改訂版・秘境塩川へ(4)【塩川瀧行禊ぎの功徳とは】

  • 2014.02.20 Thursday
  • 00:00

改訂版・秘境塩川へ(4)

【塩川瀧行禊ぎの功徳とは】



◎産土改定の大修祓

今回の2週連続の大雪は、産土神の管轄改定に伴う「大修祓(おほはらひ)」であったのだと拝察する。

これより大きく世の中は変わってゆくものと思う。新たなるサイクルの始まりだ。

今後、塩川は滝行・禊ぎ・密教霊術の根本道場となってゆくであろう。

今まで為した修行は、功を成した。産土そのものではなく、管轄外ではあるが霊威あるお社として正神界にて認定されたからだ。

塩川は産土社そのものではないが特殊な霊場として霊威を発揮する秘処である。

これは手箱神山(筒上山)の「筒城異境ヶ原」に直結せる「大瀧霊境(おおたびれいきょう)」
 
でも同じであり、地上の産土ではない管轄分類になるのであろうと拝察する。

海・川は「龍界(わだつみかい)」の所属であり、産土の管轄外ということがあるのだと思う。大瀧や塩川はそのような特殊な霊界に属するものなのであろう。


◎海神界の大神とは?

先回の記事で、わたしのオーラが緑碧(エメラルド色)に輝いていたということを書いたが、その色こそ「海神界(わだつみ)」のものであり、水の精である「青龍権現」のオーラだと言える。

実は、薬師如来とか薬師菩薩というのは、少名彦大神の化現したものであり、神通無比の神である大神真であるから、佛系の者を導く為に是くされている。

この如来(神)の御真言に「薬師瑠璃光真言」というものがあり、いままで温存してきたがいよいよ出す時が来たと思っている。

「瑠璃光(るりこう)」なんです。瑠璃紺色とエメラルドが交じりたる南洋の海のような輝きなのです。

◎滝行によるチャクラ開発法

ふつうインドのヨーガでいう「チャクラ」というものは、ある種の呼吸法などで開発覚醒するものだというのが常道である。

だが、わたしのいう方法はそういうものではなく、気合によって内部に振動をぶつけるものなのだが、声の発し方と、手の動き、身体全体、腰の入れ方、背骨の動き、その辺に秘訣がある。

それだけではない。「チャクラ真言」により体の内部の連動を図り、「金剛の気合」で潜在的勢力のクンダリニーに活を与え、内部の開発を行うというきわめてシンプルなものである。

ことに寒冷の流水で行うのがよく、身体の内部に自然に火がつくようにする。だから元々健康体でないと修行は無理である。


◎塩川瀧行の功徳と御神霊のご加護

ここで一番肝心なことを言おう。それは御神霊のご加護の必要性である。

我々のいただく「御加持の力」は、神通力が一番強大とされる「海神界」からのもので、この力を的確にいただくのは不可能に近い。

だが我々が塩川霊場で修行する時には、これが可能になるのである。そのようにスイッチが入る回路ができてしまったのだ!(※具体的にスイッチがある)


このことは非常な恩頼(みたまのふゆ)であり、僥倖なことであると思う。

神術では「塩川大神」として拝し、密法では「塩川大権現」として禮する。

「僊佛の秘伝」は,是くの如く人間界に具現した。

神僊の修道に入るために、身体の内部を「僊佛」の方法で開発する。


さればこそ凡夫が神に感応できるようになる。

このような画期的な効用を与えてくれるのが、塩川瀧行禊ぎの功徳というものである。


※「秘境塩川へ」は(1)〜(5)で完結致します!



禊ぎして いま霊光(れいこう)を 見つめおり

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM