立秋【秋のはじまりを感じる】

  • 2013.08.07 Wednesday
  • 08:00

はじまり感じる


目黒区洗足の今朝(雲一つない清々しい青空です!)

この一篇。ほんとうは書く予定ではありませんでした。

ですが、今日の朝はとても清々しくて書くことにしたんです。

暦の上では、立秋。もう秋になりました。

わたくし、整体法を学んでいますので、季節を敏感に感じるように、常々つとめております。
(※「つとめております」というのもおかしいんですが・・。体が整体ならば、季節などは自然に感じるものなんですねー、本来は!)

そういうこともあるせいか、季節が暦の通りに循環し運行する
のが、楽しみで楽しみで。

今年の秋の感触は、少し早い時期からありましたね。
(※赤トンボが飛んでいたりして・・)

しかし、今日からまったく秋になりました。
(※梨を食べたくなってきました!)

早朝の雲ひとつない青空の清々しかったこと。

昨日の朝は、「狐の嫁入り」でした。太陽が出ているのに小雨が不思議な感じで降っていました。

今日は打って変わって、関東地方はすごい快晴です。



ごく最近のことですが、フィジーのココナッツ石鹸が欲しくて調べていました。

昔、夏場にフィジーに行ったことがあり、ココナッツ石鹸と出会い使っていました。

夏に使うとすごくいいのですよ。でも、なかなか取り扱っているお店はない。そして案外高価なのです。

暦の上では、夏の終わりなので、夏の終わりを惜しんで、心の奥であがいていたのかもしれません。

  
横山丸三翁著「秋の嵐」と淘宮術の恩師・大前春風先生

秋は、「開き」に通じ、「阿気」にも通じています。

淘宮術の開祖の横山丸三翁の著書に「阿気の顕支(秋の嵐)」というものがあります。

秋には嵐が来るでしょう。そのおかげで大木などの枝葉が折れてしまう。植物の成長からすると、弱かった部分が削られていくわけで、成長には必要です。

それと同じように、人間にも干支からでた気質・気癖がある。


二十代の頃のわたし(大阪梅田にて)

往々にして、気癖は偏り、悪い性質(もの)になってゆく。これは樹木に喩えたら、弱い枝葉です。秋にはこれが一掃されるのです。

だから「開き(あき)」なのです。開くのです。

「阿気」とは、天の作用で気質があらわれる。「阿」とは「天(あ)」です。「顕支」とは、干支(十二支)の作用が顕わになるということです。

今日の清々しさは、昨日の『旧暦・六月晦日「大祓神事」』から引き続くものです。仙台では今日から七夕祭、まさしく暦通りに事は動いているのです

スポンサーサイト

  • 2019.08.19 Monday
  • 08:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM