滝行法講座について思ふ

  • 2016.09.24 Saturday
  • 00:00

 

滝行法講座について思ふ

 

 

この9月25日(日)、滝行法講座を行なう。これは滝行法の伝授会である。

20代からお滝の修行をはじめて30年近くになる。

どれだけ入滝したのか調べてみた。確実に分かる回数をカウントしてみた。

2487回であった。

実際には2500回入滝を越えていると思うが、あと13回で2500入滝達成である。

 

回数を入ればよいというものではない。

やはり緻密さ正確さが必要で、荒行が目的ではない。

内心・内側に在る、佛性とか天心とかリクパ・眞一をつかんでゆくのがお滝の修行の一番の眼目である。

 

そのことをわたしは「霊魂を磨く」と称している。

だが付随して様々なものが得られるし、そういうものもねらって得られるようにするのが お滝の修行というものである。

 

神通力というものがある。

これはお滝の修行を通して確実得られるものだと思う。

仏教でいう「漏尽通」という最高の智慧を得る前に、必ずいくつかの通力が生ずる。

身口意というものがあるわけで、身での自在、口での自在、意(こころ)での通力が自然の出てくるのだ。

チベットではこれをンゴンシュという。

 

生きている時の基礎は気合に在るとわたしは思う。

適当な余裕と気合、そして物事を見極める智慧があれば、人生に失敗はない。思う所の人生を歩めるだろう。

 

人間大切なのは、死ぬるときの「末期の一念」である。

従容として悠々と逝く。

静寂に悠々と笑ってゆく。ありがとうと言ってゆくのだ。

末期の命息、後生を思ふて往生する。その意識を結定しておれば迷ふことはなし。

生死は一如である。

 

今回の講座では、生死の基(もとい)を説く。お滝を通して得られる大事を述べる。

 

 

川島竜徳しるす

 

秘伝講座(眞言魔力講座成る)終講せり!

  • 2016.03.28 Monday
  • 00:00

秘伝講座(眞言魔力講座成る)終講せり!



◎一連の講座が終講す!

1月の「ふつそくまの御霊法」伝授、2月3月の「眞言魔力・魔法(全二回)」講座、この一連の講座が終った。

ご都合で申し込みはしたものの受講できずの方々の為に、再度の開講はするものの一連の伝授の大要は終わったわけである。

これらの講座の勉強・実践を通じて、すでに人生の変化が現出している方も出てきている。私自身も大きく変化してしまった。



◎伝授とは“骨身を削るものなり”

お母さんが懐妊して子供を産む。このときに母は自分の摂取するべき栄養を子供に分け与える。母は子を産む為に骨身を削って胎内でもって子を養うのである。それは命の連鎖をする為である。

種を残すためにそうするのだ!それは本能ということでもある。盲目的な発生・存続という事が、生命の本質には在る。これを無明とか原罪とか言うのかもしれぬが、伝授は霊的な進化の為に行なうものであるから、これは人類にとってはパイオニア・嚆矢と言ってもよいのではないかと思う。

歴史上あまたの先師先達が大師(マスター)として出現した。しかし乍ら人類の多くは同じことを繰り返している。とても霊的な進化をしているとは思えない。

どうでもよいようなものならば伝授し教授しても、伝授した者(云わば親)の運気や生命力は削られることはない。しかし内容に真理が満ち満ちている場合、骨身を削ること、これ真実である。それは吾が子を育てる慈母、我が子を身命を賭して護る厳父の如きものなのである。



◎内容は種火である

全二回の『眞言魔力・魔法講座』は種火を起こすようなものである。この種火を切欠にして、火を大きくし、操ってゆくのである。

秘咒・秘詞、招福の秘法、呼吸法、聖語の詠唱法、世界の構造、秘典、自観法、その他多くのことを学んだ。しかしこれらは“愛”あってこその賜物である。愛とは何か?全であり精神であり、神そのものであり霊である。わたしたちの大我、本質である。

愛を深め、内容を醸す必要がある。醸すとは“噛むす”であり、火と水で挟んで砕くことに通ず。火と水は、カとミであり、神である。

今後、これらの内容を共有する為に、勉強会を開く。一つ一つを詳しく学び、研究工夫をお互いに情報交換する。そのような集いを今後展開してゆきます。



◎秘教の基礎から好きな道へ
進む

今回の内容は秘教実践の基礎を与えたものである。であるから、ここから宗教にはいってゆくのもよし、逆に宗教を否定して真理探究するもよし。自由自在である。

とにもかくにもいよいよ新年度(4月)のスタートである。諸兄の精進を期待するものである。



◎菩提を弔う 成佛力の発揮

今回の力の根源について述べよう。わたしの神秘の力、亡者すら成仏せしめる力はどこからくるのか?

それは観音様の浄土から來るもので、今回御葬儀などをさせていただいた、故人の方が(御霊で)後日わたしに教えてくれたことである。

今回の400名の参列者のあった葬儀に於いて導師をつとめ、わたしは亡きIさんの菩提の為に必死の祈りを捧げた。崖っぷちに立つ気持ちの如く行い、その中で自分の底から湧き出る成仏の力の法則を覚ることができた。それは観音大士のお力であった。

秘図は観音力を引き出す、呼び水の機能があった!
現在はこの秘音、観音力の修行を日々重ねているが、どのようなホトケさん(亡者)でも、必ず感応し成仏の為のお経を心から心へ伝達することができる。

わたくしには秘図のご本尊がある。上揚の秘図は江戸期の高僧のご持佛であり、すべて線が観音様の御真言(梵字)で描かれている。実に秀逸なる生きた本尊である。

今回の一連の伝授講座にも、亡者の御供養にも、この御本尊の成仏力を土台に展開し、心に伝達したのである。その意味でこれは「以心傳心灌頂」ということになると思う。

ーーーーーーーーーー


【摩訶白湯巫女 声明の響演 “イタコの源泉への誘い”】

(ご案内)
【日時】平成28年4月17日(日)午後2時〜4時
【場所】洗足・楽豊堂(目黒線洗足駅から徒歩1分)

【内容】
仝譴蠕写澄愬鯏鰆犹劼糧訶訴幻世砲茲訐写澄
解説と真言マントラ等の共有
D床顱淵廛献磧

【申し込み】楽豊堂・川島まで

☆文責 りゅうとく★
ーーーーーーーーーー



(=>・〇=)/
にゃっ!
ヘヘェ、新しいヴァージョンの宇宙猫やで〜〜!
おまい法要の仕事で職種転換するんじゃね!!
そのうちお寺に・・・!?
ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

“眞言 魔力・魔法”講座 (後篇)の意義を語る!!

  • 2016.03.22 Tuesday
  • 00:00

“眞言魔力・魔法” 講座(後篇)の意義を語る!!


◎3月27日(日)眞言魔力・魔法講座

3月27日、洗足に於いて“眞言魔力・魔法講座”の後篇を開講する。おかげさまで満員御礼。前回参加者の数名の方から御報告があり、魔法的な効果が出ている由、聞いております。

今回お教えしている方法は、魔法の土台、密教の持つ法力の根源でもあります。全2回の講座ですが、これを修得して、各自工夫を加えれば人生が変わります。



◎眞言魔力ということ

眞言魔力の「魔力」と云うのは現実形成力ということ。これはダークサイドの力である。サタンは悪魔というが、堕天使である。

月には、満月と新月があるように、光の側面と影の側面があるのだ。神の一側面が悪魔でもあるのだ。しかし、なすがままに堕落してゆくということではない。物質化している我々はダークサイドの原理を知らないと、そこから進化してゆく道程を安全にゆくことができない。

魔法によれば不可能と思われることも願いが叶う。その為には、言葉を使う必要がある。そして言葉を使うために「〇〇」を起点にする必要がある。



◎いまこそ密教・魔力の時代である

かつて日本でも霊術と云う形で、修験・魔力のパワーが魔力的に伝播し紹介されていた。いまでは精神世界雑誌や書き屋さんのネタくらいにしかならない、世の中の端っこのほうの化石みたいなものになってしまった。

「霊術家いないのでしょうか?」と聞いた人がいたが、昔の形式の霊術家は出て来ないだろうし、必要がないのだと思う。ただ、その精神的な部分や技法的な部分での、摂取はいまでも必要であると思う。古くして新しいということは真理だと思う。

すでに人工知能は、囲碁の世界でも人間を負かすようになってしまった。だからこそ、人間にしかないない能力や志向が、ますます必要になってくる時代なのである。



◎密教の魔力と人工知能の深層学習

人工知能は2〜3年間で、2000年分の情報を処理して“深層学習”というものをやってのけるという。2年前に囲碁をやって人間に負けていたのが、あっという間に人間を打ち負かす、そういうことが現実にあったわけである。

今後、そのようなことが各方面で多発する。人間が出来る分野や人間だけにしか為しえない部分・分野を考えてゆく必要がある。

ケインズ理論で有名な経済学者ケインズは、1947年前後に亡くなったと記憶しているが、彼は百年後の人類は余暇をどうやって使うかという悩みに直面すると予言した。ロボットや人工知能が発達してゆけば、そのような時代が来る可能性がある。だが、わたしバラ色ではないと思う。産みの苦しみと云うが、考えられないような事態に人類は直面すると思う。

そう、その非常事態に直面するのは、わたしであり貴方なのである。わたしは人間の奥に潜む力、これを引き出すのが密教であり魔法だと考えているので、この能力がこれからの時代をリードしてゆくものと思う。

今回の全2回の講座は、未来への第一歩と位置付けているものだということである。

ーーーーーーーーーー


【摩訶白湯巫女 声明の響演 “イタコの源泉への誘い”】

(ご案内)
【日時】平成28年4月17日(日)午後2時〜4時
【場所】洗足・楽豊堂(目黒線洗足駅から徒歩1分)

【内容】
仝譴蠕写澄愬鯏鰆犹劼糧訶訴幻世砲茲訐写澄
解説と真言マントラ等の共有
D床顱淵廛献磧

【申し込み】楽豊堂・川島まで

☆文責 りゅうとく★
ーーーーーーーーーー


(=>・<=)/
にゃにゃっ!
おまい久しぶりやね〜〜!
なんだって法要のお仕事が別に入ってきているんだってねー!?
そのうちお寺になるんじゃね!
ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

◎仙人食講座・序章(公開講座)のご案内

  • 2015.09.04 Friday
  • 00:00

ご案内


◎仙人食講座・序章(公開講座)




(日時)平成27年9月20日(日)10:00〜16:00

(場所)洗足川島整体院
※昼食は合同になります。こちらでご用意します!

(内容)
仙人食講座・序章、皮膚病一切奇妙の施術法(その2)、食法伝授、他
※参加希望者は申込みされたし!川島整体まで!詳細は申込者に個別に送ります。

(定員)12名

川島整体までメールのこと。
kawashima.seitai@gmail.com

ーーーーーーーーー
懇意にしている治療家であり霊能者であるS先生が、講座でわたしが玄米正食を皆さんと戴くことについて、「先生はそうやって法力を分与している」ということを指摘されました。
またS先生は、(川島の)ブログを見て行なう人と先生から直に(共食して)教わる人とでは全然違う、ということを申されました。
実際これは卓見です!
「教えと力」の分与は直接でないといけません。わたしはすでにテルトン的な能力を与えられ、自認しています。ある種の教えを再興したり創始する能力を与えられております。
ですからS先生の云われたことは、まさに“正鵠を得ている”わけです!


にゃー! 言っときますがわたしはニャ、ぬいぐるみじゃないですよ! 正真正銘ほんものの猫パンです! 特に肉類が好きです!
ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当
ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM