霊術の秘伝【如何なる神佛の守護があるのか?】

  • 2014.01.24 Friday
  • 14:00
霊術の秘伝

【如何なる神佛の守護があるのか?】

     

◎その1;如何なる神佛の守護あるか?

悟りを得る、無償の犠牲的な愛を実践したい、無量の慈悲心を持ちたいというような事々を目途として、信仰実践している殊勝な方々もいることであろう。

だが大抵の人は、世間的な苦悩や障害に遭って、宗教に入り、信仰をはじめることが多いのではないかと思う。

もっともそのうちに洗脳されて、俗世的なことに興味を示さなくなる。実際こういうことが多いし、はじめの目途を忘れることが、廻心(※かいしん。心の向きを廻らし変えること)だとか言って、骨抜きにしてゆくのが宗教の常套手段なのだと思う。

信仰や宗教をはじめるのは自由で何を信じても自己責任だけれども、大切なことは一番初めに念願した事や当初の目途を忘れないことである。

これはわたしからの忠告である。

世俗的であれ出世俗的であれ、神佛に祈ることは変わりがない。

だが、その神仏や霊的な存在が自分にあっているのかということを指摘する人は少ない。

霊術の秘伝である「真鑑法」はそのことを示してくれるのである。

その人に於いて、守護をいただける神仏、霊祟(たたり)を起こす神仏を秘示してくれるのである。


秘符を謹製するのに必要な染料を求める
(※改運に必要なものはどこまでも追求する)


◎その2;事件転向解決の秘伝

各事件・各項目に於いて、どう解決するのかという糸口や答えを示してくれるのも、霊術の秘伝だと言えよう。

なぜ様々な事件や障害が起こるのか?

それは方向性の不正からくるのであり、あえて言えば、東の方角が悪ければ、不幸はいつもそこからくるのである。

逆に幸運は正当な方から来るのである。

これは方位方角というような単純なことを言っているのではない。

まずいままでの歩んできた人生の軌跡を書き出してみることである。

そこには一つの傾向がある。そのうえで「真鑑法」に照らしてみる。

更に「真観」通入する。

そうすると厳然と運命改善の糸口が見えてくる。

わたしは本業も然ることながら、この一連の霊術の技術を磨きに磨いて、世の中に付与したいと心から念願している。

人間は運命というものを必ず改善し得る。そして誰でも幸福になることができる。わたしはそう信じ、そう志向している。
 

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 14:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM