国難予言!出口王仁三郎著『霊界物語』・浮島の怪猫(2)

  • 2013.09.14 Saturday
  • 09:11
出口王仁三郎著『霊界物語』

第六章 浮島うきしま怪猫(2)くわいべう
 

かふあの岩山いはやま時々ときどき大鳴動だいめいどうおこし、噴煙ふんえんらし、湖面こめんやみつつんでしまふことがあるのですよ。その噴煙ふんえんには一種いつしゆ毒瓦斯どくガス含有がんいうしてゐますから、そのけぶりおそはれたものはたちまち禿頭病とくとうびやうになり、あるひ眼病がんびやうわづらひ、みみきこえなくなり、したうごかなくなるといふことです。そしてはらのすくこと咽喉のどかはこと一通ひととほりぢやないさうです。そんな魔風まかぜに、をりあしく出会でつくはしたものはいい災難さいなんですよ
おつまる蚰蜒げぢげぢか、蛇蝎だかつのやうなおそろしいいやらしい岩山いはやまですな。なぜ天地てんちかみさまは人民じんみんあいするこころより、湖上こじやう大害物だいがいぶつとりのけてくださらぬのでせうか。あつてえきなく、なければ大変たいへん自由自在じいうじざい航海かうかい出来でき便利べんりだのに、なかは、神様かみさまといへど、ある程度ていどまでは自由じいうにならないとえますな
かふ何事なにごと時節じせつちからですよ。金輪奈落こんりんならく地底ちていからつきてをつたといふ、あの大高おほたか岩山いはやまが、わづかのかぜぐらゐに動揺どうえうして、ひがしひがしへとながうつるやうになつたのですから、最早もはやその根底こんていはグラついてゐるのでせう。ひとつレコードやぶりの大地震だいぢしんでも勃発ぼつぱつしたら、もなく、湖底こていしづんでしまふでせう。オ、アレアレ御覧ごらんなさい。頂上ちやうじやう夫婦岩めうといはが、なんだかあやしくうごしたぢやありませぬか
おつかぜかないのに、千引ちびきいは自動じどうするといふ道理だうりもありますまい。ふねうごくのでいはうごくやうにえるのでせう
かふナニ、さうではありますまい。ふねうごいていはうごくやうにえるのなれば、浮島うきじま全部ぜんぶうごかねばなりますまい。ほか散在さんざいしてゐる大小だいせう無数むすう島々しまじまも、おなじやうにうごかねばなりますまい。岩山いはやま頂上ちやうじやうかぎつてうごすのは、ヤツパリふね動揺どうえう作用さようでもなければ、変視へんし幻視げんし作用さようでもありますまい。キツとこれはなにかの前兆ぜんてうでせうよ
おつそううけたまはれば、いかにもうごいてります。あれあれ、そろそろ夫婦岩めうといはいただきのはうからしたはうむかつてあるはじめたぢやありませぬか
かふ成程なるほどめうだ。段々だんだんくだつてるぢやありませぬか。いはかとおもへばとらうてゐるやうにしてたぢやありませぬか
おついかにも大虎おほとらですわい。アレアレ全山ぜんざん動揺どうえうしました。此奴こいつ沈没ちんぼつでもせうものなら、それだけ水量みづかさがまさり、大波おほなみおこつて、吾々われわれふね大変たいへん影響えいきやうをうけるでせう。あぶないことになつてたものですワイ
 かくはなうち波切丸なみきりまる浮島うきじま岩山いはやま間近まぢかすすんだ。しま周囲しうゐなんとなくなみたかい。とらえたいは変化へんげ磯端いそばたくだつてた。よくよくればうしのやうな虎猫とらねこである。虎猫とらねこ波切丸なみきりまるをいからして、にらみながら、げるがごと湖面こめんわたつて夫婦連めうとづれ、西方せいはうしてきつしづみつげてく。にはか浮島うきじま鳴動めいどうはじめ、前後左右ぜんごさいうに、全山ぜんざんれてた。チクリチクリとやまかさちひさくなりひくくなり、半時はんときばかりのうち水面すいめんにそのかげぼつしてしまつた。あま沈没ちんぼつ仕方しかた漸進的ぜんしんてきであつたので、おそろしき荒波あらなみたず、波切丸なみきりまる前後左右ぜんごさいう動揺どうえうするくらゐですんだ。一同いちどう船客せんきやくはこの光景くわうけいながめて、いづれも顔色がんしよくあをざめ、不思議ふしぎ々々ふしぎ連呼れんこするのみであつた。このとき船底せんてい横臥わうぐわしてゐた梅公うめこう宣伝使せんでんしふねすこしく動揺どうえうせしにまし、ヒヨロリヒヨロリと甲板かんばんあがつてた。さしもに有名いうめい大高おほたか岩山いはやま跡形あとかたもなく水泡みなわえてゐた。そして船客せんきやく口々くちぐち陥没かんぼつ記念所きねんしよはなししてゐる。梅公うめこう船客せんきやく一人ひとりむかつて、
かぜもないのに、大変たいへんなみですな。どつかのしま沈没ちんぼつしたのぢやありませぬか
かふハイ、貴方あなたあの大変事たいへんじ御覧ごらんにならなかつたのですか。随分ずいぶん見物みものでしたよ。むかしから日月じつげつごとひかつてゐる頂上ちやうじやう夫婦岩めうといはにはかるぎし、しまいのはてにはおほきなとらとなり、磯端いそばたくだつて時分じぶんにはねことなり、なみあひだきつしづみつ、西にしはうげてつたとおもへば、チクリチクリとしましづし、たうとうくなつてしまひました。こんなことむかしからことはありませぬ。コリヤなんかのてんのおらせでせうかな
うめどうも不思議ふしぎですな。しかしながら人間にんげんかられば大変たいへんことのやうですが、宇宙うちう万有ばんいう創造さうざうたまうた神様かみさま御目おめかられば、吾々われわれほほひついた一匹いつぴきたたころすやうなものでせう。しかしながら吾々われわれはこれをて、みづかいましめ、さとらねばなりませぬ
おつ貴方あなた何教なにけうかの宣伝使せんでんしさまのやうですが、一体いつたい全体ぜんたいこのなかはどうなるでせうか。吾々われわれ不安ふあんたまらないのです。つい一時前いつときまへまで泰然たいぜんとして湖中こちうそびえてゐた、あの岩山いはやまもろくも湖底こてい沈没ちんぼつするといふよな不祥ふしやうなかですからなア
うめ今日こんにち妖邪えうじやくに上下じやうげちあふれ、仁義じんぎだの、道徳だうとくだのと美風びふうはらひ、あく虚偽きよぎとの悪風あくふうすさび、益々ますます暗黒あんこくふち沈淪ちんりんし、聖者せいじやかくれ、愚者ぐしやたかきにのぼつて国政こくせいわたくしし、ぜんしひたげられあくさかえるといふ無道むだう社会しやくわいですから、天地てんちもこれに感応かんのうして、色々いろいろ不思議ふしぎ勃発ぼつぱつするのでせう。今日こんにち人間にんげんいづれも堕落だらくふちしづみ、卑劣心ひれつしんのみあたまもたげ、有為いうゐ人材じんざいうまきたらず、末法まつぽふ常暗とこやみとなりはててゐるのですから、吾々われわれ斎苑いそやかた神柱かむばしらかみ救世的きうせいてき御神業ごしんげふ奉仕ほうしし、天下てんか暗雲あんうんはらひ、悲哀ひあいふちしづめる蒼生あをひとぐさ平安へいあん無事ぶじなる楽郷らくきやうすくはむがために所在あらゆる艱難かんなん辛苦しんくをなめ、天下てんか遍歴へんれきして、神教しんけう伝達でんたつしてゐるのです、なかは、くらゐ不思議ふしぎではをさまりませぬよ。ここ十年じふねん以内いないには、世界的せかいてき又々またまた大戦争だいせんそう勃発ぼつぱつするでせう。今日こんにちウラルけうとバラモンけうとの戦争せんそうはじまらむとしてりますが、こんなことはホンの児戯じぎひとしきもので、世界せかい将来しやうらいは、じつ戦慄せんりつすべき大禍たいくわよこたはつてります。それゆゑ吾々われわれ愛善あいぜんとく信真しんしんひかりたま大神様おほかみさま御神諭ごしんゆはいし、あまね天下てんか万民ばんみんすくはむがために、くさのしとね、ほし夜具やぐまくらとして、天下てんか公共こうきようのために塵身ぢんしんささげてゐるのです

スポンサーサイト

  • 2019.10.22 Tuesday
  • 09:11
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM