江ノ島信仰【日蓮上人 龍ノ口の法難(1)】

  • 2012.12.25 Tuesday
  • 07:44
江ノ島信仰【日蓮上人 龍ノ口の法難(1)】


江ノ島・中津宮附近からの遠望

神道者では、日蓮上人が嫌いだという人は多い。

わたしも実際のところ興味がない。しかし、日本の仏教史上、弘法大師空海以来の坊さんで、法力ある僧は、日蓮が随一ではないかと思われる。

彼は、蓮長(れんちょう)という法名を授かり、比叡山にて修行を重ねた。「一切経(すべてのお経)」を数度読破し、その上で「法華一乗」の道を選んだ。

中国の天台大師、日本の聖徳太子、伝教大師最澄の系譜にあって、それらの聖人を凌ぐのが、立正大師日蓮である。

房総(千葉)九十九里浜の出で、それも漁師。これはわたしの父方のご先祖さんとは同郷である。だからわたしの父方は、日蓮宗である。

その因縁の為に、法華経二十八品のうち、方便品第二と観世音菩薩第二十五(観音経)は16歳くらいから読経していた。

日蓮信者の短絡的、異常な信仰は大嫌いだが、日蓮の不屈の精神はすばらしいと思う。

日蓮だけではないが、鎌倉時代の祖師仏教の開祖は皆、流罪などの罰をうけて、いわゆる『法難(ほうなん)』に遭っている。

法を説くということは、そういう負の面も伴うものなのである。そこを越えて真実を説くところに、法を説く者の面目がある。

昨日、日蓮の法難一つ、『龍ノ口の法難(たつのくちのほうなん)』の舞台、現在の『龍口寺(りゅうこうじ) 』に趣いた。

ここは元々、江ノ島と一対を為す、小高い山の聖地なのであり、江ノ島信仰探索の一つとして行ったのであった。

日蓮の法難は、文永8年9月12日(1272年)に起き、翌日の9月13日に奇跡が起きたとされている。

此処には、日蓮幽閉の土牢があり、刑場跡でもある。毎年、9月12日には、盛大に恒例行事が催される。つまり、首のつながる功徳があるわけであろう。

弟子の日正が、師のお徳を偲び、像を彫り、庵を結んだ。それによって今日まで、片瀬江ノ島の地に現存している。

実は、この寺のある、小高い山こそが、江ノ島弁財天と対の夫神、『五頭龍神(ごずりゅうじん)』の鎮座していた龍窟なのである。

これには、由縁があるのだが、それを述べる前に、日蓮法難の件について、占星術的に解釈をほどこしてみたいと思う。

(つづく)

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 07:44
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM