月夜見の法【月光を浴びて天津祝詞を奉唱す】

  • 2013.08.18 Sunday
  • 00:00



【月光を浴びて天津祝詞を奉唱す】


江ノ島の月夜

月読命(つくよみのみこと)。

イザナギノ大神が、筑紫の日向の立花の小戸にて、禊ぎされたときにお生まれになった三貴神の一神である。

月の世界を司掌せられている。

月には、引力で潮の満潮・干潮に作用する働きがある。月の運行は、暦の元でもある。また女性の周期にも関連している。

月は運命にも関係し、月の光は人に冷静さと知性を与える。水晶なども時々、月光浴させると良いといわれている。

修道者としてのわたしは、夕方から夜に、江ノ島の海辺にゆき、月光浴をする。同時に、海の潮の音を耳に注ぎ、「裏の禊ぎ(耳注ぎ)」を行なう。

  

8月の夕方から夜、江ノ島では「参道の灯篭祭り」をやっている。奥の院までの参道が灯篭でライトアップされているのである。

裏の洞窟のある側に行くと、丁度良い暗さで、海面には月の光りが映し出されている。海の音を聴きながら、声を高く大きくして、天津祝詞を奉唱する。

天にまで届かんばかりの声で奏上する。

これは「言霊(ことたま)」の気合だ。

天津祝詞を奏上しつつの気合法だ。

すると不思議なことに海の波が、この声に反応するかのように変化するのだ。

波が大きく動いたり、波がおさまったりする。

夜暗いので、波が息をしているかのように見え、まるで生き物のようでもあり、雄大さと恐れを感じる。

「月を夜に見る(月光浴)」から「月夜見の法=月読の法」たる由縁である。

この法は次のような効果がある。

夢見が変化し、さらに知性がアップする。いままで分からなかった事柄が分かるようになる。

心がとても落ち着く、鎮静する。

わたしの体験としては、いままで知らなかった霊的知識が、朝起きたら頭の中に入っていた、ということがあった。これは何か感じたとか、ちょっと思ったというような曖昧なものではなく、小冊子くらいは簡単にできてしまうくらいの内容・文章量だということです。

[付録] 

(祝詞)月豫美国神留坐。国之手底立大神。豊雲野大神。伊邪那美大神。月夜見尊メテ。其国大神等大前。慎美毛)。

(秘呪)天湿 地湿支津津 陰成 月光 皇太神

※この祝詞・秘呪を奉唱せば吉。
※秘印を知る者は結印するがよい。
※漢字で表記した。
 

スポンサーサイト

  • 2019.08.19 Monday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM