自然に触れて“自然智”の境地を磨く

  • 2015.04.24 Friday
  • 00:00

自然に触れて“自然智”の境地を磨く



◎自然に触れる

自然に触れるというのは土や水に触れること。森の中をゆく風を感じること。

森の木々の間から差し込む太陽の光のこもれびを感じること。木々や草原のみずみずしさを感じること。

鳥のさえずりを聞くこと。わたし自身の心臓の鼓動を感じること。
(※これらはアトランティスの修錬法だ!)



メロン(鏡)を胸に下げて座る修錬をする


◎座る修錬

真実の境地を得るには、座ることが一番はじめに行なうべき修錬法である。

宇宙のプラーナを吸収し、背骨を立てる。頭頂のチャクラから肛門まで一直線にし、その直線が地球の真ん中にゆくようにする。

浄化の呼吸法を行ない、五大を浄化し、グル・デヴァ・ダーキニーの三根本に帰依し、菩提心を起こす。



自然を愛し祝福する

さあ、心の本性の土台にとどまる。鏡の境地の見解に通入する。グルヨーガが真ん中だ!

何一つ変えるべきものなどありはしない。“すべて善し”の境地に立つ。

金剛の歌をうたい、外のイン・内のインを一つにするように努める。

そして行の締めくくりに果報のすべてを“生きとし生けるもの”たちに廻向する。

次は歩く修錬に入る。踊る(回転)の修錬も行なう。

そのあと自分で作ったサンドウィッチをコーヒーと共にいただく。



回転運動を行なう


◎神社へ行く

神社へ行き、アチメの秘印を結印し、天津祝詞を奏上し、感通秘詞を唱える。
“ありがとうございます”を三返唱う。半端に祝詞を奏上するよりも“ありがとうございます”を三返言上したほうがよい。よく亨り、感応が得られると思う。

神社のベンチに座し“金剛の歌”を歌い、金剛の三昧(鏡の境地)に入る。気がつくと鳥とリスが足元に来ている。意識したら去ってしまった。

悟りの境地は、意識する心ではなく、無意識的な意識にあるということなのであろう!

其処彼処でグルヨーガ、ヴァジュラ・ソング(金剛の歌)を歌い、三昧の境地に入った!
こうして臨時休業の一日は、修行三昧の一日になった。


 そう言えばおまえよく「破砕したのだからな!」って言うけど、そのセリフは一体なんなの? 漫画かなんかのセリフじゃねーの!



トンガリくんはよく憶えていたねー。人間つまらないことのほうが憶えているものだからね。「破砕したのだからな」は、漫画『男塾』の中で、羅刹(ラセツ)と伊達臣人(だておみと)が闘っているときに、羅刹が伊達に対して吐いたセリフ。トンガリ君は正解だね!!

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

 

驚異的な事実譚“古えの幻の宗団を発見する!”

  • 2015.04.22 Wednesday
  • 00:00
驚異的な事実譚

古えの幻の宗団を発見する!





◎『注目すべき人々との出会い』

『注目すべき人々との出会い』によれば、ある日、古い僧院の地下道の一つを掘っていたグルジェフと友人のポゴシャンは埋没した僧院の庵室を発見し、そこにあった羊皮紙の山から一通の手紙を見つけ、その復元に成功した。

その手紙はアレム神父なる修道僧へ宛てられた手紙だった。苦労の末にその古代アルメニア語の文面を二人は解読した。そして次の一節に注目した。

「・・・敬愛するテルヴァント神父が、とうとうサルムング宗団に関する真実をつきとめるのに成功した。彼らの宗団はシラニューシュという町の近くに実在し、五十年前に民族移動の後を追って、エヴシから三日の旅程にあるイズルミーン渓谷に定着した・・・」




◎サルムング宗団と接触する

二人は“サルムング”という名前に驚かされた。彼らは『メルカーバー』という書物の中で何度かその名前に出くわしていたからである。

サルムングとは古代の有名な秘密の宗団であり、伝承によると紀元前2,500年前にバビロニアにおいて設立され、紀元六〜七世紀頃までメソポタミアの何れかに実在したという。

この発見の日から、彼らはサルムング宗団の実在を確信し、時には真理の探究のグループで、時には単身で中央アジアへの幾度とない法旅を行い、ついにこの秘密の宗団との接触に成功したという。

そこで客観的な知識を獲得したとされている。


映画【注目すべき人々との出会い】

http://nicogame.info/watch/sm10879620



2018年に日本は月面着陸船を月に送り込むことになったそうです。物質科学、宇宙開発の面で他国に遅れをとらないように努力しているわけですが、精神科学や真の宇宙法則の探求にも力を尽くしてはどうでしょうか?物質的な繁栄を得るためには霊的精神的な法則の確立が必要と思いますが。 
 わたしゃ何と言っても努力しないで貯金を殖やす錬金術の方法が知りたいにゃ〜 サル何とかいう教団のことよりもビジネスで利殖する魔法の法則のほうが知りたいにゃ!

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。


 

アトランティス叡智の贈与【弁財天からパワーを得る秘法】

  • 2015.04.20 Monday
  • 00:00
アトランティス叡智の贈与

【弁財天からパワーを得る秘法】





◎本当の大弁財天秘法

これからお話しすることは秘中の秘であります。

弁財天には2種あります。1つが妙音弁才天。もう1つが宇賀神弁財天です。

神道では市杵嶋姫神(宗像三神の一柱)ということになっております。この辺のことはまあ当然のお話ですね。

弘法大師空海は高野山を開山して、密教の根本道場とし、弥勒佛の御降臨まで大師は奥ノ院で入定されたわけです。奥ノ院にゆきますと生きたお大師さまに会えるというのが“大師信仰”です。

土地神の丹生都姫神の助縁によって大師空海は開山の偉業を成し遂げられました。同時に空海大阿闍梨は“弁財天宇賀神秘法”で福徳を得て塔頭を建立したわけです。

女神の御加護があったということを認識しておく必要があります。





◎宇宙に遍満する弁財天の力に感応道交する!

宇宙に遍満する・・・って!?

皆さんはこのように思うかもしれない。宇宙に遍満するというのは正確ではないかもしれないが、やはりそれは光線なのです。

市杵島姫神とかインドのサラスワティー(ガンジス河)の女神ではないのですよ、ほんとうの本体は。

それは光線と言う形で表現されるものなのです。

先にあげた空海が用いた“宇賀神の秘法”、これは行法の基本で、必死に探せばめぐり合うことでしょう。ですが真伝を得るのは難しいでしょうね。それに密教の法は、阿闍梨になっていなければ受法できないからです。

ご本尊としては御像や図像、アメジストなど縁あるものでよい。

一番大切なのは“光線”を如何に得るかということなのです。

身体の観念ポイントは、頭頂のサハスララチャクラ。千葉の弁に光が来る。光線の色は紫色輝く金色です。

そして特定の霊的守護者を観想して力の根源に呼びかける必要があります。

例えばチベット密教の根本師であるグル・リンポチェを召請し加持を受けるのですが、七つの祈願文という特別なものがあります。僧侶は低い声で読経するわけですが、在家の密教者は声高らかに歌うようにお唱えします。そうやって三色の光線の加持を受けて、身・口・意の三業を浄化するのです。この方法と同じように光線を受け取るのです。

これは弘法大師とも関係のあるエネルギー、光線です。



◎どのような力を与えられるのか?

どのような力が得られるのかというと、芸事・芸能・芸術・音楽・弁才・財徳の才能や福徳が与えられるのだ。

印を組んでマントラを唱える。これも大切。

宇賀神弁天マントラ:
『おん・うがや・うがや・きゃらべい・ぎゃちぎゃかねい・さらばやばやひきゃてい・さらばさんばらに・そわか』
印契は蛇形印。


あなたに大弁財天秘法の奥義に通じるヒントをプレゼントしよう!



‖斥曄Ψ遏ε径里らのエネルギーに注意するべし
∋膺Г砲靴洞眇Г傍韻光線がサハスララ・チャクラ(頭頂)の浸透することを観想すべし
9哨療腓瞭況△發靴は富士山の人穴にゆき弁天の力を受け取ること
(※江ノ島のほうが安全でよいでしょう)
な杠妖靴琉貳屬留鐺に必ず感応すること
ズ把禪造離僉璽愁淵襯螢肇蝓璽箸鮗┐后7日間、一日三座“略念誦法”もしくは“宇賀神弁天法”を行なう。すなわち21座おこなうべし。これが根源法になる。
β里琉はシルシ・アサン(逆立ちのポーズ)。


江ノ島弁財天は絶大な力がありますが、いまは密教色が無くなり、神社本庁の指導する基本的祭儀に則りお祀りされている。まして洞窟の奥ノ院は入館料取って公開している始末なので、根本に信仰心が消滅しております。力を得ることは難しく、道力を具備した方とゆくことをお勧めします。3つの史実の観念を入れますと抜群の効果を得られることと思います。 
 分かった!! 大師の●●●●、●●●●●●の力が必要なんだにゃ! もしかしてそれ!密教の最大の奥義とちゃうか!

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

 

アトランティス叡智の贈与“バリ密教の禊ぎ祓いの沐浴霊場”

  • 2015.04.17 Friday
  • 00:00

アトランティス叡智の贈与

“バリ密教の禊ぎ祓いの沐浴霊場”


スバトゥで沐浴中のバリ島民


◎バリ島の密教“バリ・ヒンドゥー”

バリ島には独特の密教があるのをご存知の方も多いだろう。

バリの土着の信仰を基にした、ヒンドゥー教と融合したタントラ(密教)のことだ。

面白いことにバリ密教の意識論と仏教(密教)の「意識論」の説明が酷似している。

それは身体に内在した神や仏が深い意識として居るという考え方のことである。

身体の特定の部位に神佛が内在する。例えば“心臓”の位置の場合、真言密教ならば“五仏ないし九体”の佛さまが八葉の蓮華の上に座しておられると観想するわけだが、バリヒンドゥーでも5つの神々を想定しており、その5つの存在を精霊としてとらえ実在を信じている。また、その精霊の働きや結びつきのある実在する聖地まで示されている。

非常に土地と結びつきの強い密教であり、それゆえに縁があって体得できた者には絶大な力が与えられる。ただし、バリの密教者が他の地域で活動してもそのまま同じように力を発揮できるとは限らない。

何処でも自在に力を発揮できるように成るには、さらに上の能力が必要だからである。


 
スバトゥの寺院で奉献と願いをする信者たち・沐浴を指導するバリアン


浄化の沐浴に集っている人々と沐浴の流水


◎スバトゥ村の“禊ぎの沐浴場”

写真の掲げたバリヒンドゥーの密教的禊ぎ沐浴霊場は、スバトゥ村のクスティ寺院とダレム・ピンギッ寺院の沐浴場である。

満月、新月、カジェンクリウォンなどの日に「ムルカット」と呼ばれる沐浴に訪れるバリの人々で賑わう。

ブラックマジックにかけられた人が来るという。ここの聖なる水に足を入れると、そのまわりだけ白くなると信じられている聖水の沐浴場。ブラックマジックの呪いのエネルギーがあると白い浄化のエネルギーがそこに集まるということなのであろう。
ブラックとホワイトの2つのマジックがバリ密教にはある)

流水は冷たいと言われ、勢い強い。滝に打たれると心も体も一瞬でスッキリするという。

ここでの禊ぎを受けるには、先ず祠の前で奉献の儀式を行い、功徳を得る助縁を尽くす。すなわちご供養を致すのである。

沐浴場は他にもあるが、打たせ滝の形はあまりない。



昔は上半身が裸だったバリの女性


◎【入滝観想 使魂法】観想で入滝する方法

今日は体の或る部位の調子がすぐれないので、折角だから観想で入滝することにしてみた。

座して呼吸を整え、邪気を吐く。左右の脈管を浄化し、氣息を調える。無の境地になり、立ちあがってきた思考に合わせる。無理に観想せず意識の流れにまかせる。ここで唱えごと何でもいい。
(※寝てやってもいいのです)

先ず横浜から塩川にゆく。塩川の滝に入る。河川を経て、湘南からエボシ岩を目印に、江ノ島の海にゆく。海に没入してバリ島まで。川をさかのぼりスバトゥ村の禊ぎ沐浴場に到着。

ここまで10分ほど。寺院でご供養を捧げ、願い事に念を凝らす。そしてスバトゥの沐浴場に入る。

ホワイトマジックの指導者バリアンを観想し、浄化のマントラを唱えてもらう。済んだら神々に御礼をし、海を経て塩川に帰り、一瞬にして横浜に戻る。


 
バリ島の村の道・川で沐浴し洗い物などをする女たち


◎その昔のバリ島

昔のバリ島はものすごくきれいで自然や人々の生活も実に素朴だった。今だって日本に比べればそうだとは思うが・・・。

写真をいくつかUpしました。下記をクリックすれば昔のバリ島の映像が見られます。


https://www.youtube.com/watch?v=-1RGIDgwHgM



1968年(昭和43年)、いまから47年前に日活で制作されたザ・スパイダース主演の娯楽映画『ザ・スパイダースのバリ島珍道中』(86分)の中にまさに昔のバリ島の風景が出てきます。

https://www.youtube.com/watch?v=UjbgdFgnsQI&list=PL3_hf3yIHvf4w8pzH17UIu-1oHfjvxv2P&index=5

話の内容はハチャメチャで大したものではないので、見たい方はDVDでも借りて観たらいいでしょう。

メラ♪メラメラ♪メラ♪メラメラ♪とか歌って非常にダサい感じでいいですよ!若い頃のマチャアキや井上順、ムッシュかまやつなんかいて、ズンチャカ♪ズンチャカ♪っていう音が聞こえてきそうな顔ぶれですよ!


このバリ島の沐浴場・寺院には必ずゆきます。マスターより必ずゆくように指示がきているからです。その他にも巡礼すべき霊場があるのですが・・・ 
 猫は水に弱からねー 水に濡れるとふっくらしているように見えていたが実はガリガリだったりするのがバレるからねー 魔女の横には必ず猫がいるでしょ あれは意味があるんにゃ ここから先は有料だじょー!?

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

 

アトランティスの叡智・秘儀参入【学徒が経験する3つの体験】

  • 2015.04.15 Wednesday
  • 00:00

アトランティスの叡智・秘儀参入

【学徒が経験する3つの体験】


イシスの秘義の様子


◎東洋の秘儀、西洋の秘儀の共通項

東西に関係なく秘儀の体験に於いて共通項があります。

秘儀参入の学徒が経験する3つの体験というのは変わりがないということです。

それは何でしょう?

こう説明されています。
『まず第一に、秘儀参入のある段階に達しようとする心魂は、〈死への接近〉を経験しなければならない。第二に心魂が経験しなければならないのは、〈四大元素界通過〉である。第三に、エジプトその他の秘儀で〈真夜中に太陽を見る〉と表現される体験、さらにその次には、〈高みの神々ならびに低みの神々との出会い〉の体験である』

これらの体験を経て、秘儀参入の学徒は2つの世界を生きることができるようにならなければならない。

2つの世界を生きる、その世界とは、1つは物質世界。
もう1つは、「死に接近し、四大元素界を通過し、真夜中に太陽を見、高低の神々に出会う」という真の意味を知った時にのみ生きることのできる世界のことである。

ここでいう神々とは、アトランティス時代の神々のことである。



◎“真夜中に太陽を見る”

これは秘儀中の秘儀です。

真に神秘学の道を歩む学徒は、“真夜中に太陽を見る”という体験をしなければならない。

あなたは“真夜中に太陽を見る”という言葉を聞いてその内容をすぐに理解できただろうか?

もしすぐに理解でき、それが正解ならば、あなたは元々秘儀参入の学徒であり、前世にアトランティスもしくはエジプトの神官であった可能性が非常に高い。

わたしはこの言葉は20年も前から知っている。だが鈍感で皆目見当もつかなかったが、禊ぎをし祝詞をあげているうちに突然思い出しすべての謎を解くことができた。すべて思い出したのである。



◎天津祝詞を10万返唱えるべし

まあ数に規定はないのだが、大体このくらいやれば分かるのではないかという数である。

天津祝詞を1万返唱えてみて、まったく何も分からないようなら、あなたは素質が無いから秘儀参入の道は諦めたほうがよい。真の密教学徒になることはできないということです。
(※10万返やるまでもないことです)

アトランティスの“愛のみそぎ”って前回言いましたね・・・。

“真夜中に太陽を見る”という、この道は“ベールをぬいだイシス”への道に通じます。



◎ベールをぬいだイシスは治療の神である

古代イシスの神殿には次のような言葉が書かれていた。

『わたしはかつて在り、いま在り、これから在る者である。死すべき者は、わたしのベールを取り去ることはできない』

古代のエジプトでは、イシスは秘儀の女神であり、治療術の女神だった。

患者を神殿に運び、半睡眠・夢遊的状態に導き、患者の内的なエーテル形姿をアトランティスの神々に合わせる、そういうことを神官たちは行いました。

死すべき者とは、仏教でいう「分断生死(ぶんだんしょうじ)」の者のことをさす。

そうでない者(秘儀参入者)は仏教でいう「不思議変易生死(ふしぎへんにゃくしょうじ)」の聖者だということです。

輪廻に再生にありながら、永遠を得ている者ということです。

治療も秘儀も心魂を使いますが、ある時には“手”を使うということも心得ておく必要があります。



神僊道のわたしの師にあたる方の一人は生前にかなり高等な“識神”を操っておられて、或る時に神々(わだつみのかみ)がついておられるのが見えると言っておられた。ほんとうの見霊者に成るには順序をふんで開発しなければならない。 
 バステトのやつイシスの名前が出た途端、逃亡しやがった! あいつイシスに金でも借りたのか〜 踏み倒していたから利息を恐れているんじゃねーの なにせ2000年分以上の利息だと・・・ 想像できないなー こりゃイシスに取り入っておいたほうが得策かもな!!

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。


 

“愛の滝行・愛の気合法”〔塩川 大弁財天御出現ご縁日に〕

  • 2015.04.13 Monday
  • 00:06

アトランティス叡智の贈与

“愛の滝行・愛の気合法”

〔塩川 大弁財天御出現ご縁日に〕



塩川神社に一年安置してパワーを込めた弁財天石(金色針入りのアメジスト)


◎年に一度の江ノ島弁財天の御出現の吉祥日

毎年4月に塩川ノ滝の奥地、“江ノ島淵(塩川)”に、江ノ島洞窟(奥ノ院)の弁財天がご出現する。

これは年に一度のことであり、塩川大滝の御祭神である青竜権現と江ノ島弁財天がうち揃う日なのである。

その意味で塩川に於いて、一年で一番功徳があるのが4月のこの日なのである。それは江ノ島のほうでも同様のことがいえる。



◎塩川大滝の名称の由来!

塩川の大滝に年に一度“江の島の弁財天”が出現する!

この時にどのような現象が起こるのか?あるのか?ないのか?

言い伝えでは、弁財天は江ノ島の海の潮と共にご来臨するので、塩川の滝の流水は“塩辛く”なるのだという。

“潮=塩”であるから、ゆえに古人は塩川大滝ないし塩釜大滝と名付けたのである。

塩が生ずるのかどうか、これを試した人が何人かいる。どうやって試すのかというと、何日も前から来て滝の水の味見をするのだ。10日間とか9日間とかいう具合に・・・

実際にやったことのある人の話では、たしかに塩分を含んだ水になり、そのことを“証し”として信仰し続けているという人もいる。


 
ご縁日の塩川の大滝(平成27年4月吉祥日) 


◎“愛の滝行”とはアトランティスの禊である!

わたし今回のご縁日では“愛の滝行”“愛の気合法”を行なった。

わたしの言う“愛の滝行”とは即ち“愛の禊行(みそぎ)”であり、実はそれは『アトランティスで行われていた禊ぎ・大祓』のことなのである。

あなたは「アトランティスで大祓?」  そう思うことであろう。

普通の歴史で考えればそうなるわけだが、大祓祝詞を紐解けばそのことを説明することもできるのだが、ここでは一つだけ述べることにする。

初期アトランティス時代の或る時期、“兄弟殺し”が到るところで行われていた。

旧約聖書のカインが兄アベルを殺した物語はこのことを表象しているわけである。

その罪を消すために行われたのが大祓の源泉たる方法なのである。この行法は太古から秘伝継承者に受け継がれ、日本へも形を変え変遷を繰り返しながら入ってきて定着した。

“兄弟殺しの罪”ということなのだが、
転じて『自分以外の人間や環境への不満など全て』と置き換えると分かり易くなる。

二元論的な思考。自分と外部外界。欲望と愛。明知と無明。おおまかには二つの方向性しかないのである。

愛・ありがとう・感謝の反対は、不満・攻撃・憎しみである。

海水や河川の水が一番浄化力を具えた日に“愛を根底においた禊ぎ”を行なう。感謝の心をもって行なう。この禊ぎ法は格別であり、次元の違うものになります。

気合法もそうです。“愛”を土台に置いておこなう。宇宙へ感謝の一声を“雄健けぶ”!

すべての浸透力が全然違う、次元の違いを体験することになります。

わたしが言っているのはキリスト教でいうイエス様の愛とかそういうものではないのです。たしかに同じ部分もありますが、人間の「心の本性」の根っこにある“愛”をつかんで、思考・行為の土台に置くべしと述べているのです。



◎黄金のアメジスト

塩川の滝にある神社に1年間“黄金のアメジスト”を安置しておきました。

まあご奉納でいいのですが、大弁財天ご来臨のご縁日でしたので、仕事の活動のご本尊として持って帰ってきました。

この御霊石を安置し、“愛(感謝)を土台にして”、『●●●●●●』の法を行なってお力を拝借しようかと思っております。

この日の行で、行の後わたしのオーラは清らかな色を呈し、身体の周囲150cmの範囲で放射状に発光・発現していたのを確認致しました。


塩川の不思議は続いています。ですがわたしと同行できるのは難しいでしょうね。前にも言いましたが、機会というものはいつまでもあるものではないのです。一人で禊しますと本当に軽やかで清々しいのです。指導ということになりますと自分のことは二の次ですからね。 
 おまえも相当なもんだにゃ たしかにアトランティスに根源があることは分かるにゃー そのアメジストをレンタルしろや アメジストレンタルでガッポガッポじゃね〜 他の人間には見せなくていいからトンガリだけには見せろや!  

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

 

アトランティスの叡智の贈・“オーラを増幅する方法”

  • 2015.04.10 Friday
  • 00:00
アトランティスの叡智の贈与

“オーラを増幅する方法”


10年以上前に撮影した私のオーラ写真


◎タオイズムはレムリア文明に源泉がある!

タオの教えは中国大陸、中華文明から出てきたものであることは間違いない。

だが、中国の老師やインドの文明など氣道の教えにはレムリヤ文明の痕跡が見いだせる。
(氣道の教えとはインドのナディ、中医学・道教の経絡学のことである)

レムリア文明の霊的な師の系譜に老子があげられているからだ。老子といえばタオ。レムリア文明に教えの源泉があるのである。

青山さんの著書で有名になった“アガスティアの葉”を遺したといわれる聖者アガスティアなどもレムリア文明の系譜に属する人といえよう。

最古の仏教国であるスリランカ島も入っている。

スリランカには太陽系の惑星の影響を善化し災いを避ける『ラワラトナ』という宝石法が伝わっている。インドの占星術の影響を受けたものだが、この起源もレムリアにあるのではないかと思う。

実際には19世紀の半ばにスリランカで服飾として始まったというのであるが・・・。

わたしもラワラトナの指輪を所持しており時々身につけている。ラワとは9の意味で9つの星、ラトナは宝石の意味である。言い方を変えれば、服飾によってオーラを強化する方法である。



◎自分のオーラを知るべし

秘教的(密教)な教えになってきますと必ず“波動”“オーラ”“思念の力”“エーテル”“精神・潜在意識”という要素が出てまいります。

自分を見たり、他人を判断するうえで判断材料になるのがオーラ(霊光)である。

このようなことは既に霊術ブームの80年〜90年前から言われていたことで古典的なものである。

だが密教者(日本では真言・天台、修験系)でオーラを把握できる者はほとんどいない。

オーラを見、感じることができないでどうして弟子や生徒・信者の「心の境地」が客観的に分かるのであろうか?

無形の心を無形の心で感じるとでもいうのか?
他心通でもあるというのか?
「心は接すれば人柄から分かるものだ」とかいうそれらしきお噺にしてしまうのか?

私の知る限り、他心通や宿命通力など具えた日本の密教指導者はほとんどいないのだが・・・。

写真は12年くらい前のわたしのオーラを撮影した写真だ。アメリカ製の非常に優れた器機で撮影した。

頭上に光る白いオーラこそが修道をやっている証しだ。全体は青と緑。精神的な部分が強く出ており身体を癒す力を具えているとのことだった。

現在のオーラはさらに別の様相を呈しており「愛と悟り」「活動と財」が輝くオーラになっている。えっ何んでそんなことが分かるのかって?

分かりますよ!そのくらいのこと分からなければ滝行法の指導なんてしませんしできません。

オーラというものは心の変動により変化する。心など読まなくてもオーラを見ればどんな心の状態なのか分かるのです。



佛光功法の姿勢


◎オーラを強化する法“佛光功”

オーラを強化して輝きを増す方法もいろいろとある。

ヨーガの中にもあるし、神道にもある。結果的にオーラが増幅するわけである。

その中でも非常に強力な方法をご紹介する。

詳しいやり方、所作(うごき)の指導までこの記事で要求しないでいただきたい。

この“佛光功法”は『十六尊羅漢功』の中の一法であり、考え方や体系の中心にはタオがある。法としては、いわゆる気功法である。

であるからアトランティスよりももう少し田舎臭いレムリヤのほうの体系になる。

功法の型は絵図のとおり。大切なのは“起勢”と“収功”である。要するにはじめとおわりの仕方が大切だというのである。

これはまさに身体内の経絡秘孔・氣を活用した、オーラ強化法の秘伝である。



佛光功でもって充分に気を錬ってそれからオーラ撮影にゆこう!オーラ撮影の先生も驚きを禁じ得ないでしょう!!
アトランティスから流れてきた者たちの中には秘伝的教えの継承者もいて、先生のいうオーラについても語っていたと思います。先生もあの一団にたしか居ましたよねー! 
 トンガリはその当時は宇宙にいました 針金をぐるぐる巻きにした形のヤツとかフレンドにいてねー 人間界じゃアトランティスが閉鎖になって一部が地下に逃げ込んでエジプトが移民で大騒ぎに あたしゃプレアデスで宇宙猫TV中継見てたからにゃ 

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

 

KAWASHIMAアレクサンダー図書館

  • 2015.04.09 Thursday
  • 00:00

アトランティスの叡智の贈与

KAWASHIMAアレクサンダー図書館


◎古代エジプトのアレクサンダー図書館



紀元前300年頃、プトレマイオス朝の王によってエジプトのアレクサンドリアに建てられた国立図書館である。

世界中の文献を収集することを目的として建設され、古代最大にして最高の図書館とも、最古の学術の殿堂とも言われている。図書館には多くの思想家や作家の著作、学術書を所蔵。

綴じ本が一般的でなかった当時、所蔵文献はパピルスの巻物であり、蔵書は巻子本にしておよそ70万巻〜80万巻にも及んだとされる。

優秀な学者が集まった一大学術機関でもあり、薬草園が併設されていた。

だが、この図書館は完全に消失し、貴重な図書も灰燼に帰したという。



◎日本の国立国会図書館



先般、国立国会図書館に行った。

入館のシステムも更に改編され、資料の収集などはよりスピーディになっており、情報保護の側面もしっかりしている。

数年前の情報だが、所蔵資料は東京本館・関西館・国際子ども図書館の合計で、図書 9,052,998冊、雑誌・新聞 12,474,489点、図書形態以外の資料(マイクロフィルムや地図、楽譜、映像資料、録音資料、磁気記録資料、絵画・写真、点字資料など) 13,203,416点。

当然いまではさらに増加していることであろう。

整理保存も行き届き、日本の誇る現代のアレクサンダー図書館と言えよう。



◎敢えてKAWASHIMAアレクサンダー図書館と・・

だが、である・・・。

残念ながら国立国会図書館にもない貴重な図書や資料が沢山あるのだ。

ある分野に於いてわたしはそういう資料を個人で所蔵している。

この貴重な文献類を遺すには2つの方法が考えられ、わたしはその2つを機に応じて実行しようと思っている。

そしてこんなこともある・・・

秘文献のある部屋に居ると何かこう名状しがたい一種の「波動」を感じるのである。存在はつまるところ「波動」だから当たり前といえば当たり前ではあるが・・・。

神秘的な道や霊学・霊術において、修道の参考にしようと思うのであれば、その時代の古書を所蔵し熟読玩味しなければならぬ。本とはそういうものなのである。

写本もコピーも意味の分かっている人が複写した場合と、意味が分かっていない人物が複写した場合とではその「波動」は違うものなのである。



寝るときに枕元に本を置く。同じ本を2つ用意する。ある日は古書を置いて寝る。ある日は復刻版を置いて寝る。両者には違いがあるのだろうか?これは確実にあります。夢によるサニハの一種です!
古代エジプトの図書館!いや懐かしいです!先生、わたくし宇宙から連れてこられまして無理やり地上に居させられたのですが、はじめはあの図書館(図書館開設の時)に連れていかれました! 
 トンガリは寝マルの睡眠学習で図書を読みたいにゃー おまい「波動」って? とうとうその分野に入っちゃうわけ?

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

 

アトランティス叡智の贈与・逆さの冥想法

  • 2015.04.03 Friday
  • 00:00
アトランティス叡智の贈与

逆さの瞑想法〔魔術入門の冥想法〕



この「逆さの冥想法」はエメラルド・タブレットに通じる 


◎A・バトラー著『魔法修行』から

わたしは何かの資料を見ながら書いているわけではないので間違っていたら申し訳ない。

わたしは17才の頃から冥想というものを始めた。密教などに憧れていたわたしは鎌倉の禅寺や密教寺院、ヨガの道場など様々見て廻った。

宗教的な修行には必ず冥想という要素があると思ったこと、日常と非日常をつなぐものが瞑想や祈りであると認識したこと、このような理由で何らかの体験を得るためには先ず冥想をするということが必要だと思ったわけである。

かなり広範囲の探査をしたのだが、その一つに『魔法修行』というものがあった。当時のわたしの力では精々「カバラー」という密教的なものがあるくらいしか分からなかった。

その中で魔法・魔術の入門瞑想に『逆さの冥想法』があることを知った。

このことは後に読んだA・バトラー氏の著書『魔法修行』という本にふれて確認することができた。
(※たしか上記の書名だったと思うが・・・)

そして少しの間、これを実習してみた。



◎逆さの冥想法は『“愛・感謝”』を深め強化する!

逆さの冥想法は、今の時間から時間を逆転させて想起してゆくものである。

その方法を説明すると、この方法は寝る前に行なうのである。姿勢はどんな姿勢でもよく、寝床に入って寝る前にやってもよい。

瞑想法の秘訣というのは、姿勢も大切なのだが、それよりも先ずはやりやすい形をとって想起することが大切である。

リラックスして想起する。それは集中と経過をおもいめぐらすことでもある。

先ず、その日一日の出来事を今からはじめて起床時まで遡ってゆく。これは今の感謝の根源を知ることにも通じる。

「愛・感謝」というものを深く力強くすることに通じる。読者は体験を通じて、わたしの述べている真義をつかんでいただきたい。



◎逆さの冥想法の要訣

逆さの冥想法は、今の時間から時間を逆転させて想起してゆくものである。

この方法は愛や感謝を深めるという効能がある。これは事実なのだが、魔法・魔術の修行としてはもっと具体的なねらいがある。

それは時間を逆さにして想起してゆくと(つまり時間を逆転してゆく)、思い出せない点が出てくる。細々していること、大きく記憶が欠落しているなど、色々と出てくるのである。

それは要するに、意識が覚醒していなかったということであり、全く意識が曖昧になっていて、無意識的になっていたということである。

過去⇔現在を自由に往き来するということに習熟した上で、現在⇔未来の自在力を得る。

過去⇔現在⇔未来を自由に往き来する冥想力を持つことで、願望を自在に成し遂げる。

この能力だけでは先ず魔術の修行は完成できない。

肝心なのは“愛”であり“感謝”だ!

これが無なければどんな技法やっても無意味である。

“愛”は物質・空間・時間を唯一越えている真理である。

このブログの読者である貴方は、わたしと知己の人かもしれないし、一生会うことのない人かもしれない。だが、過去のアトランティスの叡智の教え、そして今日の「逆さの冥想法」の仕方。この方法を得ただけでも充分にすばらしいご縁・出会いだったと断言できるものである。

この「逆さの冥想法」はアトランティス時代の叡智の冥想法の名残りである。



この方法は夢にも影響を及ぼします!
古代エジプトでもやってましたね! 
 トンガリはいつも寝マルばかりだからにゃー もう少し楽な方法を教えろや 注射一本で冥想ができてしまうようなヤツ そういうの無いのか?

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

 

祝 アトランティス叡智の贈与 エメラルド・タブレットを通じて霊授(灌頂)する

  • 2015.03.21 Saturday
  • 00:00
祝 銀河宇宙新年!!

アトランティス叡智の贈与

エメラルド・タブレットを通じて霊授(灌頂)する

◎超訳『“愛”という一なるもの!』

  
エメラルド・タブレットは「ヘルメス文書」と言われ
ヘルメス・トリスメギストスによって成ったものだという



わたしは読者にエメラルド・タブレット通じて霊授(灌頂)を与えようと思う。

あなたは意味をよくつかんでほしい。そうすれば真義に到達する筈だ。

では、以下に『エメラルド・タブレット』のラテン語版を示す。これは12世紀のものであるが、その一部を載せる。

(1)誤りなき最も確かな真理
(2)上なるものは下なるもののごとし。下なるものは上なるもののごとし。一つのものの奇跡を生むために。
(3)一なるものは瞑想から万物がつくられたように、一つの適合から万物は生まれた。
(4)その父は太陽、母は月。
以下は略す。

わたしが解釈すると次のようになる。

(1)誤りなき最も確かな“愛(感謝)”という真理
(2)“愛”において上なるものは下なるもののごとし。下なるものは上なるもののごとし。“愛(感謝)”という一つのものの奇跡を生むために。
(3)“愛”という一なるものは瞑想から万物がつくられたように、“愛(感謝)”という一つの適合から万物は生まれた。
(4)“愛”から生じた、その父は太陽、母は月。父と母の愛からまた一が生ずる。
以後略す。

万物の根源は、無であり太極であり一であり、それは一言で云って“愛”なのである。



◎冥想『“愛”とは感謝!』

宇宙は愛から始まった。それを神という。全きもの、完全なるものだ。そこから陰陽が生じ、善悪が出てきた。良い悪いではないのだ。人も物も全て愛が根源なのである。それは意思の様でもあり、エネルギーのようでもあるが、“愛”としか言いようがない。

“愛”とは“感謝”ということでもある。

ハート形をしている。心臓も愛で出来ている。だからハートの形である。

わたしは先般、朝の冥想のときに一つの啓示を受けた。それは明確な指示なのであって、なんとなく思ったというような曖昧なものではない。

このように冥想せよとの指示・指導なのである。

それは一つにするという“愛の冥想”である。

これはタントラの男女の合一というようなものではない。自分の中で一になるものである。具体的なやり方がある。

\茲砂氏は日曜日の朝の静寂を味わうところから始めよ!
※宇宙の開闢から自分の現在に至る道を喜びと共に味わえ!

⊃瓦鮴鼎な時間と空間になじませるのだ!
※知っている者は左右の気道を浄化せよ!(九つの浄化呼吸法)

そして二元論的状態にある自分の見解を明確にして冥想せよ!そして二元論を極限まで広げよ!

い修靴匿汗鼎に全てを一つにする
※内外を一つに冥想する

“愛”を感じるべし。心(心臓)から感謝の言葉を述べよ!
※過去現在未来を超えて感謝をする

心を感じ、愛を感じ、幸せを感じることができればあなたは霊授(灌頂)を与えられたことになる。
この心を基にして道を修めれば、どのような術でも体得できよう。

しかし、これはテクニックの問題ではなく、“愛(感謝)”の心を育てる実践の継続がないと効果は薄い。



いつか希望者にはこの冥想の仕方を教えたいものです。人に直接語る日がくるのでしょうか?しかしここに載せた内容で充分な助言になっている筈です!
 バステトそれ知ってます!エジプトの神官たちがやってました!

 トンガリにも教えてくれ それでひと儲けしてやるじょ〜 えっ、そんなバブリーな時代じゃないって! たしかにたしかに!!

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM