霊的供養の話し 變遒瞭きは間違いなくある】

  • 2018.11.12 Monday
  • 12:00

霊的供養の話し 變遒瞭きは間違いなくある】

 

仝徳の廻向

平成最後の大司命節も無事に終結しました。

新たな時代のはじまりです。

 

さて早速わたしの身辺で霊的な現象が出ています。

私は今生の誓願として、ご縁の有ったお霊を生涯にわたり廻向してゆくことをきめました。

そのことは以前に述べました。

 

今回その誓願を受けて幾人もの方から、御香供養や灯明など奉献供物の御寄進をいただきました。功徳は撒くことで生えてくるのです。その幣帛御供養のお志で何百と言う柱のお霊が、毎日わたしの御真言読誦、看経読経、廻向によって御供養されています。その功徳は施主とその方の御先祖に必ず行きます。

 

祈願はできるが霊供養はできるのか?

何をお霊に廻向するのでしょうか?

それは功徳なのですが、亡者に対してそんなことができるのでしょうか?

みなさんはどう思われますか?

 

大司命節の半ば、わたしは功徳廻向ということ、祖霊の供養の実際、霊供養の功能ということについて考えました。

先ず、わたしができるのは、真の佛縁をつけることである。このなかには神様のほうのことも入ります。どうすればご縁をつけれるのか?

 

すべてはそのご本人次第ですが、それは生きていればこそできることなのです。

死んだら手も足も出ないのです。死んでも自由にできるのは、ある段階に行った霊的に優れた者のみなのです。

 

死んだ人には、佛縁をつけてあげること。来世に真の佛縁が生じるようにお手伝いすることです。その方法はさまざまありますが、一番の秘訣は、功徳廻向する祭主僧侶が、確実に涅槃と結びついていることです。つまり釈迦如来と結縁できていること。そして完全な「帰依」が出来ていることです。真の帰依だけが真如のニルヴァーナ(涅槃)に結びついています。来世に於いて、この帰依が出来るように縁をつける。これが仏因をあたえることです。

 

神の世界も佛の世界も究極は涅槃界をめざしますが、どちらかというと神の方が難しい。あまり便法がないのです。祓い清めるという道を実現できる人は、謫仙の方か、人間でも相当清らかに生きれる方だけです。

 

大抵は佛縁による霊的進化ということになる。

ですからこの「帰依」を付与するという祈願はできるのです。

ようするに「願い」ですから。それに対して「霊的供養」とは霊の供養であり、慰め布施し事物をも届けるものです。そのようなことが可能なのか?

 

今まで私はそれは有りとして行ってきましたが、本当に靈の働きで示してもらいたい。そう願っておりました。物理現象を伴う形で、霊供養の機序というものを示してほしい!そう願っていたのです。

その願いが、11月9日大司命節明けすぐに現象化しました。

 

さあ、霊的供養の話しの始まりです!

 

 

花角有遷 龍徳慈

 

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

 

平成30年【大司命節 無事終了目前!そして未来へ!】

  • 2018.11.08 Thursday
  • 00:00

平成30年【大司命節 無事終了目前!そして未来へ!】

◉平成最後の大司命節
平成最後の大司命節もとうとう終わりになります。
厳密には明日にかけてであり、10月8日午後と11月9日午前で32日間になるのです。ともあれ平成は混乱と困難の中にありました。


◉昭和世代から次世代へ
日本の昭和の時代はとっくの昔に終わっておりますが、実質はまだまだ幅をきかせていたのです。しかし平成の終焉と共に実際の終わりが始まっています。
 

昭和に生まれ、平成を生きたという自覚をお持ちの方は、自分の生のおしまいということについて意識するべき時がきました。あえて言えば50代〜70代の方のことでしょうね。

 



◉どう生きるか?何をするのか?
晩年を生きていくうえで困難なことがあります。それは時代が変わるということです。特に今の変化はものすごいわけです。年寄りが時代について行けないということがすでに起きています。
 

何をするのか?ということですが、楽しんでゆけばいいのです。自分において楽しいことをするという意味ではなく、生きていること、生きている中で起きることを楽しむのです。貧乏も困難も迫害ですら楽しむということです。ですが苦しいことは、やはり嫌なものですからなるべくそうならないようにしていくのです。そのための方法を行なうわけです。

どう生きるか?は、各々の価値観によります。ですが自分なりの信仰があった方がよい。それから伴侶とか親友とか話のできる友がいた方がよい。人は話しをすれば楽になりますから。重荷を自分だけで負わずに、少しだけ置いてみて、思いを打ち明けてみるのです。


◉人生の悩みは
人生の悩みは、自分や家族の病気や生死。
お金に関すること。
夫婦なかに関する問題。
子供や家族の問題。
その他の人間関係。
職業上や学業の成績立身。
せいぜいこんなものです。

 

どのようなことも、それは全て自分そのもの(自分の心性の顕現)ですから、勇気をもって問題に向き合い、解決しましょう。そして、できれば楽しみましょう。

 

ヒントとして次のような教えがあります。

 屬覆襪茲Δ砲覆 心配するな」(一休禅師)

◆崟犬ながら 死人になりて

  成り果てて 思うがままに することぞ善き」(正受老人)

特に△郎造辰討海慮斥佞鮓泙弔吠けて、呼吸で息を吸いつつ、肚に入れる。すると恐いものがなくなる。(※知りたい方は今度「冥想の講座」をやりますから来てください。)

◉天神地祇諸仙萬靈 仏菩薩三宝への祈り
天神地祇は大司命節で霊類生類一切の賜福掟めを行います。10月9日〜11月8日にそれは為され運命の改定が行われます。このことの事実は大神遷である宮地水位大靈壽眞によって現界にもたらされました。
 

これを知るものの道福というのは天神地祇の御心に合わせて、幽政の秘機をお祝いすることができることです。一切の生類への追福修善をすることが出来ます。

では仏者はどうでしょうか。仏者は仏菩薩三宝へ帰依し供養します。慈悲の心をめぐらして生きとし生けるものたちへの大慈悲の祈りと行為をするのです。

神の道も、仏の道も「慈しみ」が本質であり、両者は何ら違背するものではありません。神の道でゆくのも、仏の道でゆくのも、両方を尊崇帰依してゆくのも、自由自在であり、自分が心から帰依できるかだけにかかっています。

自分の徳を廻向する。この時代、これからの時代が困難であればあるほど、慈しみの心、真理に帰依する心は大切です。真理は大寺院や教祖様が独占するものではありません。真理は宇宙に遍満し我が心に中に内蔵されているのです。

さあ、未来に向けて元気で進んで行きましょう!

 

花角有遷 竜徳しるす

現界年号 平成最後の【大司命節まもなく畢わんぬ】

  • 2018.11.05 Monday
  • 12:00

現界年号 平成最後の【大司命節まもなく畢わんぬ】

 

謹製した数百の秘符(召霊符)

 

◎現界年号「平成」の最後

 

平成の世もまもなく終える。約三十年、激動の世でした。

一体どこが平成(平ら成る)なんだと云いたくなるほど困難がありました。

日本は直接戦争に加担するようなことは無かったですが、大地震などの大自然災害が多数、原発事故、考えらえないような犯罪の数々。猛毒ガスのサリンやVXガスまで使われる極悪犯罪が行なわれた。

 

平成の終わりと共にすべて持って行ってほしいと思うのだが、そうもいかないようである。

原因があって、それを助ける他の要素が加わって、結果が出てくる。さらに連鎖してゆく。

諸行は無常で、連鎖してゆく、重々縁起してゆくのだ。

 

彼の幽真界での年号は現界とはちがうものである。「〇〇〇」という。

 

 

◎聖書を読む!

 

わたしは仏教を核にして神々を尊崇する修道者である。世界中の秘教を学び、密教や霊術も研究実践する。なんら壁が無いのである。当然、旧約聖書も読めば新約聖書も読む。イエス・キリストを大聖者であると認めているし、古今無双の大神人だと尊崇している。

 

聖書の記述には、何ら書き加えてはならないと言われている。

新約聖書には「ヨハネの黙示録」が納められている。預かる言葉という意味もあるが、未来の予言という要素があることは否定できない。どう読むかというのではなく、そのものズバリが記されているのだ!

 

であるから有名なハルマゲドンも起こるのである。

日本人にはあまり関係ないかもしれないが、地球号にいるからには影響を受ける。

神話・寓話だという人も多くいる「ノアの方舟」の話がある。旧約聖書に出てくる奇譚だ。

わたしが何故奇譚というのかというと、これは実際にあった話だからである。

地球上が水浸しになったのだ!

 

 

◎大いなる時代の前に!

 

わたしは仏者として、縁ある衆生の菩提を弔い続けると誓いを立てています。

ですから私は出会った人々の法縁を願い、亡者の法縁成就も生ある限りし続けます。

上求菩提 下化衆生を永遠にやってゆくことを誓願としてしております。

 

今回の大司命節において、お申し込みのあった方、過去に御名前を出されている方等々すべて「萬靈祭祀(供養)」を怠りなく、朝な夕なさせていただいております。これは私が生きている限りこの世を去るまで続けられます。できれば去って生まれ変わって来ても同じようにやらさせていただきたい、真の佛様に、大いなる神々の膝下に皆さんがゆけますように祈祷供養し続ける。

 

萬霊祭祀は、神祇への敬神、仏法の帰依菩提心に基づいて、それぞれの法式で朝夕為されます。

このことは大司命節が過ぎても祈祷供養が続けられることを意味しています。

 

まもなく平成最後の大司命節が終ります。

残りの日々、身を慎み、幽政の秘機が滞りなくゆくことを祈り、顕幽問わず生類一切が掟めに従って安楽なることを願い、すべてが円満に終わることをお祈りください。そしてまた新たなるスタートになるのです。

 

花角有遷 竜徳しるす

 

 

大司命節【天神地祇 諸仙萬靈 守給幸給】

  • 2018.11.01 Thursday
  • 12:00

大司命節【天神地祇 諸仙萬靈 守給幸給】

 

大司命節もいよいよ佳境です!

 

 

◎萬靈生類の掟めが為される!

すでに11月となり大司命節も終盤となってまいりました。

法友の皆様も日々精進され、この期間慎み深く、よく祖霊萬靈を祭祀(供養)されていると存じます。

深い祈りと廻向で功徳(いさおし)を祖霊萬靈にたむけてください。

 

◎幽政の一大秘機

斯道を知る者は、この期間31日間(正確には32日間)の秘密をご存知です。

よくよく観ておりますと、11月8日以後の運命は改定されいるという神の御教えは間違いでないことが判然とするものです。

どのような生類もこの掟めには逆らうことが出来ません。

 

◎真剣に祈る事

この幽政の秘機が無事畢えることを祈る。

「天神地祇 諸仙萬靈 祓い給い清め給え 神ながら守り給い幸え給え」

と祈るのです。

 

◎萬靈祭祀(供養)をお受けする!

皆さんの祖霊祭祀(供養)の補助として、萬靈祭祀をお受けします。

祭祀(供養)してほしい祖霊の名前を当方までメールしてください。

資格はわたしとあったことのある方もしくは私とご縁のあった方のみ。

これは11月3日(土)で締め切り。以下まで。

kawashima.seitai@gmail.com

 

では皆さんのご活躍を心からお祈りしています!

 

平成30年【まもなく”大司命節”がはじまる!】

  • 2018.10.04 Thursday
  • 00:00

 

平成30年【まもなく”大司命節”がはじまる!】

 

 

まもなく平成30年の大司命節がはじまります。

毎年、太陽暦の10月9日〜11月8日に幽真界の神府で行われる秘機であります。

 

31日間ということになっておりますが、前後の半日も入りますので、32日間ということになります。

ですが、大司命節後の傾向がすでに9月前後に顕われているのです。

 

大司命節の期間は、

,劼燭垢藺膸別燭凌正世鯒阿検∩栂遒領邀文上をつとめるのが善いのです。

大司命祭文(祝詞)を朝夕に奏上して、大司命の幽政が滞りなくゆくことをお祝い申し上げるのです。

 

来年で平成の世が終わり、あらたなる年号のあらたなる時代の幕開けが為されます。

大いなる節目は、次の天皇陛下の時代に到来するのです。そのはじまりの大司命節です。

 

皆様の心からなる、敬神崇祖の裍禱を願うものであります。

 

川島金山 識す

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM