クリスマス秘話【ベツレヘムの星とは?】

  • 2016.12.25 Sunday
  • 15:00

 

クリスマス秘話【ベツレヘムの星とは?】

 

 

◎ベツレヘムの星

 

ベツレヘムとはイスラエルの近い土地の名である。約2000年前にキリスト教の祖、イエスが生まれたとされる場所である。実際には其処で生まれたのではないという研究者もいる。というのは、その当時ベツレヘムは人が住めるような所ではなかったというのだ。

 

福音書では以下のように、イエスが生まれたときの様子を描いている。

ーーーーーー

キリストがベツレヘムで誕生した直後、東の国で誰も見たことがない星が西の空に見えた。3人の博士、すなわちカスパール・メルヒオール(メルキオールとも)・バルタザールらは、ユダヤ人の王が生まれた事を知り、その星に向かって旅を始めた。途中でユダヤのヘロデ王に会った3博士は、「ユダヤ人たちの王はどこで生まれたのでしょうか」と尋ねた。ヘロデは、自分にとって代わる王がいるのかと驚き、不安を覚え、3博士にその居所がわかれば教えるように命じる。博士たちは星に導かれてさらにベツレヘムへの道を進み、星が止まった真下に、母マリアに抱かれたイエスを見出して、彼に敬意を払って礼拝し、高価な珍しい贈り物を捧げた。しかし、夢でのお告げにより、ヘロデ王には知らせないまま帰国してしまったのである。後にヘロデは、自分の王座をおびやかす者を排除しようと、ベツレヘムとその周辺の2才以下の男児を皆殺しにしたが、主の天使が夢でヨセフに現れ、この災厄を事前に知ったので、幼な子イエスとその母をつれてエジプトへ脱出して助かった。

ーーーーーー

 

◎東方の三博士が見た星

 

東方から来た三博士(あるいは三賢人)は、輝く不思議な星を追いかけてきた。そしてイエスの生まれた上に留まった。こうして三博士はイエスに贈り物をし邂逅した。この記事で分かることは、この東方の三博士は、ある知識の持ち主であり、あらかじめ星に関する知識や、救い主に関する知識を有していたということである。

 

 

移動する星、そんな星があるのだろうか?

大抵は、流れ星や彗星というだろう。有名な画家ジョットーは、その作品の中で赤い彗星の如き形状で描いている。これはハレー彗星を見たのでその影響だという。

 

 

◎動く星はあるのか?

 

通常はこの種の話しは、お伽噺・神話の類いとして処理される。だがベツレヘムの星は、別名クリスマスの星といわれ、クリスマスツリーの天辺の星として象徴的に存在している。

 

 

 

このことを知っていても知らなくても、クリスマスツリーの頂きには、ベツレヘムの星があるのだ。この星の本当の形状は「八芒星」で表現される。光り輝いた様がそのような様相を呈していたからだろう。

 

この話で一番不思議な点、注目すべきは、その星が移動していたことにある。

彗星や流れ星ではないのなら、一体どういうことになるのだろうか?

 

 

多くの神秘研究家や未確認飛行物体研究者が主張するのが、以下の二つである。

UFOによるサインであった

謎の天体(「ヤハウェ」など)

 

,任△襪覆蕕弌▲ぅ┘垢UFO来訪は関係があることになる。

△硫椎柔も否定できないが、天体現象ならばある意味、自然現象である。

 

わたしは第三の説を説く。

 

 

◎日本にもあったベツレヘム的な天体移動の話し

 

実は天体が動くという話しは日本にもある。その実例を二つ挙げよう。

 

々伊‖膸婉海が室戸岬で「求聞持法」の修行をしていた時に、明けの明星(金星)が口に飛び込んできた。このときのことを「谷響き惜しまず、明星来影す」とその著書『三教指帰』の中で表現している。

黒住教の開祖、黒住宗忠大人が肺病により瀕死の状態であったときに、死を覚悟して冬至の朝、太陽を拝すると日輪が口から入り「天命直授」の体験をし、後に神人とよばれる聖人になった。

 

滅多にないが、天体が動く、あるいは感応して奇跡を示すことはあるのだ。

では、どのような原理でこういうことは起きるのだろうか?

 

 

◎アストラル体を克服した聖者の験し

 

アストラル体は「星化体」「星氣体」ともいう。なぜこのような名称なのかというと、アストラル体が星の運行と関連しているからで、例えばヨーガスートラなどで「天体に関する知識が得られる」という記述があった場合、これはアストラル体を克服していることを表現しているのだ。

 

自分の裡側の光・光明に目を向け、これを掴んだならば、それはそのまま外部の光、すなわち天体に関する知識や力が得られるという事である。

 

この地上でアストラル体を克服し完全に統御できる者などそう簡単にはいない。聖者たちが、生まれたときや修行の時、瀕死の時に天体が関わるのは、生まれつきアストラルは克服しつつあるか、克服していることを意味している。

 

ベツレヘムの星は、我々にこのような秘教的な意味も示唆してくれている。

クリスマスには、聖なるイエスに願い、自らの裡に神の愛が宿ることを祈ることが肝要だと思う。

 

密教・秘教サークル 「J・S・S自然智」 発足へ

  • 2015.09.25 Friday
  • 00:00

密教・秘教サークル 「J・S・S自然智」 発足へ!


◎秘教(密教)を学ぶサークル

秘教(密教)を学ぶサークル「J・S・S自然智」が始動致します。

参加をする可能性を秘めたメンバーにすでに連絡を致しました。

このグループの他に「別のJ・S・Sサークル」がいくつか存在します。それは一切非公開です。

いままでの「自然智の会」「自然福智の会」の流れからくるメンバーのグループが「J・S・S自然智」になるのです。

現在、希望者は8名であり、この人数からスタートします。

メンバーになる人は一次審査通過者に限ります(平成27年9月24日に通達済み)。また別の(JSSの)サークルに移籍することはできません。このサークルは一つの船であり、法友は同じ船に乗る船員だと思っていただきたい。

おそらく構成員は多くて10名まで。ある課程を終え、ある段階に到達するまで、わたしが直接指導してゆきます。


◎何をおこなうのか?目的は?

それは真の秘教(密教)を学ぶ、ただそれだけです。

また、自分の個性を充分に発揮し、霊能を開発してゆくということです。秘教的(密教的)な知識を有し、見識ある職人、匠になることを目指します。

さて、秘教(密教)とは何でしょうか?

それは人間をして、超人(アデプト)・神人ならしめる教えと方法です。この教えは太古から存在しました。

JSS自然智では、主に日本的な秘教である神道的な教えと、日本伝来の密教(真言密教や修験道系)の教相・事相を中心に学んでゆきます。単なる真言密教や神道ではなく、霊魂論・宇宙論が伴う壮大なものになります。

ただ一つに云い方を統一すれば、日本に於ける神道の真髄を習うのです。習えばわかりますが、未だかつてなかった、秘教的知識と統合されたもの(教え)です。

宗教的な手法や思想もありますが、これは“道”です。なにかをつかんでゆくのは自分自身です。

つかむことの出来る内容は何でしょう?それは「仙」を得て「真人」「神仙・佛仙」になることです。

わたしの立場は、旅の案内をするガイド人にすぎません。感じるのはメンバー各自の感性ということになります。

来月10月には発足式を致します!
10月中に説明会を兼ねたメンバーミーティングを行ないます。


川島龍徳しるす

ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当
ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM