お正月恒例の折り形・招福折形配布す!

  • 2015.12.24 Thursday
  • 20:00

お正月恒例の折り形配布す!

  


◎お正月折り形のこと

お正月には、大歳神と産土の神をお迎えします。朝日を拝して、祖霊を奉るのです。

忠・孝行の徳を思い、初物を次々に行ってゆきます。縁起を良くする。これは星辰体(アストラル)に影響を及ぼします。

年初めに折り形を祀ることも同じことです。

秘訣は“感謝”です。天理我体(ありがたい)という観念、“ありがとう”という言葉です。

これが基本的な土台で、星廻り、歳廻りの運・縁起を変えてゆくのです。

あと「方罪」、これが問題です。

方位の罪咎、というよりも家をいじることからくる体の変化です。例えば自宅に釘やネジを入れる、あるいは土を掘る等・・・。こういうことをしますと住人が体の不調を起こすなどのことがあるのです。

照明の傘の位置を変えただけで体調に変化が生じた、そういうこともあるようです。

まあ、しかしどのようなことにも依存しないことが前提で、必要ならばいろいろな秘伝を得ればよいのでしょう。

わたしは皆さまの来る歳の幸多きことを祈ります。

今年も折り形の配布を致しました。志のある方にはすでに配布完了しております。


ーーーーーーーーーー
 

(=^・^=)V にゃー!
おひさー!!
もうお正月準備やねー!
方罪って(ほうざい)恐ろしげな名称だね!!
ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

平成27年 謹賀新年 あけましておめでとうございます

  • 2015.01.01 Thursday
  • 00:00


謹賀新年

あけましておめでとうございます





◎平成二十七年乙未歳が明けんとす

あけましておめでとうございます。

皆様にとりまして本年が実りある年になりますよう心からお祈り申し上げます。

今年から大きく世の中が変わってきます。時代の変化が鮮明になってきます。皆さんはよく時勢を見極めてください。世の中の傾向や方向性を観察してみてください。





◎初歌の事

毎年恒例の初歌です。

☆皇国の 日の大神の 光をうけて 吾がたましひも 輝きを増す
(こうこくの ひのおほかみの ひをうけて わがたましひも かがやきをます)

☆産土の 神の御力 身にうけて 光り増し倍す 吾が霊魂や
(うぶすなの かみのみちから みにうけて ひかりまします わがたましひや)

☆吾れ守護の 神霊の御加護で 事業為す この人の世に 神を伝えむ
(われしゅごの かみのごかごで じぎょうなす このひとのよに かみをつたえむ)

☆第四次 産業革命 起こる世の 今年は基の 歳になりけり
(だいよんじ さんぎょうかくめい おこるよの ことしはもとの としになりけり)

以上、四首(腰折れ歌です)。





◎霊的躍動を起こす時代へ

明治の最後期から大正初期、その頃から数えて百年期を迎えている。

百年前に東京駅が完成し、いま東京は新時代にむかって変貌を遂げつつある。リニアモータカーの開通に向けて計画が進んでゆく。時代はあたらしいサイクルに入ってきているのである。

ここに約百年前の『霊術の書』がある。百年前の書物である。この書を精読し思念を凝らしていると、霊働が伝わってくる。今の時代に必要な霊的働き(霊働)が、吾が「たましひ」と身心に強烈に響いてくる。

わたしはどうすれば「霊働」が起こるのかを知っております。具体的な方法をすでに知っているのです。また、禊ぎ(滝行)に於ける「因縁浄化の法」も完成間近になってきております。

今後、機械文明は高度なロボットへと進んでいき、人工知能によって社会は制御されることになってきます。人間にできること、人間にしかできないことは一体なんでしょうか?現在過去未来の三世にわたり見通して、一瞬にして物事の本質を見極めコントロールできるのは、人間だけです。

吾が国の遺法である、霊学・霊術はロボット社会におけるマンパワーの開発という点で、即応した力・技法を持つ数少ないメソッドの一つだとわたしは考えております。

未来社会の為に、わたしはこの種を本年も種えてまいります。


【おまけ】



上の掲げたのは『暗字観』という密教の瞑想法の本尊の特殊形である。

或る霊術の大家は「真言密教に月輪観という法あり。丹田にて月輪観を修し、大日如来に成る」と観ぜよと言っている。

月輪観は「がちりんかん」と読む。

先ず月輪観に習熟して、次には月輪の真ん中に「ア字」を観じる、これ「阿字観法」である。

この辺に密教霊術の体得のヒントがあるから、よく工夫して修行すべし。

以上、お年玉でした!(笑)


平成27年正月 元旦   川島金山 敬白


あけましておめでとうさん あたしゃ猫まるスタイルでいくじょ 寝る子だからネコね 寝るのが大好き! 寝てたら霊感働くんかにゃー 「眠れる霊感猫」めざすじょー ことしもよろぴくねー

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

寒行の初滝【青龍権現をご供養す】

  • 2014.01.05 Sunday
  • 12:00
寒行の初滝

【青龍権現をご供養す】


正解は横浜港!(※写真は赤レンガ倉庫前にて撮影したもの)

平成26年1月5日午前5時、本年の「初滝」を塩川の大滝にて行った。

「初もの」というのは、後にも先にも一年を通じて一度きりである。

修行というものは、毎度々々がそれ一度きりではあるが、「縁起」というものを考えるときに、とても大切なことなのである。

朝4時には現地に到着し、いつも通りの準備を整える。お稲荷さん、塩川神社祭壇、護摩供、焚き火用の釜と、手際よく弁備する。

冬至からは「寒の行」になるのだが、本日5日は暦の上では「小寒」であり、まさしく「寒の修行」の時期に入ったのである。

「寒」の修行は功徳が高いので「寒行」という言葉ができた。

しかし、寒い時期に我慢して行うから功徳が高いのではない。

寒い時期に我慢して、お滝を頂いたり、海にて禊ぎをするから尊い、そういう意味にもとれるのであるが、真の意味は別のところにある。

月で言えば、子・丑(ねうし)の月。「ものの創始」の気に満ちている時期であるから尊いのである。その気には発達の相があるのだ。

であるから「心身の清めを願う者」「霊的な浄化を請う者」「願望の達成を願う者」は、この時期にしっかりと「寒」の修行するのが良いのである。

「初滝」は一斉に参加者全員で入滝した。

その折に同行者全員で、「清祓秘詞」を唱えた。

この秘詞は、少し長めの重秘の秘言だが、全員で滞りなく奉唱でき、そのときの清々しさは、この上ないものであった。

この「清祓秘詞」を幾人かの行者で、奉唱しながら「寒行(水行)」に勤しんでいるのは、全国でも極々稀であり、実際のところ我々だけではないかと思う。

だいたい「寒行」をこれだけやるというのは、どこかの宗門・武道鍛錬でなければやらないだろうから・・・。

正直、この清祓の秘詞奏上の水行は、効果が絶大である。
(※清まり方が違う)



今回の入滝の後のお勤めのときに、お滝場にある塩川大神・緋龍権現・青龍権現碑にお酒をおかけして青龍権現をご供養させていただいた。

そのおりに「○○○○をせよ」とのご啓示が、言葉として頭の中に入ってきた。

その内容は「滝行禊ぎ」の功力・功徳をあげるためのものであり、世間的な功徳(日常生活上の願い事)をも生じるところのご供養法なのである。

しかし、本年の「寒行」は深々と寒い。この期間わたしはできれば週に2〜3度の滝行禊ぎを敢行する予定です。
(※もちろん昼間は自分の仕事に従事しています)
 

気合法炸裂【太陰暦のお正月朔日】

  • 2013.02.10 Sunday
  • 00:00

気合法炸裂【太陰暦のお正月朔日】 

今日は旧暦(太陰暦)の正月朔日です。

冬至からはじまった新年の流れは、この旧暦の正月朔日で一応の完結をみました。

実は、斯道では旧暦の大晦日に「大祓え」をするのが本当なのです。

わたしたちはそこまでやってはいませんが・・・。

あらたなる歳のスタートを目出て、本日のお滝では気合法の鍛錬をより行うことにしました。

気合法には、およそ4種類があります。

「整腹気合法」「槍突気合法」「打ち込み気合法」「咏応気合法」です。

わたくしたちは、この内の三つを鍛錬します。

いよいよ「整腹気合」から「打ち込み気合」へと進展する時が来ました。

気合一閃、真の気合を炸裂させて、汝は何を為すのか?

力も能力も大切だが、欲望を制して、大欲に生きる。

天の心をもって生きる。そして、あるがままに生きる。

ここにこそ、気合鍛錬の本当の価値がある。そう、わたしはあらためて思う。

南無塩川権現【緋龍権現の秘密】

  • 2013.01.07 Monday
  • 13:07
【(1)南無塩川権現】

塩川のご祭神は天照大神である。

正確には天照大神のご眷属である。

昨年の暮れからは、密教における天照大神さまのご真言をお唱えしているが、古神道のほうにも天照大神さまの和歌秘言が伝わっているので、今後はそれを修唱したいと考えている。

今日の早朝にものすごい霊夢をみた。

太陽の輝く夢であり、これは昨日の修行の返答だと感じている。

また実際に昨日は、修行後に、『彩雲(虹彩の雲)』が出現し、さらには巨大な龍蛇体の雲が再び大空を動いていた。全長で何キロもあるものであった。

【(2)緋龍権現の秘密】

塩川の大滝に宿る直接的なご神霊は龍神であり、正式には緋龍権現と青龍権現である。

緋龍の緋とは赤色のことである。緋龍(ひりゅう)と読むわけだが、転じて火龍の意味がある。

昨日の早朝に当所で護摩供を行じた時に、はっきりと分かったことである。

護摩供養は緋龍権現を基にして修行し、お滝の修行は青龍権現を基にして行なう。

この尊を念じて修行(寒行)することは、体内の火を動かし、さらに霊胎を化作するのに有益な作用をもたらす。

【(3)塩川雑煮と塩川ぜんざい】



1月6日は、正月松の内なので塩川雑煮をいただいた。

おぜんざいもいただきました。

名付けて「塩川雑煮」「塩川ぜんざい」。恒例のものにしたいと思います。

とてもおししくいただきました。

「ぜんざい」は「善財」にも通じ、弁財天尊のご眷属に十六童子があって、その筆頭が善財童子なのです。

この童子は別名「乙護童子」といい、江ノ島淵をご守護している尊童でもあります。

初づくし【初詣、初滝(元三滝行)、初夢、初歌、書初、初占】

  • 2013.01.03 Thursday
  • 20:25
【初詣 初滝 初夢 初歌 書初 初占】

 

初づくし。

年のはじめは先ず産土神社に参詣する。

実際には、「三日の請願行」と洒落こんで元旦から元三までお参りしたのであった。

元旦は、神拝をし、祖先を敬い、感謝しつつ、雑煮やおせち料理をいただく。おせちは縁起ものというだけでなく、真に美味しいものである。

正月二日の朝に見た夢が、初夢。非常に「ぼうりょく」的なことを感じる夢であった。

初歌、いわゆる「歌はじめ」である。

数首詠んだうちの三首をあげる。以下の通り。

『屠蘇祝う(とそいわう) おせち五十味(おせちいそあじ) 幸多し(さちおおし) 心も豊か 身(巳)には福満つ(みにはふくみつ)』

『天の星(あめのほし) いま見つめおり 産土の(うぶすなの)
 大神に念祈み(かみにこいのみ) 過神はなし(すぎかみはなし)』

『霊幸ふ(たまちはふ) 皇国の(すべらのくにの) 産土の(うぶすなの) 大神は慈愛を(かみはめぐみを) 与え給ふ也(あたえたまふや)』

お書初は、「建立」という文字。

初占は、本年の象徴的な卦を占断す。

最終的には、『震為雷』を得る。これは示唆にとんだものだと思う。皆さん、『震』の卦をよくよくご覧いただきたい。

元三(正月三日)は、恒例の『初滝』。

12月30日の「納めのお滝」のときと同じく江の島の海から採れた清め塩を用いた。各所に奉納したお神酒をお供えして、早朝5時前から初滝をいただく。

元三は巳の日なので、それに因んで、体内の蛇を念ずる修行を行った。お滝の時に、一瞬「内観」したわけである。

体内の蛇に関する記述は、古今東西ある。以前、わたしは『クンダリ二ー開発滝行』ということを提唱したが、水温が零度を下回るようでないと、これはできないと思う。

極限の冷たさがあってはじめて体内の秘密の火に点火できるのである。この火の本体は、いわゆる火の龍であったり、炎の蛇であったりする。洋の東西で言及しているのは先述の通り。

わたしの流儀では、不動明王と愛染明王を念ずることが重要だということです。

本年は、巳歳にあやかり、体内の蛇の力を目覚めさせましょう!

また、巳さん運気を身につけましょう(十二支中「巳」が一番運が良い。天運がある)!
 

新年あけましておめでとうございます!

  • 2013.01.01 Tuesday
  • 00:00
新年あけましておめでとうございます!

 

みなさん、新年あけましておめでとうございます!

本年は、癸巳歳(みずのとみ)であります。

皇紀2673年、西暦2013年、平成25年であります。

伊勢神宮の式年遷宮、出雲大社新宮殿の落成鎮座、天河弁財天の12年ごとの祭事などございますので、全国の神事への参加が増えるように思います。

また、巳さんは『金運』でもありますから、日本全国、経済の発展に力が入るのでしょう。

わたくしたちもそのような大きな流れの中にいるわけです。

みなさまにおかれましては、『一年の計は元旦にあり』の言葉の如く、お正月元旦を迎えて、心豊かに、心安らかに、希望に満ち満ちて、お過ごしください!

神仏を拝し、殊に産土神、ご先祖を念じ、皇室・国民の弥栄を祈り、我が家族ともがらの幸福を願う。わたくしたち日本人の心、年始の『型』とは、このような心境と過ごし方にあるのだと思います。

どうぞみなさま、本年も隅から隅まで、よろしくおんねがいたてまつります!

平成二十五年癸巳 元旦  川島金山 気魄を込めて記す

かたどり【お正月折形と招福折形】

  • 2012.12.28 Friday
  • 00:00
【正月の折形をつくる】 

 

恒例のお正月折形と紅白の招福折形である。

『折形』は、「かたどり」であり、「おりがた」と読むのである。

日本の文化の特徴は、『型』である。

『型』が無いのは、「型なし」で、『型』を越えるのを、「型破り」という。『型』がなければ、型破りにもなれない。

『型』とは、先人からの智慧・技能の結晶だ。

『型』とは基礎である。基礎なくして、モノの上手には成り得ない。

何事もしっかり、繰り返し繰り返し、『型』を学ぶことである。

福を招く折形、熨斗など、今後は是非とも自分達でお守りなど作りたい。

年末年始の塩川御社への奉納供物は、徐々に揃えられている。

注連縄、幣、若松、お鏡餅、お神酒、その他である。

是くも盛大に御供養を執行されるのは、時久しいのではないかと思う。

年末年始 特別修法【聖なる深淵にて】

  • 2012.12.24 Monday
  • 09:01
特別修法【聖なる深淵にて】


 

昨日、塩川の聖なる深淵にて、皆さんの祈願された符をしずめて、法楽をささげた。

写真のように白縄の先端に符をつけて、聖淵に投入したわけである。

この淵の中心には人間は入ることができない。そういう秘処である。

先般の『年筮会』において、正月のお神酒、御鏡餅などの御供養を納付していただいた方の霊符を聖淵にしずめたわけである。(※1口千円にて、まだ申し込みを受けつけています。千円は「仙縁」に通じる)

また、昨日の早朝の禊ぎ行にては、皇室および天皇陛下のご健康と御徳を感謝しお祝いした。禊ぎの言葉に『朝夕に 神の御前に禊ぎして 皇が御世につかえまつらん』とあるが、寿ぎ(ことほぎ)とはこのことである。

これから年末年始にかけて、わたしは皆さんのご健康とご活躍をご祈念申し上げる。
 

歳時記【正月事始め】

  • 2012.12.14 Friday
  • 00:00
歳時記【正月事始め】

さて、皆さん12月13日(木曜日)、この日は『正月事始め』であります。

いよいよ正月の準備に入っていくわけです。

こんな世相で「お正月どころではない!」、そんな声が飛び出しそうですが、季節を区切ってあらたなる歳を祝う。こういう習慣があってこそ、四季の移り変わりをきちんと愛でてゆく心、日本人の心を育ててきた根源だと思うのです。

例えば、正月には「門松」を立てますね。以前にもお話したと思いますが、「松」は「待ち」に通じ、それは神様を待つという意味があります。また松は常緑樹であり、碧さを失いません。松に永遠性をみているということもあります。

松は「町」にも通じており、神が来臨して人々が多く寄り集うことを意味しています。

一つ一つの事物や事象、習慣には意味があるのです。

一区切りをつけて、厭なことは過去にしてしまいましょう!

反省も大切ですが、前をみて、前に希望を見出して、大またで歩んでゆくべきです。

天を相手とする、我が道をゆくという気概をもつことは大切なことです。

ささやかながら、わたくしも注連縄やシデなどの用意をボチボチはじめております。

師走、走るというのですから、過ぎ行く時間はいつもよりさらに早く感じます。慌てないように来る歳の準備をしてゆきましょう。

当会では、16日霊読会、21日年筮会、30日大祓え禊ぎ行と粛々と行事が続いてゆきます。

来年のスケジュールもそろそろ発表する予定です!
 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM