浅草 鷲神社 酉の市にゆく!

  • 2015.11.30 Monday
  • 10:00

浅草 鷲神社 酉の市にゆく!



  
浅草 鷲神社境内(酉の市 三の酉)の模様


◎浅草 鷲神社 酉の市(三の酉)にゆく!

昨日11月29日は三の酉で、浅草鷲神社(あさくさ おおとりじんじゃ)は大盛況であった!!

毎年すごい人でなのであろうが、今年は不景気のせいか更に盛況であった。



浅草 鷲神社 酉の市で授与される“開運之御守・熊手”

浅草鷲神社は、酉の市発祥の地である。祭神は日本武尊であることは至極当然のことである。

とにかく引き上げられるような力が境内にはあって、陽気をいただく。この空間の氣というものは凄いものである。



◎秘伝の祝詞のギフトを手にする

最近、秘伝の祝詞を手に入れた。この秘伝祝詞を手にした意味は大きい。

その祝詞集を発行した神社、印刷所にも記録が消滅している、そういうしろものなのだ!

この祝詞の普及も考えている。

この祝詞集を得たことと、今回の鷲神社酉の市詣り、平沼の水天さん、この三つの出来事は関連しているという確信が揺らがない。何の確証も無いのに「これは絶対だ!」という確信が、心の中にあるのだ!



◎或る秘所が呼んでいる!

これらに関連して或る秘所(霊地)の神霊への参詣を、わたしの背後にいる指導的存在が促し手配している。

妙な事を言うようだが、それを果たすとトンデモナイパワーが発現する。高度のエネルギーが出てくるのだ!

それはモノを生みだす力なのである。
ーーーーーーーーー
  
(=^・^=)V にゃー!
“八割れ猫”は可愛いにゃー!! 
浅草で道草して、まさか美味いもの食ったんとちゃうんかぁー!! 
ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

(続)神々の饗宴 “神人共食の祭事とガナ・チャクラ・プジャの祈り”

  • 2015.09.02 Wednesday
  • 10:00

(続)神々の饗宴

“神人共食の祭事とガナ・チャクラ・プジャの祈り”

 
 

ネパール大地震の被災者を支援するチャリティーの為に、移動費用も宿泊費もすべて自腹でやってきたカンドロj。

わたしはその心意気と、数ヶ月の活動の一節が完結したことを、皆さんでお祝いするべく神法に沿って「神人共食」の祭事、祝詞奏上を行ないました。

それはチベッタンボウルと祝詞の饗宴、倍音の神事でもありました!

わたしは斎主として日之大神・豊受大神・産土の大神をはじめ八百万の神々に祈りを捧げました。また、功徳の増大、障害の除去、ネパールへの祈りを時間空間を越えて届けるべく、ガナ・チャクラ・プジャ、灯明の祈願(マルメモンラム)などを行ないました。

すべてのものを制限を越えて楽しむ、そのような境地に共食の味わいを“大楽の歓び”に昇華して至る、それがガナ・プジャです。

カンドロ(空行母)jは、すでに旅立ちネパールに向かいました!
吉祥あれ!


ーーーーーーーーー

◎仙人食講座イントロダクション(公開講座)のご案内

(日時)平成27年9月20日(日)10:00〜16:00
(場所)洗足川島整体院
※昼食は合同になります

(内容)
仙人食講座・序章、皮膚病一切奇妙の施術法(その2)、食法伝授、他
※参加希望者は申込みされたし!川島整体まで!詳細は申込者に個別に送ります。
(定員)12名
※現在残りは2席です!

川島整体までメールのこと。
kawashima.seitai@gmail.com

ーーーーーーーーー
懇意にしている治療家であり霊能者であるS先生が、講座でわたしが玄米正食を皆さんと戴くことについて、「先生はそうやって法力を分与している」ということを指摘されました。またS先生は、(川島の)ブログを見て行なう人と先生から直に(共食して)教わる人とでは全然違う、ということを申されました。実際これは卓見です。この教えと力の分与は直でないといけないのです。わたしはすでにチベット密教でいうテルトンのような能力を自認しています。教えを再興したり創始する能力を与えられているのです。ですからS先生の云われたことはまさに“正鵠を得ている”のです!

にゃーぁ!トンガリの猫(=^・^=)バージョンだじょ! ワテが来とらんうちに食文化研究会と化していたのかぁ〜! これでプジャに参加したらお供物と間違われて喰われてしまうかもねー!
ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当
ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

シークレットライブ“カンドロと声明師の饗宴”

  • 2015.07.22 Wednesday
  • 10:00

シークレットライブ

“カンドロと声明師の饗宴”




◎“声明師”ついに始動す!!

わたしの家系的血脈は熊野の神主から来ている。

およそ800年前に熊野の古い神社の家系の者が、武将土屋氏によって招聘され平塚に居住した。わたしはその平塚で生を享けた。平塚のそのあたりの地形は遠い御先祖さまの居られた地形と似ているそうで、熊野の故郷をとても懐かしんだと伝えられている。それがわたしの直系のご先祖の話である。

宿命的に、神社に奉職するとかいうことではなく、生まれた時から“神事・祭祀”をおこなうように定められている、それがわたしという人間である。

このたび不思議なご縁により“神々の饗宴”と題して神事ライブを行なうことになった。

ある広報関係のプロがわたしのことを“声明師”と名付けてくれた。これは的を得た命名だった。





◎シンギングボウルと言霊“神々の饗宴”

チベッタンボウル、シンギングボウルというが、その歴史は相当古い。伝統的には3000年とかいうのだが、実際にはもっと古いものだと思う。




音を使う治療というべきものなのである。本当に癒しができる力量のある人が、本物のボウルで行ったら、人は何かを感じる筈である。

わたしはすごい古い記憶が出てきた。それは古代ギリシャとかエジプトというような時代のものだった。

この日のシークレットライブで使用されたボウルは、宗家より伝承された“800年前”“500年前”のシンギングボウルであり、聖なる法具として、幾多の聖者方が用いたものだったのだ!

数百年も前の人々や高僧が同じ音を聴いて“チャクラに刺激を与えていた”!!
この事実と20日の共演は、まさに饗宴でもあった。

いみじくも7月20日(祝)、チベット暦のお釈迦様の『初転法輪(しょてんぽうりん)』の吉祥日に、カンドロと声明師、シンギングボウルと言霊の音色が融合することとなった!
初転法輪(しょてんぽうりん)とは、お釈迦様すなわち仏陀釈尊が、はじめて佛の教えを説いたとされる吉祥の日。この初転法輪から仏教が始まったのである。)




◎心を異次元に誘う

神秘のボウルの音色と言霊(祝詞、マントラ、真言)は、融合して人々の心を異空間、異次元へと誘う。

この日、音のワークを通して人々は、鎮魂し、意識は宇宙へと飛翔した!


ありゃ!? 職種が変わったのかぁ〜〜! なんでジージョがいるんだよ!?
 ♪チュウチュウ!ボクも神々の饗宴に参加したいなぁ〜!
ーーーーーーーーー
ネパール地震義援金

日本赤十字

1.受付期間

平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

2.ご協力方法

(1)ゆうちょ銀行・郵便局

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当
ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM