承がある。


「忠臣蔵」もそうであるし、「百人一首」もそうであるし、坊さんたちに著作にも

見受けられる。我々はそういうものに触れて霊的な成長の助けとするべきである。

外国には無い遺産である。洋夷なものにばかり囚われないで、自分たちの御先祖さんの

遺されたものを時にじっくり噛みしめたらよいと思う。



密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(100)】

  • 2019.12.02 Monday
  • 00:00

密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(100)】


≡ 完結!『摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳』



◎菩薩の誓願『摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳を』


ここまで書き、述べてきて思うことは、一生修行ということです。

一心に自分の親のため、一族郎党の親族輩族、祖霊の為。有縁無縁の萬霊の御為。

一生修行、一生供養です。

そのために私は百話で「摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳」を説いてきました。


摩訶般若「観音眞経」この経典を説くために自分は生まれてきたのだ、そういう自覚が

私の中にあります。生まれ変わり死に変わり、修行し念誦してきました。

すべての人は霊的に進化しています。はっきりとそれが分かります。

『摩訶般若波羅蜜 観音眞経』の道の実現である、そうも思います。



過不足を補いながら、いろいろなことを経験して肉体やアストラル体、

メンタル体を発達させてきました。やがて皆んなが覚りの界に入るでしょう。

それまでは観音光明界は衆生と共にあり続けます。


◎観音光明眞界傳【摩訶般若波羅蜜 観音眞経】


【摩訶般若波羅蜜 観音眞経】(まかはんにゃはらみつ かんのんしーんきょうー)
観世音(かんぜおん)南無仏(なむぶつ)
与仏有因(よぶつういん)与仏有縁(よぶつうえん)
仏法僧縁(ぶっぽうそうえん)常楽我浄(じょうらくがじょう)
朝念観世音(ちょうねんかんぜおん)暮念観世音(ぼねんかんぜおん)   
念念従心起(ねんねんじゅうしんき)念佛不離心(ねんぶつふりしん)
天羅神(てんらしん)地羅神(ちらしん)
人離難(じんりなん)難離身(なんりしん)
一切災殃化為塵(いっさいさいおうかいじん)
摩訶般若波羅蜜(まかはんにゃはらみつ)

大明呪(だいみょうじゅ)
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舎利子

色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是舎利子 

是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 無色無受想行識 

無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界乃至無意識界 無無明亦無無

明尽 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故

菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罜礙 無罜礙故 無有恐怖 遠離一切

顛倒夢想 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提

故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦

真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰

羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 

般若心経


私も観音佛に従い、一人の衆生済度の漏れがなくなるまで、すべて衆生が観音光明界に

入るまで、この現界に何度でも生まれてきて、観音佛・摩訶般若波羅蜜の功徳を巡らせる、

そういう強い思いです。


今回のシリーズ【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳 百話】をお読みいただいた皆さんは

浅深は別にして観音佛にご縁のある方だと存じます。拙い私の文章に最後までお付き合い

いただき心から感謝します。



◎結びにかえて『感謝菩薩で生きる』


令和元年もすでに師走。のこり一ヶ月弱で今年も終えます。

世界の正念場、令和の時代。これからどうなるのでしょう。

しかし、全ての命運は想念が決めてゆきます。

善き想念、楽しい想念を持つことが大切です。


足るを知り、身心を大切にし、ものに拘らず、南無観音佛・摩訶般若を旨として、

今ここだけを楽しく生きてゆけば、善き時代が開かれることでしょう。

人を愛し害さず、自彊不息。乾元享利貞の四徳文を念じ。生きながら死人になりきる。

朝起きて大宇宙の中心になり、大きく伸びして、「摩訶般若」ウーン大丈夫と思ふ。

ありがとうの「感謝菩薩」で生きる。「すべて善し」。


あっという間の百話。

まだまだ言い足りないことが多くあります。

「延命十句観音経霊験記」の様々な話、五井昌久氏 西勝造氏の般若心経講話、

カトク・リンポチェの般若心経御法話 、聖母シュリ・アーナンダマイー・マーのこと、

葉衣観音の深い教え 等々。百人一首のことも。これらの紹介と解説多々。

しかし、お互いにまだ残された時間はあると思います。

著者はあらたに筆硯を研ぎ、続編を記したいと念願しています。


では皆さん、最後になります。

心から 感謝、感謝、感謝です!

心から ありがとう、ありがとう、ありがとうです!

どうぞお元気でお過ごしください。合掌


(完)


川島徳慈 拝願

ーーーーーーーーーー

〔『摩訶般若波羅蜜多心経 小経本 印施の募集』〕

来年2020年(令和二年)摩訶般若の功徳を込めた小経本を作成し、広く布施行を

おこないたいと思います。ご協力頂ける方を募集します。詳細は後日発表します。

kawashima.seitai@gmail.com までご連絡を。川島徳慈まで。


密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(99)】

  • 2019.12.01 Sunday
  • 00:00

密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(99)】


≡ 秘経「観音夢授眞經」を説く❺ ≡



◎「観音眞經」と「摩訶般若波羅蜜多心経」


観音菩薩をアヴァロキテーシュバラという。これを鳩摩羅什は観世音、玄奘三蔵は

観自在と翻訳した。漢訳の仏教経典で、観世音(観音)と表記されていたら羅什、

観自在なら玄奘三蔵、大雑把だがそう考えていい。


であるから、観音眞経は鳩摩羅什訳、摩訶般若波羅蜜多心経は玄奘訳ですね。

この2名で観音様の功徳を流布したと言ってよい。唐土では観音様のことを

観音大士というわけですよ。仙人の書で有名な陶弘景(西暦456〜536年)は、

「荘子(南華眞経ともいう)」「大洞眞経(道教経典)」と共に「観音経」をあげている。

陶弘景という人物は5〜6世紀の道教の最高指導者である。


道教というのは世俗的、物質的ことも取り扱うものでもあり、仏教も取り入れて

涅槃ということも言う。インドの仏教経典を漢訳にした際、その下敷きは道教経典

だった。仏教経典の漢字の使いようは道教経典からきている。この唐土の道教は

日本にも渡来し神道に取り込まれた。もちろん仏教経典も来たが、それは道教経典を

下敷きにした中国仏教経典である。


日本の神道と仏教には、共通して道教の要素が込められているのである。

菅原道真公(天神様)との関わりで「延命十句観音経」は『天神秘文』として

昇華され道教仙人の教えが入っている。仏教経典としての「延命十句観音経」は

翻訳過程・成立過程で道教色が入っている。

神仙・仙人というけれども、「観音経」「延命十句観音経」「観音夢授眞経」

「摩訶般若波羅蜜多心経」等には、すでに仙人が関与しているのである。


観音経・観音夢授眞経・十句観音経・摩訶般若波羅蜜多心経を合わせて

「観音眞経」というのである。それゆえに「観音経」の経句である

「福聚海无量(福寿海無量)」が神仙界招来の秘文であり、得仙秘文という金文に

なっているのである。「天地の正氣を受けて 福寿海無量」の御神言は、

「観音眞経」の一部と言っても過言ではない。


多くの国学の大家が「観音経」をお唱えする由縁はここにあるのだ。

これは私の憶測だが、国学者や神仙の学を志した先師は、何らかの形で、

唐土由来の「観音眞経」を入手したのだと思う。観音菩薩は、インド、チベット、

ベトナム、中国、韓国、日本と、広範囲で信仰され大功徳を与えている尊格である。

神界としては、神集嶽神界、万霊嶽神界の両界に通じ、あらゆる幽冥界に

救いをもたらしているものと推察する。



◎『摩訶般若波羅蜜 観音眞経』への道


前にも述べたことがありますが、『摩訶般若波羅蜜 観音眞経』という経題のお経巻は

存在しません。ですが、「観音夢授眞経」と「摩訶般若波羅蜜多心経」の併読、

一つにしたお経こそが『摩訶般若波羅蜜 観音眞経』であると私は思っています。


神界にも佛界にも、観世音大菩薩(観音佛)の大功徳は廻らされています。

キリスト界にすら「マリア観音」として顕現しています。

この世の救いはここにあると私は考えます。


無欲の印施(お経の布施)、ここに『摩訶般若波羅蜜 観音眞経』の道は存すのです。


◎観音光明界より授かった秘傳


霊夢によって観音光明界に感応する秘伝的修唱の仕方を得た。

その方法をすべて公開は能わずであるが、基本をお伝えしようと思います。


前行は常の如し、

ヽ経偈

∨琺堵娘稠藩緻多心経(三巻)

1簗申酋膣儔桟(十巻)

ご儔嗣桓眞経(三巻)

ニ琺堵娘稠藩緻多心経(三巻) ※『摩訶般若波羅蜜 観音眞経』

ζ醋蟻膸大悲観世音大菩薩(南無観自在菩薩摩訶薩)(十遍)

南無阿弥陀佛(十遍)

祈願、廻向、普礼。以上。

( ※い隆儔嗣桓眞経の最後のところ摩訶般若波羅蜜からそのまま般若心経の

観自在菩薩に入る。般若心経の終わりのところ菩提薩婆訶で、次に観世音南無佛と

繰り返す。´↓と順次やって、き き きイ痢慄琺堵娘稠藩緻 観音眞経』を

唱えて、ΝА

〔口伝〕Δ隆兩げ斬臺郢Г蓮∪草観音である。

Г稜夷如崙醋軌ぬ鐶撲如(十遍)は、善光寺如来を念ずること。


◎『摩訶般若波羅蜜多心経』の大功徳


今日のお話で99話おわり。明日で百話になり、【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳】の

記述も終えますが、これまで私が述べてきたことを参考にして、自ら研究し

観音光明界(神佛界)に通じていただきたいと思います。


人生の時間は有限です。一日一善と言いますが、「摩訶般若波羅蜜多心経」の読誦、

「観音眞経」を我が生活に取り入れれば、毎日毎日 真の積善ができます。あまり

思いつめるのではなく、「今ここ」だけを信じて楽しくやってゆけばよいと思います。

(つづく)

ーーーーーーーーーー

〔『摩訶般若波羅蜜多心経 小経本 印施の募集』〕

来年2020年(令和二年)摩訶般若の功徳を込めた小経本を作成し、広く布施行を

おこないたいと思います。ご協力頂ける方を募集します。詳細は後日発表します。

kawashima.seitai@gmail.com までご連絡を。

川島徳慈しるす

密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(98)】

  • 2019.11.30 Saturday
  • 00:00

密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(98)】


≡ 秘経「観音夢授眞經」を説く❹ ≡



◎「観音夢授真経」は観音光明界に直通の秘経である


秘密経典である「観音夢授眞経」は霊夢に観音菩薩が現れて授けたお経である。

多くはアストラル界でこれを授受するのだが、実際には観音光明界からきている経典である。

繰り返し言うことであるが、般若心経も此のお経も仏教経典の体裁ではない。


偈文・マントラのような趣きがあり、一心にお唱えすれば、それなりに効能がある。

純粋にマントラの場合は唱えることが全てなのだが、心経や十句経はお経ではあるが

意味もあって偈文のようになっているから、その意味もつかむことも大切なのである。


観音光明界は、全ての衆生が成仏して菩薩になるまで救いをやめることが無い、

そういう世界である。道教経典としても「観音経」は取り入れられているのであり、

高級な霊界にありながら、いろいろな形でこの世に干渉するわけだ。

道教寺院では「観音娘々」と言って祀られている。


観音光明界というのはこの宇宙で広範囲に存している。

アストラル界メンタル界を超えてゆくのは、神様や仏様に身を預けることが極意であるから

人間でありながら、これらの界に確実に通じる方法を持つことは、福音なのである。


仏陀が出現した時代、キリストが出現した時代に生まれ合わせて教えを受けれるという

ことは、直接 佛界やそれ以上の界に通じることを意味する。教えを受けて、帰依します

と預けたら、それで救われてしまう原理はここにある。浄土真宗の親鸞聖人はそういう

念仏を教えたのだ。大神・如来に身を預ける。こういう信仰の真髄の前には、個人の

修行など大したものではないのだ。そう、雑行だ。


◎大宇宙に存す「観音光明界」のこと


観音光明界は一切衆生が救われるまであり続ける。

ですが、すべて衆生が救われた時には消滅する。そういうようにできている。

肉体が寝るとアストラル体が動き出す。夢の体験をする。これは誰でも体験する

ことだ。


プラーナが中央脈管に入ると智慧が生じますから、正夢などみる。これはアストラル体の

働きです。この体を「性癖体」とチベット密教では言います。夢すなわちミラムですね。

「ナローパの六法」というのはアストラル体の脱身を成すわけです。


密教の観想法、神仙の感想法では、アストラル界に入るのが精々です。

「ナローパの六法」の「ミラム(夢)」の修行に入る土台は、トゥンモ(ツモ)であり、

「トゥンモ」は身体内の熱を出す法で、これはクンダリニーという体内装置を使う

ものだ。夢・アストラル体の把握・結晶化にはクンダリニーの活用が不可欠という

ことである。だが、それだけでは虚空蔵界には入れない。


肉体が寝て、さらにアストラル体メンタル体が寝て沈黙する。

すると原因身(コーザル体)が動き出す。

私は「摩訶般若波羅蜜多心経」の読誦を説いているので、

コーザル体、原因身を虚空蔵菩薩体と呼びます。(略して虚空蔵体)


アストラル界に入り、アストラル体を完全に結晶化し、さらにこれを沈黙させるには

どうしたらよいのでしょう。ここが一番の問題です。

それは肉体アストラル体に通達して、動かすことと、寝かせること(沈黙)を自在にすると

いうことです。日常は夢の界に入り霊夢自在になる。先ずこれです。

これを「摩訶般若波羅蜜多心経」と「観音夢授眞経」は実現してくれます。

凄い福音ですね。


それを進めて、日常と夢を統合します。起きている時に夢をみる。

これは起きながらアストラル体で活動していることを意味します。

では寝ている時はどうなってしまうのか?

もう夢は見ないのです。寝ると密教でいう、「法性の光り」と一体化してしまう。

これは密教の奥義ですが、とにかく「観音夢授眞経」「摩訶般若波羅蜜多心経」は

その境地に導いてくれます。観音光明界と繋がっていますから。



◎般若心経を読誦し観音光明界に入る秘訣


ここで般若心経を読誦し観音光明界に入る秘訣を述べよう。

どうすれば観音光明界直通を実現できるのか?

どうすれば入観音光明界自在になれるのか?


\茲困経の冒頭「観自在菩薩」で、深く観音様に祈ること。観音光明界を念ずること。

ここなんです。「念念従心起  念佛不離心」。

「佛を念じて心離れず」。観音菩薩を念じ心離れず。

▲侫螢瀬(心臓)で「観音夢授眞経」「摩訶般若波羅蜜多心経」を読誦する。

肉体に観音眞経・心経を響かせる。

経絡ナディ等のエネルギー経路に観音眞経・心経を響かせる。

感情体(アストラル)に観音眞経・心経を響かせる。

知性体(メンタル)に観音眞経・心経を響かせる。

魂そのものに観音眞経・心経を響かせる。

宇宙(自他内外すべてに)観音眞経・心経を響かせる。

すべてを摩訶般若と化してしまう。

す膣屬法◆崙醋蟻膸大悲観世音大菩薩」の念佛を唱えよ。


昨日申したように、


 銑い鬟侫螢瀬(心臓)で読誦する❗のです。


これが観音信仰、観音光明界に入って行く方便、

「摩訶般若波羅蜜 観音眞経」読誦の秘訣です。


では今日はこの辺で。

(つづく)

ーーーーーーーーーー

〔『摩訶般若波羅蜜多心経 小経本 印施の募集』〕

来年2020年(令和二年)摩訶般若の功徳を込めた小経本を作成し、広く布施行を

おこないたいと思います。ご協力頂ける方を募集します。詳細は後日発表します。

kawashima.seitai@gmail.com までご連絡を。

川島徳慈しるす

密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(97)】

  • 2019.11.29 Friday
  • 00:00

密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(97)】


≡ 秘経「観音夢授眞經」を説く❸ ≡



◎「観音夢授真経」はアストラル界に通じる


孫敬徳が霊夢で「十句観音経」を得て救われた。すなわち「観音夢授経」を観音菩薩

から直々に授かり処刑を免れた。霊夢、アストラル界で観音菩薩に導かれたのだ。


孫敬徳は日頃から観音菩薩像を自作し、これをご本尊として礼拝供養していた。

信仰心が深かったわけだが、単に観音様が好きだったわけではない。

孫敬徳は僊人の列にある仙種だったのである。観音菩薩に取り継ぐ、そういう存在の

ご加護もあったのだ。親への孝養もよくする人だったのである。


◎「観音夢授真経」奉読で霊夢自在になる!


般若心経と観音夢授眞経の併読で、霊夢自在の道が開ける。これは大変な福音です。

我々は肉身を土台に生きています。せいぜい使う人でもエーテルです。

肉身エーテルはくっ付いてますからね。ここまでは何となく誰でも使う。

もちろん誰でも夢など見るし、正夢なども時折見るから、アストラルまで使ってもいる。

感情を抑えてメンタルを自然に使っている人もいる。


ですが、肉身エーテルから離れないと、つまり肉身が寝たり死んだりしないと、

アストラルの自在はありません。アストラル体の沈黙なくして原因身の界、

虚空蔵界(コーザル)へ入ることはできないのです。


密教や仙術の観想・感想法などは、アストラル界に入るのが精々なのです。

マンダラなどの冥想では、虚空蔵界に入ることはできない。アストラル体を強化して

さらに沈黙させることは至難です。


だが「観音夢授眞経」と「摩訶般若波羅蜜多心経」はそれを可能にする。

どうしてかお分かりになりますか?



◎摩訶般若は「沈黙の声」である


神智学のH・P・ブラヴァツキーは「沈黙の声」という書を著しましたが、

それは虚空蔵界・観音光明界からの声を表現したわけです。魂の声、これを聞くには、

肉体と感情体(アストラル体)メンタル体を沈黙させないと実現できない。


摩訶般若波羅蜜多心経を先ず肉体に向ける。

摩訶般若波羅蜜多心経を経絡やナディ(脈管)などの不可視エネルギー経路に向ける。

摩訶般若波羅蜜多心経を心(感情)に向ける。

摩訶般若波羅蜜多心経を心(知性)に向ける。

摩訶般若波羅蜜多心経を魂に向ける。

摩訶般若波羅蜜多心経を命に向ける。

摩訶般若波羅蜜多心経を自他すべてに向ける。

(※マハー プラジュニャー パーラミター フリダヤ スートラン。

「摩訶般若波羅蜜多心経」の「心」は梵語で「フリダヤ」。「フリダヤ」は「心臓」の意。)


一番の秘訣(コツ)、それは


フリダヤ(心臓)で読誦すること❗


すでにお経の題名に表れているんです。

これが虚空蔵界、観音光明界に通じる最短の方法です。

大サービスです。

今日はここまで。

(つづく)

ーーーーーーーーーー

〔『摩訶般若波羅蜜多心経 小経本 印施の募集』〕

来年2020年(令和二年)摩訶般若の功徳を込めた小経本を作成し、広く布施行を

おこないたいと思います。ご協力頂ける方を募集します。詳細は後日発表します。

kawashima.seitai@gmail.com までご連絡を。

川島徳慈しるす

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM