江ノ島の洞窟へゆく【大海原の女神に祈請す】

  • 2014.09.22 Monday
  • 00:00

江ノ島の洞窟へゆく【大海原の女神に祈請す】


昔の江の島第一洞窟の写真

◎江の島と塩川大滝〜富士人穴をつないで祈請する

この秋のお彼岸は祖霊祭祀・先祖供養する吉祥なる期間であるが、10月9日(木)からはいよいよ「大司命節」がはじまる。

この大司命節の期間に、幽真界の中枢では霊鏡台の幽事によって運命の改定が執行される。

審らかには、現界の太陽暦10月9日〜11月8日の期間であり、11月の初旬の祈念は祖霊にとって非常に重要である。

人にはそれぞれ因縁業報があり、産霊紋理(むすびかため)がある。宿命、運命、使命というものがあるのである。

この期間はそのことに沿って祈るべきであり、自らの命徳を果たすべく天神地祇に祈請し、その功徳をご先祖に廻向して、冥福を願うことが肝要である。

自己の存在は、父母からくる「水・土の徳」と、宇宙の大元霊(天御中主太神)より下賜されたる「霊(火)」から成り立っており、仏教でいう業、神道でいうケガレは、父母所生の肉体を通して顕現する。

水・土は、人体に於いては「血も含めた髄液」「骨や歯」になり、特に悪行は水に宿る。

便所の汚物は、水・土に分類されるゆえに、浄化力を持つ「ミズハメノカミ」と「ハニヤスヒメ」という神が司っている。

五行でいうと、土生金であり、金生水であり、土と水をつなぐのは金であるから、水・土の不浄を清浄にすれば、金は安定する。故に雪隠(せっちん)を浄むれば開運したりするのはこのためである。

トイレの掃除をするとお客が来るというのは、ヘッポコ整体師が言うような、無心になった由縁ではない。底が浅い若造は、すぐに「無心」だとか「雑念が消えるから」などと知ったかぶりで言うが、霊的な知識を熟知しておればそのような幼稚なことは言わないものである。上記のような幽玄な原理があるから財運が変化しお客が来るようになるのである。

ともあれ、何年も大司命節の期間に相応の祭祀を行っていると、どうすればよいかお示しが出てくる。自然に分かるようになっているのだ。それが分からないうちは、ただひたすら理屈抜きに毎年毎年実践してゆくことだけが唯一の道である。

だが、経験した者から言わせれば、一つの過程を経れば必ず自分の使命や為すべき功徳積集の内容が判然としてくるものである。

わたしの場合は、大司命節の前哨として、秋のお彼岸期に江ノ島の洞窟にて祈請すること、塩川と富士人穴をつなぐお祈りをすることである。

その祈請によって「霊書」「秘伝書」を更に得ることになる。「霊書」「秘伝書」を得るということは「道福」があるということであり、それは「道縁」があるということの証左である。

だが「霊書」を得るということだけでは、道は成就し難いのである。「霊書・秘伝書」は所詮、素材なのである。この素材にどう味付けをするのか、どう調理するのかということである。ここが肝心である。さて、美味しくいただくにはどうすればよいのだろうか?

その為には努力以上の「情熱・狂気」が必要なのである。寝ても覚めても頭のどこかで考え続け、思念しているようでなければ、素材の味付けなどできはしないのだ。

江ノ島第一洞窟は、鳴沢氷穴につながり、第二洞窟の奥の穴は、仁田四郎の富士人穴につながっている。また、第一洞窟はあまたの聖者が籠った聖窟であり、日蓮聖人も此処にお籠りし、日蓮寝姿の石が洞内に遺っている。

江ノ島洞窟で祈ることで、よりたくさんの霊書を得て、その内容を世に出す事の使命が明確に指示される。これがわたしに課せられたあり方なのである。
(※昨日、江ノ島第一洞窟にお詣りして、無事に秋のお彼岸期の祈請を為すことができました)


栗よりうまい十三里半

桃栗三年柿八年の続き文句は、柚子の馬鹿芽は18年、梨の馬鹿芽は18年、人生一生などいろいろとありますが、わたしの好きな句は「桃栗三年柿八年、栗よりうまい十三里半」ですね。

「栗よりうまい十三里半」て何のことだか分かりますか?

サツマイモのことです。栗とサツマイモを比較したのです。栗を九里と当て字し、栗(九里)よりの、「より」を「四里」を当て字して、四里+九里で十三里。十三里は、サツマイモのことなのです。

十三里半の半はおまけのことだという説もあります。サツマイモは掘ると小さいのがおまけみたいについているでしょう。また、サツマイモの生産が盛んだった頃に川越あたりから江戸まで十三里だったからとか・・・。十三里は栗のことで、十三里半でサツマイモが半里上回っていると、まあいろいろな説があります。


秋限定 栗アイス(猫まる風)

ですがやっぱり秋の栗の甘み渋みという点で、サツマイモは栗に敵わないと思いますね。美味さの質が違うので、まあ比較はできないのでしょうが・・・。

ということで、栗を素材にして「栗アイス(猫まる風)」を作ってみました。

秋のお彼岸のひと時を楽しんでみました!どうです如何でしょうか?


どんな味か教えろよー うまいもんばっか食っておまえズルいにゃー 栗はいまの栗よりもう少しあとで収穫できる種類のがもっと美味いんだじょー 情報料として「栗アイス」を食わせるにゃー

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

 

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM