第五回 霊読会にて秘伝を述べる

  • 2012.12.17 Monday
  • 00:00
霊読会にて秘伝を述べる

12月16日(日)、第五回霊読会を行なった。

この日は、恒例の早朝禊ぎを済ませた。

真っ暗のなかで、ライトと焚き火をたよりに修行すると神秘的ですらある。

より多くの人に、このような修行の醍醐味を味わっていただきたいと思う。ほんとうに清々しいのだ。

正直、人数があまり多くなることは好まないが、真剣に望む者は、誰でも受け付ける。ただしわたしが認めた者だけである。

公開というか、単発での修行は、大寒の禊ぎ行などは受け付けるが、基本的に冬季は毎週行なう。

毎週必ず来るという人だけ参加できるというのが、原則である。毎週、寒行をすることくらい大したことではない。

ここ数年で環境的な整備を行い、秋から冬季、春先にかけて毎日お滝ができるようにしたいと思う。いやそれどころか、一日に数回入滝できるようにしたいものだ。

今回の霊読会では、相当な秘伝的なことを述べた。

この件に関して、21日(金)の「年筮会(ねんぜいかい)」では、更に奥の部分というか、実際の方法を伝授する。

この方法は、わたしが創案したものであり、真伝の正法に入る前段階的なものである。だが効果的、且つ簡便な便法なのである。

恒例の年筮会では、来年の指針を得るために「易を立てる」。

「一陽来復」の冬至に、決意したり、指針を得ることは、非常に雅であり、大切なことである。

また、今回は追悼の祈念も行う予定です。
 

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM