スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    龍王堂【塩川大滝から大山詣りへ】

    • 2014.04.23 Wednesday
    • 00:01

    龍王堂【塩川大滝から大山詣りへ】



    相模の大山も尖がっているじょー。

    トンガリってのは功徳があるのかな〜?


    先般、大山詣りに出かけた。

    大山には中腹に大山寺がある。この寺院は、元々は現在の阿夫利神社のあったところに存在していた。

    大山寺の開基は、良弁上人であり、上人は塩川で青龍権現を祀り込み、出世して奈良東大寺の第一世の別当(法主)となった人物である。

    大山寺第三世は空海である。

    大山はかつては修験の山であった。山上には大天狗と小天狗が祀られていた。

    ここの頭領は日本八大天狗のひとり、大山伯耆坊(ほうきぼう)という、山陰地方の大山(だいせん)に棲んでいた大天狗である。

    故あって相模の国、大山(雨降山)に転任してきたのだと云われている。

    塩川大瀧では「小銭(小金)」を得るお徳がいただける。

    大山詣りをすると、さらにその「金運」が増すのである。

    金運が増す急処というものが、人体にはあり、その部分が大山登山で活性化するのである。

    大山詣りに行ったらケーブルカーには乗らないで、是非歩いて下から登山してほしい。


    女坂のほうにゆくと「大山七不思議」のお地蔵さんなど参拝できるが、是非お参りをお願いしたいのは、「龍王堂」と「大山伯耆坊大天狗」のお社参拝である。

    わたしがお参りしたらよいと述べていたと念じてみてください。


    また、お神酒を持参してご供養すると更によい。

    「龍王堂」は、先の良弁上人が大山にて、「大山龍」を感得し、その龍王が奉祀されている御堂である。

    わたしはお参りして、金運のつく祝文字を感得した。これは塩川大瀧の「タネ銭」と共にお守りとして授与することを考えている。

    龍神感合法(3)【龍神秘法の数々を示す】

    • 2014.04.11 Friday
    • 13:00

    龍神感合法(3)

    【龍神秘法の数々を示す】

    龍神を動かす秘法はいくつも存在する。

    読者もご存知の法があると思う。

    神仙の方には『龍神感合法』がある。

      
    『龍神感合法』伝書と「弁財天御幣(実物)」

    佛仙の方には『龍王法』や『弁財天秘法』がある。

    チベット密教には『ナーガ』の供養法を「ヴァジュラ・パーニ」の変化の修行に続いて行なうものがある。

      
    「龍王供次第」と「ナーガ供養法」


    一番簡易なものでは諸龍あるいは特定の龍神の御真言とお唱えするというもの。

    神道形式ならば龍神祝詞と奉唱するというのが一般的な方法である。

    あるいは不動明王に変化(へんげ)した上で更に不動明王の龍体である倶利伽羅龍王に成る法、如意輪観音・准邸観音から龍神に変化する法などもある。

     
    「八大龍王次第」と「龍神御幣」の作り方の図

    大日経の住心品には衆生の心性として「六十心」を説く。

    そこでは「龍心」を説く(※説明は略します)。

    しかしながら大霊寿神真の宮地堅盤神人は「オロチ」について詳述しており、斯道をゆくものは必ずこれを精読し、了解しなければならぬ。

    よく考察してゆくと龍王・龍女は共通して「宝珠(たま)」を持っている。


    「八大龍王の御幣」の図

    大蛇も龍神も長物であり合わせて「龍蛇体」と呼び、福を与えるという(※そうではない悪龍もいるが・・・)。

    吾が会では、水霊総官海龍王を龍神の最高神と制定・奉祀し、「瀧行禊ぎ法」の御祭神としている。
    (※水霊総官海龍王之代命は高知の大瀧霊境に坐す)

    トンガリはちょっと不調だじょ〜!? 
    but「眼を上げて横断歩道を渡りましょ」で頑張る??

    龍神の感応なる!【秘密の名前を授かる】

    • 2014.04.08 Tuesday
    • 00:00

    龍神の感応なる!

    【秘密の名前を授かる】



    チベット密教の偉大なラマがパワーを込めた「龍の宝壷」

    (川島金山所持)

    1シーズンの「滝行気合禊ぎ行」を畢わり、昨日の早朝に龍界(龍宮)から、2シーズン滝行達成の修行者に「秘密の名前」が下付されました。

    海神仙界より特別な名前を授かったのです。

    チベット仏教でも師匠に付くたびに名前を付けてもらいます。

    ゾクチェンなどでも「秘密の名前」を授かります。

    龍界からの秘密の名前があるとは思いませんでした。そういうことは聞いたことがなかったので。

    しかしいくつかの注意事項も存在します。

    今後は本を書くことを決めていますので、もろもろの分野のことを書く中で、その話も出てくるかもしれません。

    わたしは数年前の或る時期から、50歳になった時から「モノを書く」と決めておりました。すでにそれははじまっています。

    世の表面に出ることを、みなさん時間に余裕をもって、このぼちぼち歩く蝸牛を見守ってください。

    感応法【龍神感合法(1)】序章

    • 2014.04.03 Thursday
    • 12:00
    感応法・序章

    【龍神感合法(1)】

    先般、吾が会の『秋冬季納めの滝行』にて、感応道交の奇瑞があった。

    平成26年3月30日(日)の出来事である。

    チベットの教えでは現象世界の各所には、八つの神霊のエネルギーが関わっていることを教えている。

    どの時間、いずれの土地にも、必ず支配している霊的存在がいるというのだ。

    日本や中国でも、佛菩薩の眷属として「八部衆」というのがあるけれども、ほとんど同じものである。

    おもしろいもので「深砂大将(じんさだいじょう)」という神霊がいる。この神霊はいわゆる河童の大将で、元々はガンジス河に居た。西遊記で有名な「玄奘三蔵」を襲い食らおうとして、逆に調伏され守護神霊になったのである。三蔵法師がインドから唐に「大般若経」を請来したので、般若経の守護神ともいわれる。

    この深砂大将の功徳があるから「深大寺」というお寺があるわけであり、水が清いから、その清水で蕎麦をい打つから、旨い名物の「深大寺蕎麦」があるのである。

    密教では、各佛菩薩・神霊には、真言というものがあり、それを唱えて功徳をいただく。深砂大将の真言には「アフル アフル」という言葉が入っている。

    朝鮮の言葉で河の流れを表現するときなどに使う「滔々(とうとう)」という語は「フロフロ」という。

    日本でも「お風呂」という言葉がある。清い水、流れ、これを表現する言葉には、共通項がある。

    このような視点で、龍神の感合というものを考察しなければ、真実は見えてこないであろう。

    さて、どのような経緯・因縁に由って、龍神感応が起きたのであろうか?

    つづく

    今度は竜神様かいな!!
    あんたもいろいろ考えるね〜〜!

    青碧の霊石【霊的な石 青碧く輝けり】

    • 2013.05.21 Tuesday
    • 13:38

    青碧の霊石

    【霊的な石
    青碧く
    輝けり】

     

    (1)この石の青碧く(あおく)輝く色彩と性質は、われわれの魂を海神界(ワダツミ界)へと導く。

    (2)且つ、自分の祖霊をご供養して、祖霊の御霊(みたま)に近づくことのできるパワーを持つ。

    (3)『心の本性』の悟りへ導いてくれる霊石でもある。

    光を当てると写真の如く、青碧く輝く霊石である。

    玄法秘伝【海神界感通の秘法とは?】

    • 2012.12.10 Monday
    • 10:20
    【海神界への感通秘法

    昨日、12月9日早朝、例によって暁天の護摩行、滝行法を行った。

    いつもより少し早い時刻、午前4時台に現地に到着できるようにした。

    これからは寒行のシーズンなので更に午前4時、4時半というように、行の開始時刻を早くしたいと思っている。

    午前中であっても、お日様が完全に昇ってからの修行では寒行とは言えないと思うわけである。

    やはり日の出前の聖なる時間にやるのが一番善いのである。

    気というとつきなみだが、お滝場が一種の霊気に満ち満ちているのである。

    水温も更に低くくなり、入滝してご真言を唱えつつ組む手印がまさに凍るようである。あっという間に、指の感覚が無くなってしまうのである。

    昨日の修行では特別に修法した事があり、とても善き感応を得ることができた。

    それは『海神仙界に感通する秘法』を修したのである。

    この法こそが、自然福智会(しぜんふくちのかい)独特の秘伝であり、且つ当会だけが練り上げて保持している法の宝なのである。

    この法は塩川にて何度も何十回、何百回とお滝(寒行)をしなければ得ることが出来ないものである。神祇がお許しにならないのである。

    是くして修行を終えると、熱心な修行者T君が、「先生、鳥居を建立して、さらに道場開設をここ数年でしませんか?」ということを言ってきた。その場に居る者すべて同意のようだった。

    実はわたくしは心密かに、このお伺いを塩川大神に祈念したのである。彼の口を通じて、このように即疾に応答があったわけである。

    更に言うと、大司命節の期間に、霊夢にて塩川および江ノ島に連なる或る『海仙界の拝殿』に行っているのである。以前にも、そういう聖殿に行った霊夢を見ている。

    塩川が起点になり、大きな運動になることは眼に見えている。修行者の奮起を願うものである。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM