護摩供秘伝【浮浪霊の解脱の呪のこと】

  • 2013.12.19 Thursday
  • 00:00
護摩供秘伝

【浮浪霊の解脱の呪のこと】

護摩供の効果は、霊的な修行をする際の礼となりえる点にある。

また、水と共に火によって心身を浄化するということがある。

また、護摩の火炎を通して、霊魂を浄化・成仏させるという秘伝もある。

火のエネルギーは強いので、その圧倒的な熱で浄めてしまうのである。

「浮浪霊解脱の呪」「四足動物解除の呪」や「光明真言」などは、護摩供を行ない、護摩木をお焚き上げすることで「霊に対して」真価を発揮するものなのである。

今年の修行からこういうことを行うに至っているのは、それなりの因縁があるわけである。

各地の霊場には、必ず正・聖のエネルギーと負・悪のエネルギーがあるのである。

神霊とコンタクトして、許可を得るだけでは不十分なのである。

その地の関連の諸精霊・霊魂を浄化しなければならない。もしかすると、それが前世からの「債主」かもしれないからだ。

仮に、前世で1000匹の動物を殺戮したとする。今世ではどうなるのかというと、その動物たちがその者の道を阻むのである。ずーと、つきまとってくるのである。

これでは、どんなに運気の強い人間でも、開運はできない。実におそろしいものである。

「滝行禊ぎ」や「護摩供」はそういうものを浄化する方法の一つでもある。行者の修行を補う功徳を積むことも、よい徳になることを付言しておこう。

※この冬は、非常に寒気が厳しいようなので、薪の調達や正月奉納の助行を受け付けます。お志のある方は、ご連絡をお願いします。
 

スポンサーサイト

  • 2019.09.14 Saturday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM