秘数7講座(最終回30)【楽しく終了!七夕の集い】

  • 2015.07.06 Monday
  • 10:00

秘数7講座(最終回30)

【楽しく終了!七夕の集い】



◎7月5日(日)七夕の集い

5日(日曜)『七夕の集い』を行なった、少人数ではあるがたのしい集いにするという思いは実現できたものと思う。

昼食は玄米食を皆でいただいた。玄米ははじめてという方もいたようだが、よく噛みしめておられたと思う。

先のブログ記事でわたしは“宗教の真髄は食法にあり”と申し上げた。その意味が真に分かるのは、個人個人において差異があると思う。

秘教的なこともお話したのであるが、その内容の受け取り方も個々で違いがある。これは当然のことで、はじめて会った方もいれば、かなり以前から周知の方々もいるが、総じて言えば、毎日集団で生活したり、修行生活をしているわけではないから、統一した見解とか見所が出てくるわけがない。

まあ、それでよいのだ。たのしくやるのが趣旨だから。あえて言えば“大人のあそび”なのである。

だから次回があるのかないのか全く分からないし、まったくの未定なのである。



◎クローズの集会ということ

たとえばクローズの集会というものは考えている。やはり治療師なので治療をしている者やわたしと修行しているものを対象とする集いは今後ある可能性が大だと思う。

なつかしい顔もあって、なんとなく家族のようであり、縁(えにし)というものを感じた。



◎お話した密教的内容

講座でお話した内容は、一般的なものではないが、けっして秘伝でもない。ほんとうの秘伝はもっともっと奥にあり、これはある種の秘伝を行なっている者でないと分からない。

昔から伝わる秘伝というものがあるけれども、大体は役に立たない。今現在に役にたつもの、これが本当の秘伝なのである。

今回の講座で実際的に一番大きなことは、七夕の願掛けをやったということ、玄米を皆で食したこの2点である。



◎七夕の祈り

七夕飾りからは、非常に大きな心の力が発せられている。

皆さんにお話していて、それぞれの理解とか体の変化・気の変化、そういったものが手に取るように分かりました。また、ある種のオーラのようなものを終始見ていました。

ですから誰がどのように理解しているかは、一目瞭然であり、統合された状態(本質)に入るには、まだ先だという厳然たる事実があった。ですが同じく食法(じきほう)を行ない勉強したので、参加者の深い部分に統合された状態(本質)が入っているというのは間違いないことだと思う。

秘教的世界では本質に入っているということが唯一の切符なのである。



◎七夕祭

今年の七夕はまさに今日明日です。旧暦うんぬん言う方もいますが、太陽暦でも太陰暦でもどちらでも七夕をやればいいのです。何の限界もありません。

大切なことは、先生は自分の中にいるということです。

この先、一年二年十年とずうーと先まで、皆さんが自分の足で、自分の考えで、生活してゆかれることを望んでやみません。わたくしの七夕の祈りはそういうものです。

秘数7講座もこうして満願をむかえました。幸多きことを、健康であることを願って止みません。

それではサヨナラ サヨナラ サヨナラ♪
サヨナラ サヨナラ サヨナラ♪サヨナラ♪
(7回)
ありがとう ありがとう ありがとう♪
(3回)



無事に七夕の集いもおわりました。貴重な日曜日の時間を使って集っていただきました。たのしくまっすぐに健康で生きてゆく、かくありたいものですね。七夕は人間の可能性そういうものを確認する行事でもあるわけです。
 やっぱおまい、玄米食をみんなにおしつけたにゃ〜! 予測できたがほんとうにやるとは、さすがにおせっかい大王だにゃ! トンガリはめんどくせぇことは大嫌い なぜならそれは猫だから猫なので!! 
ーーーーーーーーー
ネパール地震義援金

日本赤十字

1.受付期間

平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

2.ご協力方法

(1)ゆうちょ銀行・郵便局

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

秘数7講座(29)【七夕祭における食法の実践!】

  • 2015.07.04 Saturday
  • 00:00

秘数7講座(29)

【七夕祭における食法の実践!】

◎“食法”のこと

真言密教では“食事作法”をば「じきじさほう」と言う。

食事の作法や食に対する感謝のない宗教はない。なぜなら、生きてゆくためには食事が必要であり、この世に生まれた人間で食事をしたことのない人間は誰一人いないのである。

他の生き物の命を食べるのが食事であり、それがたとえ菜食であっても何かを犠牲にして食としているのだ。

他者に感謝をする、愛する、慈しむ、そのことと食を摂ることは矛盾している。その矛盾を変換する為に“食法”がある。

食法とかいて「じきほう」と読む。



◎宗教の真髄は“食法”にあり

正しい食事をしてゆくことで、正しい信仰を得、正しい安心(あんじん)に身をおく。

宗教の真髄は“食法”である。このことは詳しく説明することができる。

もしあなたがわたしからその話を聞いたら、まさに驚天動地、驚きを禁じ得ないであろう。



◎七夕の集いで実践する!

せっかくなので、七夕の集いで玄米食を中心とした食法を実践してみようと思う。

第一部では、密教的知識の伝授、密教的な治療・整体を学ぶ。第二部の“食法”では玄米ご飯を食する。第三部は秘数七講座(特別講座)、七夕の仕方、七夕の祈祷実践をおこなう。

参加者は、リラックスしつつも、真剣に学んでいただきたいと思う。主催者として楽しく楽ちんで、ためになる集会となれば、これに過ぎる喜びはない。

さて当ブログの秘数7講座も大詰めだ!残すところ最終話(30)のみである。

秘数7講座と言っても核心の部分は何一つ書いていない。これがブログの限界ということである。

さりながら“これでおしまい”というのは、何だか哀しい感じがするものである。それはまだ先があるという若さゆえに生じる高慢なる思いからくるものなのかもしれない。
ーーーーーーーーー
◎七夕の集い

平成27年7月5日(日)
仝畫娃隠亜В械阿ら正午  【密教霊学講座・整体法講座】
※秘教的なお話、秘教的な触手療法の話と実習、その他

昼食 正午から昼食(玄米ご飯、たくあん、梅干し等、食法の実践)
※昼食は用意します。素食ですが味わい深いものです
※食前秘詞、五観ノ偈を唱えます
※その後休憩

8畍紕院В娃阿ら3:00【七夕の集い“秘数7講座”】
※七夕の話、秘数7講座、七夕の祈祷を行なう、その他

参加費3000円(※午前・午後分けての参加はできません)
資格は問いません
節度ある接し方を希望します
(※主催者に立ち話や講座以外の話はしないようにお願いします)


メタボにならない為の“7つの習慣”というものが、昨日ネットニュースに掲載されてましたね。わたしからすればポイントは2つ。/Χ箸發靴は職場を変えること、玄米食を行なうこと。この2つをやれば、メタボに伴う、将来来るであろう病気の地獄から逃れることができ、心身は天国に入れる。それができないでメタボ因子の生活習慣を続ければ、まさにお陀仏である。
 トンガリ宇宙猫は“快楽食”がいいにゃ〜 えっ!なんですかっ!快楽食って何だってぇ〜!? そりゃあなた、白のつくもの、外人の食べるものでしょー! 
ーーーーーーーーー
ネパール地震義援金

日本赤十字

1.受付期間

平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

2.ご協力方法

(1)ゆうちょ銀行・郵便局

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

秘数7講座(28)【夢を持て!七夕は年齢を越えるものだ!】

  • 2015.07.01 Wednesday
  • 00:00

秘数7講座(28)

【夢を持て!七夕は年齢を越えるものだ!】

◎夢を持て!

さあ、いよいよ7月になりました!今年も半分お終いです。

人間、夢を持つことが大切です。

愛、感謝、夢は時間と空間・物質を越えるのです。

願うこと、希望、殊には精神的・霊的なことを探求するには、より純粋でなければならない。

すぐに金銭・立場・名誉などを得ようとする。すなわち本は世俗の“欲”です。精神の探求の前にあって名誉欲、金銭欲、事業欲など欲望はクソくらえだ!大切なのは“離欲”です。

夢を持つことは、人生を楽しいものにする秘訣です。しかし、安易な欲望は夢を台無しにするものなのです。

自分の意地とか、エゴとか、立場とか、儲けとか、そんなものはどうでもいいじゃないですか!

大切なのは、(教えを)奪うことではなく、虚心坦懐、ピュアなことですよ。



◎七夕の祈りは年齢を越える!

七夕に精神の探求の進捗を祈ってみなさい。これを3年〜5年やってごらんなさい。凄いことになりますよ。

わたしのような者でも、その方法で密教(秘教)の奥義に到達したのです。認識ということに於いてですが、ここまで熟知している者は稀です。自分でいうのも何ですが、本当にそういうところまできております。

それはわたしが七夕で願ってきたからです。

七夕は年齢や立場を越えています。若いとか何とか関係なく、年配者の方もけっしてあきらめないで大きく夢・願いを持ち、まっすぐに願ってください。



◎玄米正食にせよ!

あたなが道を求めるのならば、玄米正食にしなさい。

しかし、胃腸の虚弱な者はいきなり玄米食はよくないかもしれない。そういう場合は、麦飯からはじめて⇒玄米おもゆ+黒パン⇒玄米お粥⇒玄米正食と移行してゆくように実践すればよい。1ヶ月位かけて行なう。健常者はいきなりでかまわない。

また、ビタミンCが必要なのでたくあんや野菜が必要である。

砂糖はとにかくダメ。

この正食法をやれば精神・身体がその如くなる。8号食の断食に向かう。だが、8号食断食は食を断つのではない。別の何かを養いとして吸収するところの方法だということである。



◎秘数7の秘密を体得せよ!

平成二十七年七月の七夕の集いで“秘数7”の秘密を学び、それを活用する。

七夕では“祈祷” “祈り” “願掛け”これを実践する。

一度の講座ですべてを知ることはできまいが端緒をつかむようにしていただきたいと思っている。


ーーーーーーーーー
◎募集要項 七夕の集い

平成27年7月5日(日)
仝畫娃隠亜В械阿ら正午  【密教霊学講座・整体法講座】
※秘教的なお話、秘教的な触手療法の話と実習、その他

午後1:00から3:00【七夕の集い“秘数7講座”】
※七夕の話、秘数7講座、七夕の祈祷を行なう、その他

◎参加希望者は『川島整体 講座事務局』までメールのこと

kawashima.seitai@gmail.com まで

※申し込み締め切り 7月3日(金)


参加費3000円(※午前・午後分けての参加はできません)
資格は問いません
節度ある接し方を希望します
(※主催者に立ち話や講座以外の話はしないようにお願いします)


今回は秘数7の秘密の一端を明かそう。受講費用の3000円に交通費・時間など全部足して、そのほか労力など加味しても、安いものだと思います。まさしく出血大サービス、激安です。ようするに金銭じゃあないのですよ。
 トンガリも7秘数の秘密つかむじょー!! 
ーーーーーーーーー
ネパール地震義援金

日本赤十字

1.受付期間

平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

2.ご協力方法

(1)ゆうちょ銀行・郵便局

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

秘数7講座(27)【根津七軒町と七生ノ舞の物語】

  • 2015.06.30 Tuesday
  • 00:00

秘数7講座(27)

【根津七軒町と七生ノ舞の物語】

◎仙童寅吉さまと根津七軒町の長屋



仙童寅吉さま(高山嘉津間)

日本の霊学、神秘学を研究したら必ず出てくる名前が“仙童寅吉”である。

寅吉は上野の黒門付近ににあった五条天神社で一人の薬売りの老翁に遇う。その怪翁に導かれて、やがて仙童と言われるようになる。その寅吉のことを国学者・平田篤胤大人が聞きつけ、自分のところに呼び寄せて寄寓させた。

この寅吉の※住まいが、根津七軒町にあった。不忍の池近く、池之端二丁目付近だ。
(※七軒長屋)

台東区立忍岡小学校(忍小通り指呼)あたりということになるが、寅吉がかつて住んでいた、その近辺でわたしは奇しき出来事に遭遇した。


◎唯脳論の養老博士と或る税理士

わたしは指圧療法を業としている。いままで様々な出会いがあったわけだが、著名な脳学者の養老博士のお宅に治療に行っていた。そこで様々なお話を伺った。

コンピューターに心を持たせることが可能だという話しや、当時出版されていた(養老先生の著書)本に対する質疑応答など、仕事で行ったのに色々な事を勉強させていただいた。頭の良い人は、何でも理論・理屈にしてしまうから、実にすごいものだと感心した。

折しも丁度その時に、むかしの根津七軒町、忍岡小学校で養老先生の講演があった。わたしは友人とその講演会に行ったのだが、講演が終わって、会場の裏あたりの路を同行した知人と歩いていると、むかし知り合いだった税理士と遭遇した。その方は、片麻痺になりリハビリの為に歩いていたようである。本当に不思議だった。

脳についてのお話を聞いた直後に、(むかしの知り合いが)脳血管障害の後遺症と思われる底でリハビリの為に歩いている。寅吉の仙界物語だって脳科学から研究したら云々というのが、いま世の中のあり方の一つだと思う。

異界の教え(秘教)と脳科学・脳医学、全然違う分野のものなのだが、どこかで繋がっているように思うのだ。

仙童寅吉の仙界出入りの実記録、これは後世『仙境異聞(せんきょういぶん)』と云われるものである。



霊学者・本田親徳大人の示した五十音の秘図

◎七生の舞のこと

『仙境異聞』に“七生の舞の記”というものがある。

仙界には“七生の舞”という特別の舞があると明記されている。

こうある『・・・この舞楽は天神地祇の大きに歓びたまう楽にて此れ行ふ時は感応あり』と。

規則は、舞人は五十音に合わせて五十人なり。楽人二十四人で、合計で74人。

五十人の人々、五十音を悉く唱ふるなり。

五十人のうちの一人がリーダーで、あとの49人が自分のパートをこなしてゆく。ここにも秘数7が散見される。

ーーーーーーーーー

◎募集要項 七夕の集い

平成27年7月5日(日)
仝畫娃隠亜В械阿ら正午  【密教霊学講座・整体法講座】
※秘教的なお話、秘教的な触手療法の話と実習、その他

午後1:00から3:00【七夕の集い“秘数7講座”】
※七夕の話、秘数7講座、七夕の祈祷を行なう、その他

◎参加希望者は『川島整体 講座事務局』までメールのこと

kawashima.seitai@gmail.com まで

※申し込み締め切り 7月3日(金)


参加費3000円(※午前・午後分けての参加はできません)
資格は問いません
節度ある接し方を希望します
(※主催者に立ち話や講座以外の話はしないようにお願いします)


まったく不思議な話ですね!
 七生ってさぁ〜〜! ビール(ルビー)の名前みたいだにゃ〜!! 
ーーーーーーーーー
ネパール地震義援金

日本赤十字

1.受付期間

平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

2.ご協力方法

(1)ゆうちょ銀行・郵便局

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

秘数7講座(26)【七夕の集い開催決定!】

  • 2015.06.29 Monday
  • 11:00

秘数7講座(26)

【七夕の集い開催決定!】

◎7月5日(日曜)『七夕の集い』を開催する!

下記の日程・内容で集会&講座を行なうことに致します。
締め切りは7月3日(金)
目黒洗足の川島整体で行います。

ーーーーーーーーー
◎募集要項 七夕の集い

平成27年7月5日(日)
仝畫娃隠亜В械阿ら正午  【密教霊学講座・整体法講座】
※秘教的なお話、秘教的な触手療法の話と実習、その他

午後1:00から3:00【七夕の集い“秘数7講座”】
※七夕の話、秘数7講座、七夕の祈祷を行なう、その他

◎参加希望者は『川島整体 講座事務局』までメールのこと

kawashima.seitai@gmail.com まで

※申し込み締め切り 7月3日(金)


(会場)東急目黒線・洗足駅下車  川島整体(徒歩2分)
参加費3000円(※午前・午後分けての参加はできません)
資格は問いません
節度ある接し方を希望します
(※主催者に立ち話や講座以外の話はしないようにお願いします)


久しぶりの講座開催です! みなさん楽しんで気楽にご参加ください。楽に楽に遊ぶように楽しくやってください!!

 七夕の願いごとをたくさん掛けますよー! 
ーーーーーーーーー
ネパール地震義援金

日本赤十字

1.受付期間

平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

2.ご協力方法

(1)ゆうちょ銀行・郵便局

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

秘数7講座(25)【名著『7つの習慣』を紐解く!】

  • 2015.06.28 Sunday
  • 00:00

秘数7講座(25)

【名著『7つの習慣』を紐解く!】



◎スティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣』

言わずと知れた超ベストセラーです。全世界で1000万部以上売り上げたという。お化けセラーです。

新版やマンガ版も出ているようで、また「ビッグツリー」の著者・佐々木常夫さんの解説本も出版されている。

成功法則、『成功には原則があった』というのがキャッチフレーズです。




第1の習慣から第3の習慣は「私的成功」に関わる習慣であり、第4の習慣から第6の習慣は「公的成功」に関わっている。

第7の習慣は「自己再新再生」の原則であり、それは4つの側面でなされる。4つとは、人間の能力であり「肉体・知性・精神・社会情緒」である。

第1から第7の習慣の詳しい説明はご自分で書籍にあたってほしい。





◎なぜ「7つの習慣」なのか?

不思議なもので秘数7講座ということで、7月7日の七夕まで書き続けていると、不思議な巡り合わせが起きてくる。

Aさんという、その昔NHKにも出演していた年配の女性が来院され(ご夫婦で来られる)、話の中で佐々木常夫さんのことが話題に上がった。佐々木さんは東レの経営陣にも連なった方であり、ご母堂様は大変な愛情とご苦労により子供を育てられた。佐々木さんも大変ご苦労しながら会社勤めをし出世された。

Aさんは、佐々木さんが立派な方であるというお話をしたのだが、わたしは佐々木さんの書いた著書に、スティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣』についての解説書があることに注目した。秘数7講座を書き進めている中なので、原書である『7つの習慣』をあらためて読んでみた。

するとすぐに或ることに気がついた!



◎『7つの習慣』の下敷きは秘教に源泉があった!!

7つの習慣のなかで、はじめの3つを「私的成功」に結びつけていることに、注目してもらいたい。第4の習慣からは「公的成功」であり、第3と第4では、そこに断層があるのだ!

これこそが秘教の教えとの共通項であり、人間の進化はすべて同じ原則で行われる。

この書をビジネス書として捉えて実践しても、それはそれで効果的であると思う。しかし、この7つの習慣は、そのまま7段階の進化であり、人間が私的存在から公的存在へと変換してゆく道筋を表している。

実際このことは詳しく解説することができる。だが今のわたしには、このことを伝えるのに誤解を招く恐れがあるということと、あまりにも尊いものなのでブログなどで詳細を述べるつもりはない。

述べていたら一冊の本になってしまう。

名著『7つの習慣』の下敷きは秘教に源泉があった! このことだけは、はっきりお伝えする。

ではなぜ、スティーブン・R・コヴィー氏はそのようなものを書くことができたのであろう?

あなたには、あなたの力でそれを発見してもらいたいと思う。

ーーーーーーーーー
◎募集要項 七夕の集い

平成27年7月5日(日)
仝畫娃隠亜В械阿ら正午  【密教霊学講座・整体法講座】
※秘教的なお話、秘教的な触手療法の話と実習、その他

午後1:00から3:00【七夕の集い“秘数7講座”】
※七夕の話、秘数7講座、七夕の祈祷を行なう、その他

◎参加希望者は『川島整体 講座事務局』までメールのこと

kawashima.seitai@gmail.com まで

参加費3000円(※午前・午後分けての参加はできません)
資格は問いません
節度ある接し方を希望します
(※主催者に立ち話や講座以外の話はしないようにお願いします)


『7つの習慣』の発達段階がどうして秘教と重なってしまうのか?あなたはすでにその命題をわたしから受け取りました。真の理解を!わたしは貴方の「魂の成長」に期待しております。
 七夕の秘数講座、楽しみだにゃ〜!! 
ーーーーーーーーー
ネパール地震義援金

日本赤十字

1.受付期間

平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

2.ご協力方法

(1)ゆうちょ銀行・郵便局

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

秘数7講座(24)【深秘な教え 神人・松下松蔵大先聖】

  • 2015.06.27 Saturday
  • 00:00

秘数7講座(24)

深秘な教え

【長洲の生き神様・神人 松下松蔵 大先聖】




長洲の生き神様・松下松蔵神人


◎神人・松下松蔵大先聖の教え

松下松蔵神人の教えは「孝・崇祖・忠君・敬神」の『四大道』である。

これは実に深遠な教えだ。至誠、神に通ずるというけれども、秘教的な見地から考えても正しいものであり、これは日本に於いての秘教の土台となるものである。

その形が「食」になれば、稲作、玄米正食に通じるし、成僊・成仏にまで及ぶ。

生き神様・松下松蔵神人の教えについて書かれたものは少ない。わたしの手元にあるものは貴重なものであるが、知る限りでは7冊だけ所在が分かっている。国会図書館にすら所蔵されていない。そのうちの2冊はわたしが所蔵しているので、1冊は国会図書館に、1冊は後継者に渡したいと思っている。



昭和初期に書かれた霊書


◎7冊だけ現存する貴重な霊書

この霊書には、非常に怪異なことが書かれている。

例えば、“霊魂の交換”ということを松下大先聖は平気でおやりになったという。

諸人の眼前で、二人の人間の霊魂を交換してしまい、人間の根本は霊魂だということを立証していたという。これは催眠術的なものではなく、造化神の霊力によるもので、本当に簡単にやっていたという。


病気治しに関しても、神棚の御前に座らせて「うんうん」「よかよか」というだけで重篤な病気も治癒していたという。

また、各種霊魂の詳説や「因縁もん」のお話もある。非常に興味のあるところだが、ここでは述べない。

松下翁のお宅に行くには、田舎の駅からバスで行くわけだが、バスの行き先表示が“神様ゆき”となっていたという。

松下神人に降りていた神の御神名も明らかになっている。造化の神である。これは究めて稀であり、日本が日米開戦に突入するにあたり、後の世の為に降臨(ごうりん)されたものと拝察する。



◎秘教的な観点から謎を解く!

わたしは秘境的な見地から松下松蔵神人の「病気治癒」の秘密を解き明かしている。

当然だがこの治癒能力は誰でもが持てるようなものではない。非常に特別なものである。

だが、そこには我々凡夫にも非常に参考になる、「病気治しの原理(玄理)」が含まれているのである。




神世七代(かみのよななよ)のご神名(本来の系図)
(※真の系図はこれでは不完全なのだ!)


◎古今無双の造化神の秘説

これは秘説ではなく、造化の真相というべきものだ。

真の創造の神の消息について、松下神人はご神名等の真実を、宮地師僊はその所在を明記しておられる。このことは古今東西の秘教の説と完全なる一致を果たしている。

これらの説を統合してはじめて真の未来宗教、精神科学の土台が現れるのである。

この秘説は我が胸中の裡だけにあり。之を世に出すことがわたしの使命の一つだと思っている。

病気治癒の秘密と共に、この深遠なる教えをわたしは後世に遺す。

ーーーーーーーーー
◎募集要項 七夕の集い

平成27年7月5日(日)
仝畫娃隠亜В械阿ら正午  【密教霊学講座・整体法講座】
※秘教的なお話、秘教的な触手療法の話と実習、その他

午後1:00から3:00【七夕の集い“秘数7講座”】
※七夕の話、秘数7講座、七夕の祈祷を行なう、その他

◎参加希望者は『川島整体 講座事務局』までメールのこと

kawashima.seitai@gmail.com まで

参加費3000円(※午前・午後分けての参加はできません)
資格は問いません
節度ある接し方を希望します
(※主催者に立ち話や講座以外の話はしないようにお願いします)


自分のミコト(使命)であって自分のものではない。それが真の使命(みこと)です。

おかあさん(Sさん)が毎日“ミロミロちゃん出てきて〜”っていうから、庭の石垣のところに再登場しました!! かわしませんせ、わたちのこと見たよね〜!
 わかった! 写真と同じすがたで出現したんじゃろ!! トンガリの使命(みこと)は“ニセ7号食”やってさぁ〜 たのしくワイワイやって図形の秘密知ることにゃ それでプレアデスに帰還するにゃり
ーーーーーーーーー
ネパール地震義援金

日本赤十字

1.受付期間

平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

2.ご協力方法

(1)ゆうちょ銀行・郵便局

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

七夕の集い【7月5日(日)に催行予定!】秘数7講座(23)

  • 2015.06.26 Friday
  • 00:00

秘数7講座(23)

七夕の集い【7月5日(日)に“秘数7講座”催行予定!】


◎七夕の集い!秘数7講座

予定は未定であります。

しかしながら、今年は7月5日(日曜)に洗足にて久々の講座を行ないたいと思います。

但し、本日より6月28日(日)までの間に、催行予定の人数が集まらなければ、七夕の集い・秘数7講座は催行いたしません。

6月28日(日)終日までの申し込み状況をもって判断し、相応のご連絡をさせていただきます。

催行の有無やお知らせ事項などは、個々にメールにて、あるいは本ブログにてお知らせいたします。



◎募集要項

七夕の集い

平成27年7月5日(日)
仝畫娃隠亜В械阿ら正午  【密教霊学講座・整体法講座】
※秘教的なお話、秘教的な触手療法の話と実習、その他

午後1:00から3:00【七夕の集い“秘数7講座”】
※七夕の話、秘数7講座、七夕の祈祷を行なう、その他

◎参加希望者は『川島整体 講座事務局』までメールのこと

kawashima.seitai@gmail.com まで

参加費3000円(※午前・午後分けての参加はできません)
資格は問いません
節度ある接し方を希望します
(※主催者に立ち話や講座以外の話はしないようにお願いします)


今回の講座は久しぶりのものですが、皆様の道にとりまして、裨益するところ大の集いにしたいと思っております。
ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

秘数7講座(22)【神集嶽・判鑑符七種の玄秘】

  • 2015.06.25 Thursday
  • 00:00

秘数7講座(22)

【神集嶽・判鑑符七種の玄秘】



◎玄霧に閉ざされし神集嶽神界

日本の生んだ大神僊・宮地水位大霊寿神、霊学・霊術を探求してこの名前に突き当たらない者はまずいない。

古今無双、前人未到の領域まで到達した方、そのお方が宮地水位師僊です。中和、再来とも号す。

何が嚆矢なのかと言えば、神集嶽神界・萬霊神界という神界組織を詳しく書き残した事であろう。

しかし日本には、宮地師僊以外にも、匹敵する聖者が多数おられる。その幾人かのお名前を挙げれば、大辻鉱蔵先聖、神人・松下松蔵先聖、国安普明僊人などである。

これらに方々は、世人の知らぬ神界の秘密を示されておられる。もし行人、それら神人たちの説く教えを知ることができたのなら、道福備わり、幸多き人ということができよう。



◎神集岳に至るには

そう簡単にこの神界(神集嶽)にはゆけない。そうとうなご縁(えにし)と修道・徳行の積み重ねがないと到達できないものと思う。

実は死後にわたしがゆくのは、この神集岳ではない。それとは違う霊界であり、すでにその消息も分かっているので、いまさら神集岳でもないのだが、秘数7講座なのでこれを取り上げたのである。

宮地師僊は次のように表記されている。

『・・・神集岳の形状を拝せんとするには、先づ大空に登り西北の方に降る。凡そ二時間許りにして着す。神集岳乾の方の海岸に楼門あり。見麗門と云ふ。又五化門と云ふ。此門を入りて道巾八間左右小松原なり。道程九里にして門あり。旧名宝龍門といふ。今六元門といふ門内に至れば警官数多出張して判鑑符を検査す。・・・』

文中に“警官数多出張して判鑑符を検査す”とある。この判鑑符には、7種あるのである。

すなわち判鑑符七種である。



◎なぜ7種類の秘符なのか?

神集嶽神図という秘図(秘密の神界地図)があり、この秘図に神界の中央にゆくルートが描かれているのである。

そしてその秘図には七つの関門(関所)が明示されており、そこで先ほど言うた“判鑑符七種”のいちいちを提出し検査を受けるのである。怪しい輩は、警察官(退妖官)に捕えられて、退妖館に送られて下界に追放される。

この秘符は自分で書いて、五岳真図の気線を被らないといけない。

条件を整えるのは、ほとんど不可能です。

ですから宮地師僊の教えはやらないのが妥当です。おやりになりたい方は、個人的な信仰をしたらよいでしょう。神集嶽神界、萬霊嶽神界、此の消息を信じて、さらに大司命神の神々、例えば五王神を信仰するなどです。すなわち少名彦神、大国主神、須勢理姫神、事代主神、大山積神です。

あとは手箱神山(筒上山)に如法に参詣することです。

ほんとうに行きたかったら一緒に行ってあげます。
各所の参拝・作法があり、「水霊総官海龍王之代命」についての口伝があるわけです。
同行する為に、状況を整えてくださればの話ですが・・・。
大瀧霊境にも巡礼しないで、宮地神仙道も何もないわけですよ。

もっと詳しく知りたい方は、ご自分で存分に研究してみてください。


わたし個人としては最高位の神人は松下松蔵先聖だと思います。その教えの骨子が親孝行であることもその理由の一つですが、何と言っても造化三神についての実相を人類史上はじめて明かしていることです。わたしは秘数7の識別によって唯一人真相を知り得る者になったのです。
 Sさんのところの庭の石垣にミロミロが出現したらしいじょ〜 やはりミロミロは宇宙猫だったねぇ〜
ーーーーーーーーー
ネパール地震義援金

日本赤十字

1.受付期間

平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

2.ご協力方法

(1)ゆうちょ銀行・郵便局

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

秘数7講座(21)【自分で作る7つの食物】

  • 2015.06.24 Wednesday
  • 00:00

秘数7講座(21)

【自分で作る7つの食物】

◎自分で食べ物を作ることの意味

いまわたしたちの食物は大きな流通のなかで調達しています。例えば無農薬野菜というものに拘泥する人がいますが、その無農薬というもの、すべてが真実でしょうか?

実際、農協などの取り決めもあって、何日か前に農薬を散布をやめれば、それは無農薬として認められるのです。

では、土の栄養はどうでしょうか?堆肥の問題です。

その次に来るのが添加物の問題です。商品化する時にいろいろなものを添加するでしょう。

例として“たくあん”を挙げましょう。スーパーで販売しているものは全滅です。まったくの自然のものは無いのです。なぜ、わたしは“たくあん”を例に挙げたのかといいますと、玄米正食をやっていますと、自然のむかしの“たくあん”が欲しくなるからなのです。

自然の手作りたくあんとして販売している大根はどうやって作ったのでしょう?そのように考えると自分で作るしかないことに気づきます。

そこでわたしは7品目を自分で作ってみることにしました。



◎自分で作る7つの食べ物

 

 

  



梅干し、ゆかり(ふりかけ)、さといも、玄米、らっきょうの以上5品目は着手をしています。

たくあん、味噌の2品目は手配をしつつあるものです。

合計7品目ですが、今後は自分の手で作れるものは作ってゆこうと思っています。
例えば、ぬかどこ、チーズ等々です。



◎絶望的な事実

食品に関して絶望的な事実の一つに“塩”の問題があります。

食品に詳しい薬剤師さんの方から聞いた話では、完全に安全な自然の塩は世界で3カ所しか採れないそうです。

そのうちの1カ所で採れた貴重な塩をいただきましたが、確かに違う味がします。

最悪なのは食塩です。あれは塩ではありません。何を作るにも塩が必要なわけですが、その基本がすでにダメになっているのです。

わたしは初めにチーズを調べてみたのです。スーパーや食品店にゆきました。手当たり次第チーズの成分表を調査すると、全てのチーズの成分に食塩が入っていました。

スーパーなどの流通に出回るチーズには、塩ではなく食塩が入っており、つまり食塩を使うよりほかに方法がないのでしょう。

ですから食塩を使っていないチーズを調達したかったら自分で作るしかないのです。

そうなりますと、チーズの原材料の牛乳はどうなのだろうということになります。その牛乳を作っている牧場なりの牛の飼料はどうなっているのだろうと・・。

つまりすべての真実を知ることは不可能になってくるのです。

口に入る、食べ物に関して安全を確認できないのですよ!
みなさんはどう思われますか?

ですから身体の解毒能力や正しい吸収を促すために、先ず玄米正食を実践するということなのです。

できれば7号食を行なうようにする。玄米正食(ごまふりかけはよい)と梅干・たくあんのみで10日間おこなう。その下位の6号食になりますと、7号食に味噌汁が付く。

玄米、梅干し、たくあん、味噌というのは基本的に大切なものなので、これらも自分で作るというわけです。5号食には、さらにおかずが1品つくのです。



◎食べ物が正體をつくる

正體・整体というもは、体の何処かを押したり、気を当てたり、精神療法で暗示を解いたり、寂玄術やったり、そんなことで得られるものではないのですよ。

人間の身体を作っているのは食べ物なのです。その食べ物や食べ方を正さないと正體(整体)や正心は得られません。

野口整体とか、なんたらかんたらでは、食べ物について“正食”の指導はしませんね。健康法なのかと思えば違うといい、思想なのかと問えば“たしなみ”だと屁理屈を言う。開祖と2代目が早死にでは、体のことをいくら説いても説得力がありませんね。
(※初代・野口晴哉先聖、二代目・野口裕介氏(ロイ先生))

秘教的な観点からいえば、嗜み(体育)としても、健康法としても説得力に欠け、あの団体が隆盛することは今後ありません。しかし、そこに内蔵された智慧は貴重なので、志しのある気骨のある人は、外に出て、真剣勝負したらよいと思いますね。
(※隆盛できない理由は“本質”に入っている人物が居ないので無理なのですよ)

正食ということに通じる“医者いらず”の考え方が、今後の潮流になってゆくことでしょう。

,泙箸發丙遒衒をした食べ物を正しく食べる。
∪こΔ領通システムを考えてゆく。
この2つのことは、人類がまともに進化してゆくことの一番の鍵だとわたしは考えております。

それは世界に蔓延している“肥満と飢餓”の問題を解決してゆくということに関わることなのです。このことは戦争・紛争以上に人類の存続に関わる問題だとわたしは思います。


玄米正食で正體(整体)をつくることは、心身を劇的に変えることにつながります。そしてそれは、精神や霊的な飛躍をも可能にするものです。わたしはここに日本の道を発見し、地球・世界に連なる秘教(密教)を創造する鍵を得たと思っております。ある高篤の方が、“川島神学の完成”ということを言ってくださいましたが、そのようなものがあるとすれば、正食が根本になるということです。
 せんせの波動が繊細になり落ち着いていると聞き及んでいるじょ! 輸気も違うものになっていると誰かが言ってたにゃ〜〜 
ーーーーーーーーー
ネパール地震義援金

日本赤十字

1.受付期間

平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

2.ご協力方法

(1)ゆうちょ銀行・郵便局

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM