霊術実践【禊ぎの神術を行う(1)】の補足

  • 2014.05.13 Tuesday
  • 00:00
霊術実践

補足【禊ぎの神術を行う(1)】

前回の記事【禊ぎの神術を行う(1)】の補足である。

先月の末にわたしは手箱神山に登拝し、大瀧霊境に巡拝した。このことは諸氏の知るところだと思う。

昨日の記事から「みそぎ」について述べ始めている。

「みそぎ」は主に塩・水で行うものであるが、様々な観点から禊ぎは行うことができ、且つ是非ともやってゆく必要性があるものなのである。



35年前の写真

現在の写真

一つは「記憶のみそぎ」ということだ。頭の中の記憶が感覚と共に固定化していて、時間空間的な流れに沿っていない。こういうことがしばしばある。こういうことでは、いくら修道しても正確に「サニワ」することができない。

正神は正心に感応し、邪心は邪霊につうじる。正心とは、正直さ公正さでもあるのだが、正しい認識(正知)ということも含まれる。

古い必要のない認識は、アウトプットしなければならない。記憶は人間において大切な機能ではあるが、時にそれが想像力を邪魔するものである。


  
行方知れずの知人とその知人の住居付近・ドヤ街(35年前の話し)

特に空間的記憶は上塗りして新たにする必要性がある。それでこそ「霊的なアイディア」が出てくるのである。

土地に関することに「産須那神」が関与していることは、霊学を奉ずる士ならば当然理解できることであろう。

であるから、わたしは現在横浜史というものの研究に着手し始めている。自分の育った地域の歴史的研究をしてゆくことは「産砂」の働きに同じうするものだと思う。

実際の寒の禊ぎも土台として必須で、さらに時間空間的な認識のみそぎがなければならない。

以上が、前回記事の補足である。


うーん!?なかなかむずかしいことを云うね〜
トンガリ的に云えば、レッドとオマルはどう違うのかってことになるのかにゃ〜







 

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM