スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    弘法大師の念佛口伝【彼岸花の咲くとき】

    • 2014.09.20 Saturday
    • 12:00
    弘法大師の念佛口伝【彼岸花の咲くとき】

    ◎お彼岸と阿弥陀佛



    街角に咲く彼岸花

    彼岸花が咲き誇る季節となりました。

    「暑さ寒さも彼岸まで」
    昔の人々の言うことに間違いはありませんね。

    少しばかりズレはあるにしても四季・二十四節気・七十二候の循環は正確です。

    天体・天地の自然はありのままです。

    今日9月20日から26日までお彼岸の期間です。お中日は23日(秋分の日)ですから祖霊祭祀、ご先祖さまの御供養にもっとも適した日です。

    太陽が真西に沈んでゆく、これは幽玄なる幽真界の法則なのです。

    西方極楽浄土といい、阿弥陀佛が教主ですが、阿弥陀如来は蓮華部の如来であり観音菩薩と勢至菩薩の両脇士は蓮華部の菩薩であります。

    蓮華部の他に宝部等ありますが、蓮華部は六道でいうと人間界に当たります。

    ですから阿弥陀佛や観音菩薩は人間界との縁が深く、娑婆世界に救いを垂れる仏なのです。

    そして位置は西の方に配当されるわけです。

    浄土教系の教えはいわゆる南無阿弥陀佛の念佛を唱えるものですが、実は念佛にも呪力を備えた法や死者弔いの念佛もあります。


    ◎仏教各派各宗旨の祈祷法と弔いの法

    念佛とは相対する法華宗(日蓮宗)には多くの祈祷法があり、法華経には観音経(妙法蓮華経・観世音菩薩普門品第二十五)があって蓮華部の救いがあるわけです。

    日本における仏教各宗派には祈祷的な方法や弔いの法というものがあり、門外の者では窺い知れないようなものを蔵しているのである。

    日本のみならずアジア全土、各国の仏教を見てみると、必ず祈祷の方法と死者弔いの儀式法式が存在する。

    スリランカなどは釈迦の仏教に最も近いものであろうが、彼の国の仏教ですら「悪魔祓い」のようなものがある。


    ◎仏教に限らない祈祷の方法と葬送儀式の法

    祈願・祈祷の方法があるというのは仏教に限らず、地球上すべての宗教、地域にある。死者の霊魂というものを認めている訳である。

    現代人は霊魂とか霊を迷信だと言ったり、死後の存在というものを考えないようにしている。ならば何故、お墓詣りなどするのであろう。葬式を行なうのであろうか?

    理屈を抜きに「霊魂」というものを認めているに他ならない。

    もちろん祈る(祈祷)するということも、新年や折々に行なう。まず暦というものが存在し、それに則って生活し、儀礼・儀式を行なう。これは万国共通である。


    ◎弘法大師の念佛口伝

    弘法大師は真言陀羅尼宗を創始した聖者であるが、「念佛口伝」というものを遺しておられる。

    真言宗の念佛と言えば、光明真言を唱えることを思い浮かべる方も多い。光明真言はチベットの六字真言(観音)である「オンマニペメフム」の大呪なのであり、観音菩薩所伝のご真言であるから、蓮華部のマントラとして人間界に相応しているものである。


      
    弘法大師念佛口伝集と大師文字による利劔六字名号

    だが、実際に弘法大師の「念佛口伝」というものがあるのである。わたしの師匠筋の方のお一人は、念佛真言行者であった。しかしどのような根拠・論拠をもって、念佛をお唱えしているのかは、まったく不明だった。

    しかし、後になり弘法大師に「念佛口伝」のあることを知った。

    各派において深いものを蔵しておるから、少し齧って論じたり屁理屈を言ってみても、お話にならない。

    殊に整体をやっているような若造は、宗教のなんたるかも分からない小僧なのに、神社には神などおらず邪気ばかりがあるだとか、宗教は相互依存だとか、知ったかぶりをする。実に底が浅く、精神が病み、心の大事な部分が欠落しているのが明瞭である。

    こういう連中はもはや日本人とは言えないので、このお彼岸にお墓参りや親孝行をして、空っぽの脳みそを点検したらよいと思う。

    これからは「霊性の時代」なんですよ。体ばっかり相手にしているような整体では対応できないのです。

    まあ「霊性」を磨こうと思うのならば、妙な自分を捨てる事、無功徳の功徳というものを学ぶことが先決だけれども・・・。

    念佛の中にも仏教の深い教えが包含されており、弘法大師は詳しく解説している。法華では、「南無妙法蓮華経」というお題目をお唱えするが、この題目にも仏教の深い教えが詰まっているのだと思う。

    ともあれ篤信の諸氏は、自分のご縁のある法によって、お彼岸の時期に祖霊祭祀をすることをお勧めする。


    おまえいきなり念佛ってさぁー 先週は日蓮聖人だったじゃんよー 相当素養がないとついてゆけないじゃろー でも言っていることは分かる 手あわせてご先祖さまを拝めってことじゃろー このままでは若造が日本人の遺風を忘れて整体だの霊術だのほざくからだろー

    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
    同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

     

    スポンサーサイト

    • 2019.03.02 Saturday
    • 12:00
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM