スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    霊線の感応力 =霊線療法 事始め=

    • 2016.05.26 Thursday
    • 00:00

    霊線の感応力 =霊線療法 事始め=



    ◎霊線療法の事始め

    霊線という語で検索してみるといろいろな説やものがあるようである。それらのものをわたしは否定しない。感じたり考えたりした人が独自に表現していることは自由だからだ。表現の自由は人間の基本的人権の最も大切なものであるから。

    だが、わたしのいう霊線とは違うものだと思う。説明が付きすぎていて体験から言葉が出ていない、描写がわたしの見ているものとは違うという事である。

    この霊線を体得して、さらに一次元違う所にゆけば、聖なるシャンバラにも出入りすることができるであろう。ここまでくるとアセカという段階、すでに人間の生存を次の生では享けないという地点にまでゆく。少なくともその直前までは境地が進んでいるものと思う。

    霊線をつかった療法を「靈線療法」という。戦前の日本では霊術ブームがあり、有名な整体法の創始者・野口晴哉師の師匠に霊術の大家・桑田欣児師という御方がいた。大変な御苦労をされて学ばれた人で、桑田先聖の教えられた法術は、霊術の中でも白眉である。先の野口先聖、桑田先聖、加えてご両人共通の師匠である松本道別翁(まつもとちわき)の教えを学ばずして霊術というものは語れない。

    桑田先聖は「霊光療法」「還元療法」「桑田式指圧」などを、野口先聖は「愉氣法」「整体操法」等、松本道別翁は「人体ラジウム療法」「輸氣法」「行氣法」を編み出した。これらは同一線上のものだと思う。違いは術者の境地の違い、能力の違いである。すなわちエーテル体に作用する療法だということである。

    わたしのいう霊線の療法、霊線の感応力は少し違う。もちろん同じ部分もあるが、より視覚的なのである。霊線を視覚的に認識できるから「霊線療法」であるのかどうか判別できるのだ。



    ◎どのようにつかむのか?

    では霊線をどのようにつかむのであろうか?

    それは体得者の本体から直接的に伝授されるものであり、明らかなる現象(現証)を伴う。わたしも二つの現象を伴い、結果として霊線の感応力という能力を得た。この二つの現象に関しては特に秘す。約3年ぐらい後に、すべてをわたしの生徒さんにお話する予定だ。

    ただ、一つ言えることは私の場合、或る界に属する超人(アデプト)ともいうべき御方から、その力を転移・伝授されたのである。仮称だが、その超人は「マスター・ナーガアランジャ」という御方である。

    つかんだ「霊線」を毎日々々 訓練する。



    ◎霊線はどのように作用するのか?

    霊線をつかうと微弱な電気的なものが対象に伝わる。それは人間に最も伝達され易いのだと思われる。

    他心通という神通力(超能力)が霊線を伝わって示現するのである。

    観音様の手が合掌して1つの場合、あるいは2手の場合。6手、18手、千手とある。これはその観音様の功徳を持ち物であらわすのだが、実は手の数は霊線の数を表現しているとも言える。

    ーーーーーーーーー

    (=>・<=)/
    宇宙猫にも霊線できるのかニャ〜!
    霊線療法できれば基地外も治せそうだニャ!?
    弘法大師様もこれをつかったんかぁ〜〜?
    ーーーーーーーーー
    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

    同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

    “ウエサク祭”と霊線の感応力の話

    • 2016.05.23 Monday
    • 12:00

    "ウエサク祭"と霊線の感応力の話


    平成28年5月21日 京都・鞍馬山のウエサク祭の曼荼羅様の灯明供養

    ◎鞍馬山のウエサク祭へ行ったJ・Oさん

    5月21日(土)全国的に満月の光線が煌々と照り、一時東京近辺では神秘的な雨が降り、清浄さを一段と高めていた。

    この21日は京都の鞍馬山でウエサク祭の祭典があった。わたしの旧友に
    J・Oという女性がいる。常識人ではあるが、わたしと縁がある人なので平凡な人ではない。一風独特な感性を持っておられる。ウエサク祭の当日は『大マンダラ経』を唱えて、月光に祈念する。そのような静謐な祈りを致そう。そう考えていると、件のJ・Oさんからメールがきた。

    鞍馬山の祭典にゆくというわけである。そして当日・・・!?
    彼女からメールが来て、写真が添付されている。宿無しなのに彼女は本当に行き、野宿をしているという。無茶だ!おてんばだ!


    その後、無事にご帰還されたようであるが、わたしは瞬間的に祈った。霊線による祈念をしたのである。



    ◎"霊線の感応力"は超人類社会の基本能力である!

    霊線という語があるかどうかは知らない。もしかすると心霊学や秘教に既にあるのかもしれないが・・・。

    神秘学の中で表現しているものの中に、わたしが感得している"霊線"とほぼ同じものがあるかもしれないが、わたしの知る限り聞いたことがない。

    どういうものかというと所謂テレパシー(精神感応)とか祈禱法に関係のあるものであり、土台ともいうべきものが霊線なのである。

    この事実を掴んで体得している人はあまりいないと思う。

    この霊線の土台を使ってJ・Oさんにある種の祈念を行なったわけである。また先般、わたしが御葬儀を執行した時の喪主Iさんにも霊線の感応力によって思念を察知することができた事実もある。

    その他にも此の「霊線の感応力」による実例はあるのです。この教えは画期的なものであり、今後の人類の進化の為の基本的能力の土台になるものだと考えております。

    すなわち超人類社会に生きるヒトに必要な能力の一つだということであります。




    ーーーーーーーーー

    (=◎・<=)/
    宇宙猫はテレパシーあるニャ〜!
    写真の印度人は誰にゃ!ド派手な登場やね〜!!
    J・Oさんって"じゃじゃ馬おてんば"ってことかニャ!?
    ーーーーーーーーー
    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

    同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

    『ウエサク祭』ヒマラヤの奥地での超人集会

    • 2016.05.22 Sunday
    • 00:01

    『ウエサク祭』ヒマラヤの奥地での超人集会





    ヒマラヤ奥地でのウエサク祭の模様

    ◎秘密経典『大マンダラ経』を奉唱す!

    『善にあこがれて、われ多くの神々と人々より幸福なる道を教わりぬ。
      おお、ブッダよ、お教えください!最大の幸福とは何であるのかを。
    愚か者に組せず、賢者にしたがい、尊ぶべき人を尊ぶ。これこそ最大の幸福なり。
    前生において善をなしたる報いによって、楽しき土地に住み、正しき願いに魂を充たす。これこそ最大の幸福なり。
    卓見、教養豊かに、おのれに克ち、心を錬り、悦ばしい言葉を語る。これこそ最大の幸福なり。
    父母を助け、養い、妻子を愛し、平和の使命にしたがう。これこそ最大の幸福なり。
    貧しい者に恵みをあたえ、正義に生き、身内の者を助け、恥じることを為さない。これこそ最大の幸福なり。
    罪を犯さず、強き酒を飲まず、善をなして疲れない。これこそ最大の幸福なり。
    耐え忍んで、他に優しく、穏やかなる心をもち、神仏を語るらし。これこそ最大の幸福なり。
    自制し、純潔にして、四聖諦の知識を得て、ニルヴァーナを実現する。これこそ最大の幸福なり。
    転変の打撃に遭うとも、動ぜず悲しまず、平然として安らかなり。これこそ最大の幸福なり。
    何ごとも不撓不屈にして、何処にゆくとも心安らかなり。これこそ最大の幸福なり。』



    本年5月22日午前0時の満月

    (※京都の鞍馬山でウエサク祭と銘打って毎年5月の満月の日に祭典を挙行しています。今年は5月21日のようです。本物のウエサク祭は、ヒマラヤ奥地で限られた超人と弟子で行われているといいます。)
    ーーーーーーーーー

    (=>!<=)/
    ウエサクでは人類進化の電力がビリビリかぁ〜!
    ああ〜、そうか!ワカッタ!!
    嵐寛寿郎(あらしかんじゅうろう)を拝めってことかニャ〜!?
    (嵐寛寿郎(アラカン)は“鞍馬天狗”がはまり役だったのです!!)


    ーーーーーーーーー
    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

    同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)
     

    アデプトたちの詩【大曼荼羅秘経を唱和する!】

    • 2015.05.21 Thursday
    • 00:00

    アデプトたちの詩

    “大曼荼羅秘経を唱和する!”


    ネパール大地震後ヒマラヤに出現した虹現象!!

    ◎超人アデプトの詩

    アデプトとは超人のことである。

    人類を導いて進化を助けてゆく。それがアデプトの仕事だ。その内容は多岐にわたる。政治・宗教・芸術・科学…。

    我々人間の理解を越えている。だからこそ超人(アデプト)なのである。

    アデプトたちが或る祭儀で唱和する秘経が存在する。人類の為に秘経の詩句をもって祈ってくださるのである。



    ◎大曼荼羅秘経

    『善にあこがれて、われ多くの神々と人々より幸福なる道を教わりぬ。
      おお、ブッダよ、お教えください!最大の幸福とは何であるのかを。

    愚か者に組せず、賢者にしたがい、尊ぶべき人を尊ぶ。これこそ最大の幸福なり。

    前生において善をなしたる報いによって、楽しき土地に住み、正しき願いに魂を充たす。これこそ最大の幸福なり。

    卓見、教養豊かに、おのれに克ち、心を錬り、悦ばしい言葉を語る。これこそ最大の幸福なり。

    父母を助け、養い、妻子を愛し、平和の使命にしたがう。これこそ最大の幸福なり。

    貧しい者に恵みをあたえ、正義に生き、身内の者を助け、恥じることを為さない。これこそ最大の幸福なり。

    罪を犯さず、強き酒を飲まず、善をなして疲れない。これこそ最大の幸福なり。

    耐え忍んで、他に優しく、穏やかなる心をもち、神仏を語るらし。これこそ最大の幸福なり。

    自制し、純潔にして、四聖諦の知識を得て、ニルヴァーナを実現する。これこそ最大の幸福なり。

    転変の打撃に遭うとも、動ぜず悲しまず、平然として安らかなり。これこそ最大の幸福なり。

    何ごとも不撓不屈にして、何処にゆくとも心安らかなり。これこそ最大の幸福なり。』



    幻のローラン王国の砂漠

    いつの日にか貴方と本当の密教(秘教)について語り合いたいものです。同じ流れに入った者として。この地球上は霊的な振動で満たされています。当然、宇宙もです。振動・波動を受け取るのは、つまるところ自分自身でしかありません。知識は力であり、方向を決めます。必要なのですが、決定力の決め手は、そういうものではなく振動なのです。わかりますか?このことが・・・。

     おまい、早よベトナム珈琲ご馳走しろよ 無視しているからペナルティとして武蔵小山のインド人のつくるカレーをおごれや!  

    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
    同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。


     

    シャンバラ【ウエサク祭と平和の母の像】

    • 2015.05.06 Wednesday
    • 12:00

    シャンバラ【ウエサク祭と平和の母の像】


    伝説のシャングリラ王国(タンカ)

    ◎ウエサク祭の祈り

    2015年5月3日は満月、ウエサク祭(ウェーサーカ祭)でした。

    この日は霊的指導者たちが伝説の都市、聖地シャングリラ(シャンバラ)で一堂に会し静謐なる祈りをするという。

    彼らは人類を見守り導いていると言われています。

    実はこの祭りの名を冠した祭儀は様々な国で行われているのです!


    ウェーサーカ祭(ウエサク祭)は、カンボジア、インド、バングラディシュ、ネパール、タイ、ベトナム、インドネシア、スリランカ、マレーシア、中国、チベット、ラオス、その他で行われており、名称や祭儀の仕方などはそれぞれ異なっている。

    日本などの北伝仏教系(大乗仏教)では、お釈迦様の誕生日“灌仏会”という名で催される。

    聖なるシャンバラで行なわれるウエサク祭は、普通の灌仏会(花まつり)とは意義や内容が違います。

    わたしもウエサクの深夜は、心静かに“人類の未来の安穏と幸福”を祈りました。



    ◎平和の母の像


    上の作品は、モザンビーク(アフリカ)のフェル・ドス・サントス氏の“銃アート”。

    平和の母の像である。

    この作品は、大英博物館展で展示されている。

    なぜか、ウエサク祭の祈りとこの母の像が重なる。不思議だが揺らぐことのない確信がある。

    銃のアートの説明は下記のブログに書いてある。

    猫のひとりごと
    http://neko-blog.cocolog-nifty.com/nekologue/2013/10/post-e8da.html

    ーーーーーーーーー
    日本赤十字

    1.受付期間

    平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

    2.ご協力方法

    (1)ゆうちょ銀行・郵便局

    口座番号 00110-2-5606

    口座名義 日本赤十字社

    • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

    ーーーーーーーーー

    塩川の最後の秘密。この秘密は歴史だとか土着とか外来とか超越したものです。もしわたしの口からそれを聞けたら幸運だと思います。僭越ですが、この世で塩川の大滝の真の秘密を語れるのはわたしだけです。アドバイスを受けれて、詳しい説明・解説を受けれたら幸運以外の何ものでもありません。こうやって語るのは自慢高慢、自画自賛のためではありません。言わないと誰も何も分からないからです。言わないことは簡単ですが、もしかすると一人や二人は分かる人がいるかもしれない。ただそれだけのことで、こうして記事を書いているのです。

    マンガ『男塾』伊達VS羅刹「・・破砕したのだからな」
     あっ出た!羅刹のセリフ「・・破砕したのだからな」が・・!? おまいそのシャンバラとかいう所につれていけ! ジャングリ何とかいう所に行って自分だけ美味いもの食おうっていうんじゃないだろうね〜 トンガリに美味い刀削麺ご馳走するのだじょー!! 「・・ご馳走したのだからな」と言ってみい!

    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
    同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM