スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    スーパーMARSの変革力を享ける!!

    • 2016.06.03 Friday
    • 00:00

    スーパーMARSの変革力を享ける!!




    ◎変革の力をうける!

    火星と地球の最大接近は本年5月31である。しかし昨晩も6月1日も天空には大きく輝く火星が瞬いている。天体がより接近してくるという現象は周期の中で必ず起こる。これは必然的なことであり、数式で割り出すことができる。しかしながら、その影響によって何がしかのことが発生するのは、一見何ら根拠がないことのように思える。

    星の光線(光り)は『霊かり』と読める。霊とは「ひ」と読むことができる。「かり」とは、「かけり(駈けり・翔けり)」を約めたもので、光り(光線)とは『霊が駆け巡る』ことで、転じて「ちから(力)」ということになるのだ。




    光り(光線)には、力と智の側面があることが言葉の中に“言霊”として入っているのである。

    ゆえに火星からの光には、火星の持つ力が入っている。それはマルスであり、軍神・摩利支天(マリシ天)に通じる。勝利の神である。

    九字という咒法があるが、これも摩利支天のマントラを誦し、念じてから結印と切法を行なう。九字は必勝の為に行なう咒法である。



    ◎奇瑞

    6月2日(木)の早朝 目を醒ますと我が国の古道の教え“一霊四魂に関する秘説”が頭の中に入っていた。この秘教的な秘説のお陰で仏教(密教も含む)・神道・秘教(不朽の智慧)が、統合された。万教が同じことを言っているのが如実に理解できた。

    殊に我が国の神道の教えはすばらしい。いずれこの説を公開する時が来るかもしれませんが、聞いたらそれこそ目から鱗だと思われます。


     
    川面凡児大先聖と尾形学而先聖の御尊影


    ◎奇瑞

    禊ぎの教えを大成された神人・川面凡児大人。その高弟は幾人かいると云われますが、本当の意味で嗣法者に指名され、川面大先聖のお教えを継承されたのは、後にも先にも尾形学而先聖 唯一人です。戦後の混乱の中で、画策を巡らして師を貶めて、なきものにしようとする動きがあったことは事実だと思います。

    しかしながら、真実は只一つ。尾形先聖だけが、すべての秘事をご継承になったのです。

    直筆の秘伝書、御事績など4点ほどの貴重な資料を得ることができました。これによって分からなかったすべてが理解できました。尾形先聖に対する歪められた評価を正すということだけでなく、川面大先聖の教えの一つを遺すという事においても、わたしが秘伝書を得たことは意義のあることだと思います。

    今の世の中せちがらくて、組織防衛や内部のもめごと、そんなものばかりで物事が動いています。

    真実の教えを遺すこと。そもそも禊ぎの鳥船行事の掛け声の仕方程度のことが、違う仕方で皆やっています。神社から各種団体まで皆そうです。こんなことぐらいで間違えているのですから、その先なんかありはしません。

    禊ぎによって直霊を感得することができます。しかし今の日本人のレベルでは無理でしょう。

    禊ぎの教えには極秘伝の「ふとまに」があるのです。わたしが極秘伝の書を保管しているので、このことは間違いなく日本に遺ってゆくことでしょう!

    ーーーーーーーーー

    (=◎・◎=)/
    宇宙猫にも光りよこせ!
    光線があったら迫害を反射ビームできるかぁ〜!?
    しかし火星ってすごいニャー!!
    ーーーーーーーーー
    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

    同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

    法力によって守護本尊がご来臨す!

    • 2016.04.12 Tuesday
    • 12:00

    法力によって守護本尊がご来臨す!



    この御本尊からは聖なる宇宙のブッダからの光線が放射されている!


    ◎奇瑞!法力・霊力によってご本尊がご来臨す!!

    密教の醍醐味は、特定のご本尊との結縁から生ずる法力顕現である。チベット密教では“イダム”という。イは心のことで、心と結びついた守護尊、それがイダム(守護尊)である。

    わたしの感覚では、心と結びついている御本尊には相違ないが、心から自然に生じ出現する本尊(守護尊)という感じがするのだ。イダムが生じたり顕現すると奇跡的なことを行なうようになる。密教に憧憬の心がある者は、法力の有る阿闍梨から守護尊を教えていただくのがよかろう。

    まあ自然に顕現することもあるが、それを成し遂げるには相当な時間がかかる上、顕現の成否もやってみなければ分からない。もしかすると一生芽が出ないかもしれない。



    ◎摩訶白湯文字声明  “イタコの源泉への誘い”



    この松屏風と登高座で創作声明をご披露する!

    みなさん、直近の日曜日(4月17日)に『語り創作声明』を行ないます。洗足では初のご披露になります。それゆえに今回は無料で参加できます。音による交霊の法、その醍醐味を創作声明の芸術のなかに込めました。友人知人をお誘い合わせの上、御来場ください。

    (ご案内)
    【日時】平成28年4月17日(日)午後2時〜4時
    【場所】洗足・楽豊堂(目黒線洗足駅から徒歩1分)
    【内容】
    仝譴蠢郎鄒写澄慄琺吐鯏鰆犹劼糧訶舛砲茲訐写澄
    解説と真言マントラ等の共有
    D床顱淵廛献磧法歓談
    【料金】初のご披露につき無料です(※茶菓子持ち込みは歓迎です)

    【申し込み】参会する場合は必ず楽豊堂・川島まで

    03-3712-4341
     kawashima.seitai@gmail.com
    ーーーーーーーーーー

    (=>・<=)/
    法力って、いいにゃ〜!!
    あったら便利そう! けどすげえお宮だにゃ〜☆
    (※お宮じゃないよ!宮殿(ぐうでん)だよ!)
    ーーーーーーーーー
    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

    同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

    獅子座のゲートウェイが開きました!雨宝童子秘図のご来臨

    • 2015.08.11 Tuesday
    • 00:00


    天照大御神(雨宝童子)秘図のご来臨

    獅子座のゲートウェイが開きました!



    ◎8月8日に太陽神の化身の秘図 ご来臨!

    太陽神というのは天照大御神のことです。この神はかつて高千穂に降臨いたしました。その時のお姿が“雨宝童子(うほうどうじ)”なのです。

    弘法大師空海は、伊勢の朝熊山(あさまやま)の金剛証寺にこの雨宝童子のご尊像をお遺しになっています。実にすばらしい宝物(ほうもつ)です。

    またこの寺院は、天文を観るのに優れている地であるがゆえに、“虚空蔵菩薩・求聞持聡明法”の道場でもあります。略して求聞持法は“聞持、聡明になる”密教の秘法です。つまり記憶力に優れ、理解力が増進する秘法だということです。

    空海はこの秘法を成就したとされ、日蓮もこの虚空蔵菩薩に祈って智慧を深くしたのであります。

    今年の8月8日(土)は殊に特別です。宇宙からのエネルギー照射が特に強かったのです。以下説明です。



    ◎獅子座のゲートウェイが開く!

    毎年8月8日に、地球は宇宙の銀河中心と整列し、 極度の恩恵があるポータルが形成され、あなた方の内側の次元上昇エネルギーを加速するという。

    このライオン(獅子座)のゲートウエイは、銀河のセントラルサンから太陽を通じて強力な光の波を流れ込ませ、マスターをするための新しい太陽のコードと、より高い次元の観点からの愛を地球上に定着させる。

    今年は2015=2+0+1+5=8なので、珍しい三重の8の8−8−8ライオンゲートウエイが開かれ、天のより高い次元領域 へ入るための強力なポータルが形成される。


    この 8−8−8ライオンゲートウエイは2015年7月26日に開かれ、あなた方のハート・知性・思考・マインドとの間に新しいバランスを取らせ、あなた方の深い内なる愛の基礎用のプラットフォームを利用可能にし、あなた方の魂と強く同調する新たな現実になる接続を形成します。

    この銀河中心との同調はあなた方の最も深いキリスト意識との最も強い繋がりを促します。この新しい現実を味わうと、戸口が開かれ、あなた方が恐れを解消し、宇宙の愛と新たな同調をした時に可能になる調和をあなた方に明らかにします。・・・



    ◎方向性が明確に、そして脳のチャクラが活性化する!

    方向性が明確になり、脳のチャクラである、アジナーチャクラ・サハスララチャクラが活性化される。

    わたしはこの期間に、瑜伽(ヨーガ)の大秘伝であるアジナーチャクラ開発法(仮称)を再確認し、これに取り組んでいました。

    また仏教の根幹である“縁起の教え”の真髄を反復していました。これがわからないとブッタの教法は何一つ分かっていないということになります。

    普通の学問でいう“縁起の法”ではありません。ここから出発しないと因縁を変えることも切ることもできないのです。そういう生きた教えが仏教にはあって、わたしはこれを解説することができるのです。新興宗教のものではありません。



    ◎金剛雨宝童子との縁起について

    わたしは皆さんご存知のとおり、神奈川県にある塩川の大瀧で、滝行禊ぎの修行を冬季中心に重ねてきました。あのお滝には良弁上人由来の青竜権現が祀られていました。唐土から請来された青竜です。いまは金○○神青竜権現として、わたしが感得しお祀りしています。

    ですが、お滝には祓戸の大神がおられ、祓戸の神の一柱である瀬尾律姫という祓いの女神は、清龍権現でもあり、如意輪観音の変化身でもあり、天照大御神の化身でもあるのです。

    そのような儀軌の中から“雨宝童子”の感得へとつながったのです。おもしろいもので塩川の滝は、滝場が青く光っている時と、赤く見えるときの二つがあるのです。

    青い時には青竜権現が優位に働いており、赤い時には飛竜権現ないし雨宝童子が活動しているのです。弘法大師空海はその伝書の中で、雨宝童子のことを“金剛赤精善神雨宝童子”と名付けており、秘伝のマントラ・印契(ムドラー)などを教示しておられます。

    数年前にわたしは太陽神を見る不思議な霊夢を見ました。このときに金剛雨宝童子と一字金輪(大日如来)という特別な佛尊を感得したのです。この霊夢以来、体の中に光を発し、これを見出すことが簡単にできるようになりました。霊夢を思い出すだけで光が生じるのです。

    獅子座のゲートウェイが開かれたその日に“金剛赤精善神雨宝童子”の来臨が決まりました!まったく不思議・不思議です!

    そしてこの日(8/8)、わたしは特別な冥想法を実践して、8月16日(日)に行なう“皮膚病一切奇妙”の講習会に或る思いを込めました。あたらしい時代の幕開けにあたり。


    いまはこうしてブログで少しだけ情報を出しています。さしつかえのない範囲で出している。講習会もいままで随分やってきました。諸々のお山にゆき、滝に打たれ皆で修行しました。気合法も山で練磨し、巡礼もした。しかし本当のところは出していないのです。ほんとうのところは世の中に知らせず知られず、特定のごく少数だけが共有するのです。それが真の秘密の秘教的サークルなのです。そしてそれはすでに活動しているのかも知れないのですよ。だから皆さん自分の意志で智慧を使い、自分を生涯磨いていってください。自分のサークルを人知れず作るのです。吉祥あれ!
    ーーーーーーーーー
    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
    同著者の過去のブログ記事一切(当
    ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

    奇瑞 感応【雲の大龍蛇体が顕現す】

    • 2012.12.07 Friday
    • 00:00
    奇瑞なり・大空に雲の大龍蛇体が顕現す

     

    先日の寒行を終えると、青空に大きな一筋の雲が出現しました。

    写真では分からないかもしれませんが、移動しながら腹の鱗まで見えたのです。

    また、この大きな雲は三本あり、ちょうど「川」の字のようでした。

    現場に居合わせた修行者は、異口同音に「これは宗像三神、三体の女神だ!」と言いました。

    確かにそうなのですが、わたしは同時に次のようなことを思っていました。

    元来、宗像三神(女神)とは、多紀理毘売命(タキリビメノミコト 別名;奥津島比売命 オキツシマヒメノミコト)、市寸島比売命(イチキシマヒメノミコト、別名;狭依毘売命 サヨリビメノミコト)、多岐都比売命(タギツヒメノミコト)の三柱の神であること。

    天照大神と速須佐之男命(スサノオノミコト)との『宇気比(誓約)』において生まれた神であること。

    多紀理毘売命(タキリビメノミコト)は「奥津宮」に、市寸島比売命(イチキシマヒメノミコト)は「中津宮」に、多岐都比売命(タギツヒメノミコト)は「辺津宮」に鎮座ましましておられる。

    江ノ島などでも、三つの宮殿が島の入り口、中ほど、奥という具合に配置されている。

    中津宮(なかつみや)の市寸島比売命こそが密教でいう『大弁財天』である。これは通説である。

    だから、塩川の流れ(支流)は、中津川に流れ込んでいるのである。中津川の中津は「中津宮」から来ているのであろう。これが一つ。

    次に考えたのは、「川」の字の雲なのだが、横にすると「三」になる。

    「三」は「産」でもある。造化三神といい、モノを生み出すことをいう。

    「三」の形象、これは易の八掛の「乾(けん)」のことでもある。

    「乾」とは、すなわち「天」を意味している。

    「川」に関係のある「天(神)」「天部」、こう考えたら、それは「弁財天」しかないではないか!

    「立教宣言」の翌日に、こうして神霊感応し、大空に真っ白い雲の表象を以って自らの力を示される。まこと神霊の力はこのようにして生きているのである。

    (※直弟子の資格を得て、わたしと共に修行を積みたい者は、必ず寒行の指導をお願いし、直接指導・相談を受けること。)

    ※以下に易の八掛を記す。

    1(けん)・天
    2()・沢
    3()・火
    4(しん)・雷
    5(そん)・風
    6(かん・水
    7(ごん)・山
    8(こん)・地

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM