声高らかに奉唱す【天津祝詞の太祝詞秘辞】

  • 2013.08.13 Tuesday
  • 00:00
声高らかに奉唱す

【天津祝詞の太祝詞秘辞】


天津祝詞の太祝詞秘辞奉唱、耳注ぎ「禊ぎ祓え神術」を行う

本日は旧七夕である。

恒例の「禊ぎの神術」。

これは我が国の神道の神髄である。

この神術の復興者としての川面凡児大人、その直弟子・尾形学而大先生。さらに尾形大先生の愛弟子・笠原先生。川面先聖は昭
和4年2月23日、尾形大先生は昭和46年、笠原先生は平成24年に帰山・帰幽せられている。

笠原先生からは、尾形大先生から伝えられた教えを後世に伝えてくれと託された。

笠原翁は95歳で故郷の新潟で帰幽されたと聞いた。いずれかの機会に新潟にご報告方々まいりたいと切願している。

尾形先聖は、元は真言宗の僧侶であり、わたしにとっては馴染みが深い。秘伝の「愛染法」を得意としていたという。その当時の真言密教にあって、碩学といわれた高僧から伝授を受けた方でもある。

そのご守護もあってか、わたしも「愛染明王の法」の秘伝を受けることができた。愛染明王は神と仏に通じている尊格なのである。

川面先聖が復古し開示された「神伝・禊ぎ」の法は、神社神道に伝わっているが、その奥義たるところまで達している行人は、現代ではほとんどいない。

法式通りには、禊ぎはできない世の中になっているのである。

だが、「天津祝詞」「太祝詞秘辞」を奉唱する「禊ぎ」は可能なのである。

わたしは、ひたすらこの神術を究めてゆく。「禊ぎ祓え」の道をきわめてゆく。
 

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM