(改訂版)祝 元三大師御籤にて占す!

  • 2018.01.03 Wednesday
  • 00:00

(改訂版)

元三大師御籤にて占す!

 

 

◎元三大師良源の「元三大師御鬮諸鈔」

 

良源和尚のことを元三大師という。元三というのは、正月三日のこと。


この大師を慈恵大師良源とも、元三大師ともいう。この方は近江は湖北の小谷城あたりの産であり、縁戚の浅井長政公を祀る。浅井の娘、お江の方が徳川家に入ったことで、縁故の高僧 良源和尚が養源院天英宗の戒名で祀り、その戒名を冠したお寺を作った。

 

それが養源院である。この寺にお祀りするのが御本尊の准胝観音菩薩像である。

(※養源院は京都三十三間堂の前にある)

 

浅井長政公の墓所は、滋賀県長浜市の徳勝寺にある。勇将長政公は、小谷城で8月29日に戦さの最中に自刃す。28歳の若さであった。

 

良源和尚は「角大師(つのだいし・まめだいし)」と言われ、不動明王や鬼形に変化(へんげ)できる法力を持っていたといわれています。さらに「如意輪観音の化身」といわれております。

 

明治三十七年製の観音御籤箱(著者藏)

 

如意輪観音と准胝観音はセットであり、さらに最高の力をそなえた観音である千手観音大菩薩の三観音をもって念誦する。そういう法を元三大師良源は修したのである。

(元三御籤・観音御籤「百籤」の際の念誦は、正観音・如意輪観音・千手観音の御真言をそれぞれ333反お唱えする)

 

ことに有名なのが、元三大師による御神籤です。世に「元三大師御鬮諸鈔」として伝承されています。

これは日本に於ける御神籤の元であります。

 

江戸期に流行した旧版が今でも浅草寺にあります。浅草寺の御神籤は凶が多いのはそのためです。江戸期の御籤は佛さまからの警告の意味があったからです!

 

元三大師は、観音様の御霊示によって元三御籤を完成しました。別名 観音みくじ ともいわれております。比叡山元三大師堂が「観音御籤発祥の地」である。

 

わたしの元には元三御籤古本と共に法華経御神籤鈔(古本)、太占籤(古神道秘本)等があり所蔵しております。

 

 

 

元三大師御籤には、実は見方の秘伝があって、これを天台密教のほうで修行したご婦人から、約30年前に伝授を受けました。京都の伏見稲荷近くの方でした。

 

この御籤は100番までのものですから、お時間のある方は、本日 観音様を念じて ご縁のある寺社にて御神籤を引くと縁起がよいでしょう!

 

本法は、御籤箱を謹製して、三観音の真言をそれぞれ333返唱えてから、御籤を引くのが本当の法の仕方です。

 

今年の元三は、天の馬(ルンタ)の降りてくる吉祥日にあたっています。

 

花角有遷・竜徳しるす

 

祝 新年あけましておめでとうございます!

  • 2018.01.01 Monday
  • 00:00

 

祝 新年あけましておめでとうございます!

 

 

戊戌歳のはじまりです!

 

いよいよ平成の世も おやくめを卒業します。

 

2018年に アクウェーリアスの時代に完全に入りました。

魚座の時代(ピッセス)は過去になったのです。

 

年頭の歌がうかびました。

 

平成の 世をかえりみる 我れなりき  ゐぬ(戌)法友と 共にあるらむ

 

水瓶の 時代は明けて 変わる世に 我れもすすみて  魂(タマ)を磨かん

 

水瓶に 秘教のおしえ まさに今  霊止(ヒト)発生の  論が世に出づ

 

わたしの生きている限り 法友たちは共にあります。

ご縁のあった方々すべて 我が心のマンダラのなかに在り、

水瓶の世(アクウェーリアス)に霊魂の進化を図りつづけます。

 

 

お正月は何と言っても、お屠蘇ですね。

屠蘇酸には、厄を祓う効能があります。元旦は用意できずとも松の内にお屠蘇ぐらいはいただいて厄払いをしてみてください。

 

初日の出、初詣、書初め、初夢 等々、初づくしであります。

 

では本年もよろしくお願い申しあげます。

元気にまいりましょう!

 

 

平成30年 戊戌歳元旦   花角有遷・川島竜徳しるす

 

大晦日【祓い清め 年災除祝詞 多羅観音を念ずる】

  • 2017.12.31 Sunday
  • 12:00

 

ありがとうございました!

 

大晦日【祓い清め 年災除祝詞 多羅観音を念ずる】

 

 

 

◎大晦日の“祓い清め”年災除祝詞!

 

毎年、歳がすぎるとき、新年を迎えてから、祓い清め事・年災除祝詞を奉唱する。

 

今年は味わいながら、歳の過ぎるのを感じております。

 

知る方は「年災除祝詞」を奉唱しましょう!

 

分からない方は、天津祝詞でもよろしいからお唱えする。歳の過ぎしこと、新しく歳を迎えることを感謝し、それを念じて奉唱すればよい。

 

 

◎霊夢を見る

 

大晦日の早朝に霊夢を見ました。

 

不思議な夢でした。

 

なぜ?という感じでしたが、想い(思い)には質量があるのだなという事を実感しました。

 

ですが「ふつそ・くまの御霊法」により、あしき部分は消散しました。

 

 

 

◎聖観音・多羅観音の法を行なう!

 

私の持佛(秘仏)の一つに “金龍山の金色観音図絵” があります。

この観音様は江戸期に描かれたもので、金泥で書かれています。

有名な浅草寺の発行したものであり、同じ軸物は、今は頒布お授けしていません。

 

聖観音様と共に多羅菩薩の密法を修しました。

写真の文字マンダラは、ターラ菩薩の種字とマントラ文字で、シェチェン寺の製です。このお寺はわたしの幾つかの前世の中でつながりのあった寺院なのです。

 

 

◎感謝 御礼!

 

皆様、今年もご指導ご鞭撻ありがとうございました!

どうぞよいお歳をお迎えください!

 

平成29年大晦日に 花角有遷 川島竜徳しるす

 

祝 2017年お正月明けんとす

  • 2017.01.01 Sunday
  • 00:00

 

2017年お正月明けんとす

 

 

 

あけましておめでとうございます

 

2017年 平成29年 丁酉歳 一白水星が中宮に廻座

水星は、彗星に通じる。この歳廻りに彗星が現われる世の中に大いなる変化をもたらすとされています。

 

大いなる変化は世界的なものでしょう。

今年と来年が、世界人類にとりましてこれからの根っこになる様なものが示されるのでしょう。

 

今まで在ったものは滅し、ものの創始となる。前から申し上げていますが、人類はピッセスの時代からアクウェーリアスの時代に突入するのです。

 

諸人の上にも大いなる変化があることでしょう。

 

黄金色の年災弥栄折符

 

 

大切なのは健康です。

それから生きてゆくことの喜びと方向性の確認です。

 

力の弱きもの、力を必要としているものへの奉仕。それは共生の愛という土台によって支えられています。時代は、霊性の顕現の時代に進んでいるのです。

 

毎年恒例の歌を三首詠みます。

 

 

◎彗星 巡り來りて 世は変わる 新千年の 時ひらくやも

 (ほうきぼし めぐりきたりて よはかわる しんせんねんの ときひらくやも)

 

◎盟友の ゆきし御霊の 様想ふ 吾が心魂と 遇ふその日まで

 (めいゆうの ゆきしみたまの さまおもふ わがしんこんと あふそのひまで)

 

◎求道を 行く者煩悩 一味とし ただ上行の 菩薩奉らん

 (きゅうどうを ゆくものぼんのう いちみとし ただじょうぎょうの ぼさつまつらん)

 

 

それでは本年の四海平和 五穀豊熟 風雨順時を祈念し、皆々様の諸願成就・健康安穏をお祝い申し上げます。

 

敬具

 

川島龍徳 拝

 

竜徳冥想録【ゆく年 來る年 さようなら2016年!】

  • 2016.12.31 Saturday
  • 12:31

 

竜徳冥想録【ゆく年 來る年 さようなら2016年!】

 

 

今年もまた去ります。その中で出会いとわかれがありました。

 

わたしにとりましては自分の半分ともいうべき盟友との別れがありました。

また他にも先輩たちとの別れがありました。

 

ですが出会いもありました。それは、ほんの小さい灯の如くかぼそいものですが、未来を感じさせるものでした。

自分もついに人生の先輩という位置にいるのだと深く自覚しました。

 

そういう出会いと別れの混沌の中で、一条の光もありました。

霊性の顕現、陶冶が非常に進んだ一年でした。

 

密教的・秘教的なものを教えることのできる境地に立つことができました。

16歳にして発心し、爾来30有余年、わたしは伝達する能力を得ることができました。

 

しかしながら、わたしは一人の求道者としてこれからも過ごします。

一生、秘教探求の修道を宗として、聖俗を合わせて「一味」としてやってゆく所存です。

 

さあ、皆様 本年もお疲れ様でした。

心から皆々様の吉祥をお祈りします。

 

敬具

 

やっぱりお正月は定番で!

  • 2016.01.02 Saturday
  • 12:00

やっぱりお正月は定番で!



◎お屠蘇におせちにお雑煮です!

やはりお正月は定番の料理ですね!

お屠蘇におせちに、お雑煮ですねー。

わたしは関西風、それも京風の白みそ雑煮が一番好きですね。これは美味いもんです。


 

◎正月三日(元三)のこと

お正月の三が日は、先ず挨拶。神様仏様親兄弟に。お屠蘇におせちに雑煮で縁起をかつぐ。

産土の神様にご挨拶。大晦日から元三(正月三日)まで、年災除祝詞を奏上して祈念する。

今年からはわたしの導きのマスターに大いなる光りの祈りを捧げはじめました!

これは特筆すべき出来事です。




◎ipad2に「ユダヤの商法」

年末にとうとうipad2を購入して使い始めました。おそまきながらというところです。

またこの頃流行りなのでしょうか?藤田田さんの『ユダヤの商法』を再読し始めました。有名な78:22の法則ですよ!

人の場合は、64点で良いと。

人の上に立つ者、経営者は一見の価値があると思う。採用するかどうかは別として・・・。

ーーーーーーーーーー
 

(=^・^=)V にゃー!
やっぱりお屠蘇ですねー!
産は外国でもねー、日本猫まるだからねぇー、おせちですおせち!
ねこなんで、ダシのきいたヤツがいいにゃ!
なんだ!今度は「ユダヤの商法」でガッポリかぁー!?
ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

平成28年 あけましておめでとうございます!

  • 2016.01.01 Friday
  • 00:00

平成28年(2016年)

あけましておめでとうございます!





◎あけましてあめでとうございます!

おめでたいですねー!

無事こうしてお正月を迎える。お雑煮いただいて、おせち料理を食べる。最高ですね!

なにはともあれ、健康第一!

心の健康、体の健康です。




◎今年の為すべきこと

今年為すべき事、これはすでに決まっている。前半期は駆け抜けるでしょうね。

飛躍の年になるでしょう!

そして感謝・愛の歳になるでしょう!




◎初歌詠み

たまちはふ かみのまにまに 道ひらく きりくもは申(去る) 運はきたりぬ


 
猿田彦大神と神猿ハヌマーン

◎神猿の歳ですね!

神猿の歳!神社で云いますと、日吉大社、猿田彦神社がご縁の深いお社だということです!

道開き、勝利の神祇です。神猿と書いて「勝る(まさる)」「克る(まさる)」「優る(まさる)」とも云いますね。何と云っても「魔去る」が一番知られているものです。

わたしの云い方では「魔然る(まさる)の歳」なんですがね・・・
すなわち『しかるべき魔力を行使する歳』ということですよ!


ーーーーーーーーーー
 

(=^・^=)V にゃー!
あけましておめでとうにゃー!
みんにゃ楽しくやってゆこうねー!
おおっ!たくさん仲間おるにゃ!?
来年は猫年にしようにゃり!!
ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

 

お正月恒例の折り形・招福折形配布す!

  • 2015.12.24 Thursday
  • 20:00

お正月恒例の折り形配布す!

  


◎お正月折り形のこと

お正月には、大歳神と産土の神をお迎えします。朝日を拝して、祖霊を奉るのです。

忠・孝行の徳を思い、初物を次々に行ってゆきます。縁起を良くする。これは星辰体(アストラル)に影響を及ぼします。

年初めに折り形を祀ることも同じことです。

秘訣は“感謝”です。天理我体(ありがたい)という観念、“ありがとう”という言葉です。

これが基本的な土台で、星廻り、歳廻りの運・縁起を変えてゆくのです。

あと「方罪」、これが問題です。

方位の罪咎、というよりも家をいじることからくる体の変化です。例えば自宅に釘やネジを入れる、あるいは土を掘る等・・・。こういうことをしますと住人が体の不調を起こすなどのことがあるのです。

照明の傘の位置を変えただけで体調に変化が生じた、そういうこともあるようです。

まあ、しかしどのようなことにも依存しないことが前提で、必要ならばいろいろな秘伝を得ればよいのでしょう。

わたしは皆さまの来る歳の幸多きことを祈ります。

今年も折り形の配布を致しました。志のある方にはすでに配布完了しております。


ーーーーーーーーーー
 

(=^・^=)V にゃー!
おひさー!!
もうお正月準備やねー!
方罪って(ほうざい)恐ろしげな名称だね!!
ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

平成27年 謹賀新年 あけましておめでとうございます

  • 2015.01.01 Thursday
  • 00:00


謹賀新年

あけましておめでとうございます





◎平成二十七年乙未歳が明けんとす

あけましておめでとうございます。

皆様にとりまして本年が実りある年になりますよう心からお祈り申し上げます。

今年から大きく世の中が変わってきます。時代の変化が鮮明になってきます。皆さんはよく時勢を見極めてください。世の中の傾向や方向性を観察してみてください。





◎初歌の事

毎年恒例の初歌です。

☆皇国の 日の大神の 光をうけて 吾がたましひも 輝きを増す
(こうこくの ひのおほかみの ひをうけて わがたましひも かがやきをます)

☆産土の 神の御力 身にうけて 光り増し倍す 吾が霊魂や
(うぶすなの かみのみちから みにうけて ひかりまします わがたましひや)

☆吾れ守護の 神霊の御加護で 事業為す この人の世に 神を伝えむ
(われしゅごの かみのごかごで じぎょうなす このひとのよに かみをつたえむ)

☆第四次 産業革命 起こる世の 今年は基の 歳になりけり
(だいよんじ さんぎょうかくめい おこるよの ことしはもとの としになりけり)

以上、四首(腰折れ歌です)。





◎霊的躍動を起こす時代へ

明治の最後期から大正初期、その頃から数えて百年期を迎えている。

百年前に東京駅が完成し、いま東京は新時代にむかって変貌を遂げつつある。リニアモータカーの開通に向けて計画が進んでゆく。時代はあたらしいサイクルに入ってきているのである。

ここに約百年前の『霊術の書』がある。百年前の書物である。この書を精読し思念を凝らしていると、霊働が伝わってくる。今の時代に必要な霊的働き(霊働)が、吾が「たましひ」と身心に強烈に響いてくる。

わたしはどうすれば「霊働」が起こるのかを知っております。具体的な方法をすでに知っているのです。また、禊ぎ(滝行)に於ける「因縁浄化の法」も完成間近になってきております。

今後、機械文明は高度なロボットへと進んでいき、人工知能によって社会は制御されることになってきます。人間にできること、人間にしかできないことは一体なんでしょうか?現在過去未来の三世にわたり見通して、一瞬にして物事の本質を見極めコントロールできるのは、人間だけです。

吾が国の遺法である、霊学・霊術はロボット社会におけるマンパワーの開発という点で、即応した力・技法を持つ数少ないメソッドの一つだとわたしは考えております。

未来社会の為に、わたしはこの種を本年も種えてまいります。


【おまけ】



上の掲げたのは『暗字観』という密教の瞑想法の本尊の特殊形である。

或る霊術の大家は「真言密教に月輪観という法あり。丹田にて月輪観を修し、大日如来に成る」と観ぜよと言っている。

月輪観は「がちりんかん」と読む。

先ず月輪観に習熟して、次には月輪の真ん中に「ア字」を観じる、これ「阿字観法」である。

この辺に密教霊術の体得のヒントがあるから、よく工夫して修行すべし。

以上、お年玉でした!(笑)


平成27年正月 元旦   川島金山 敬白


あけましておめでとうさん あたしゃ猫まるスタイルでいくじょ 寝る子だからネコね 寝るのが大好き! 寝てたら霊感働くんかにゃー 「眠れる霊感猫」めざすじょー ことしもよろぴくねー

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

寒行の初滝【青龍権現をご供養す】

  • 2014.01.05 Sunday
  • 12:00
寒行の初滝

【青龍権現をご供養す】


正解は横浜港!(※写真は赤レンガ倉庫前にて撮影したもの)

平成26年1月5日午前5時、本年の「初滝」を塩川の大滝にて行った。

「初もの」というのは、後にも先にも一年を通じて一度きりである。

修行というものは、毎度々々がそれ一度きりではあるが、「縁起」というものを考えるときに、とても大切なことなのである。

朝4時には現地に到着し、いつも通りの準備を整える。お稲荷さん、塩川神社祭壇、護摩供、焚き火用の釜と、手際よく弁備する。

冬至からは「寒の行」になるのだが、本日5日は暦の上では「小寒」であり、まさしく「寒の修行」の時期に入ったのである。

「寒」の修行は功徳が高いので「寒行」という言葉ができた。

しかし、寒い時期に我慢して行うから功徳が高いのではない。

寒い時期に我慢して、お滝を頂いたり、海にて禊ぎをするから尊い、そういう意味にもとれるのであるが、真の意味は別のところにある。

月で言えば、子・丑(ねうし)の月。「ものの創始」の気に満ちている時期であるから尊いのである。その気には発達の相があるのだ。

であるから「心身の清めを願う者」「霊的な浄化を請う者」「願望の達成を願う者」は、この時期にしっかりと「寒」の修行するのが良いのである。

「初滝」は一斉に参加者全員で入滝した。

その折に同行者全員で、「清祓秘詞」を唱えた。

この秘詞は、少し長めの重秘の秘言だが、全員で滞りなく奉唱でき、そのときの清々しさは、この上ないものであった。

この「清祓秘詞」を幾人かの行者で、奉唱しながら「寒行(水行)」に勤しんでいるのは、全国でも極々稀であり、実際のところ我々だけではないかと思う。

だいたい「寒行」をこれだけやるというのは、どこかの宗門・武道鍛錬でなければやらないだろうから・・・。

正直、この清祓の秘詞奏上の水行は、効果が絶大である。
(※清まり方が違う)



今回の入滝の後のお勤めのときに、お滝場にある塩川大神・緋龍権現・青龍権現碑にお酒をおかけして青龍権現をご供養させていただいた。

そのおりに「○○○○をせよ」とのご啓示が、言葉として頭の中に入ってきた。

その内容は「滝行禊ぎ」の功力・功徳をあげるためのものであり、世間的な功徳(日常生活上の願い事)をも生じるところのご供養法なのである。

しかし、本年の「寒行」は深々と寒い。この期間わたしはできれば週に2〜3度の滝行禊ぎを敢行する予定です。
(※もちろん昼間は自分の仕事に従事しています)
 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM