スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    龍王堂【塩川大滝から大山詣りへ】

    • 2014.04.23 Wednesday
    • 00:01

    龍王堂【塩川大滝から大山詣りへ】



    相模の大山も尖がっているじょー。

    トンガリってのは功徳があるのかな〜?


    先般、大山詣りに出かけた。

    大山には中腹に大山寺がある。この寺院は、元々は現在の阿夫利神社のあったところに存在していた。

    大山寺の開基は、良弁上人であり、上人は塩川で青龍権現を祀り込み、出世して奈良東大寺の第一世の別当(法主)となった人物である。

    大山寺第三世は空海である。

    大山はかつては修験の山であった。山上には大天狗と小天狗が祀られていた。

    ここの頭領は日本八大天狗のひとり、大山伯耆坊(ほうきぼう)という、山陰地方の大山(だいせん)に棲んでいた大天狗である。

    故あって相模の国、大山(雨降山)に転任してきたのだと云われている。

    塩川大瀧では「小銭(小金)」を得るお徳がいただける。

    大山詣りをすると、さらにその「金運」が増すのである。

    金運が増す急処というものが、人体にはあり、その部分が大山登山で活性化するのである。

    大山詣りに行ったらケーブルカーには乗らないで、是非歩いて下から登山してほしい。


    女坂のほうにゆくと「大山七不思議」のお地蔵さんなど参拝できるが、是非お参りをお願いしたいのは、「龍王堂」と「大山伯耆坊大天狗」のお社参拝である。

    わたしがお参りしたらよいと述べていたと念じてみてください。


    また、お神酒を持参してご供養すると更によい。

    「龍王堂」は、先の良弁上人が大山にて、「大山龍」を感得し、その龍王が奉祀されている御堂である。

    わたしはお参りして、金運のつく祝文字を感得した。これは塩川大瀧の「タネ銭」と共にお守りとして授与することを考えている。

    スポンサーサイト

    • 2019.03.02 Saturday
    • 00:01
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM