スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    映画紹介・ディオールと私(原題 Dior et Moi)

    • 2015.03.30 Monday
    • 00:00

    ディオールと私(原題 Dior et Moi)


    ◎映画紹介


    https://www.youtube.com/watch?v=41OeyrxveOg 映画『ディオールと私』予告編

    〔スタッフ〕
    制作国 フランス、監督制作 フレデリック・チェン
    撮影 ジル・ピカール、フレデリック・チェン
    編集 フリオ・C・ペレス、
    フレデリック・チェン
    音楽 ハヤン・キム
    音楽監督 マイケル・ガルベ

    〔キャスト〕
    ラフ・シモンズ(全てのスタッフ・キャストを見る)
    劇場公開日 〕



    作品に厳しいチェックを入れるラフ・シモンズ

    ◎解説

    老舗ブランド「クリスチャン・ディオール」全面協力のもと、オートクチュールの裏側に迫ったドキュメンタリー作品である。

    2012年、空席になっていたディオールのアーティスティックディレクターの座に就任したラフ・シモンズ。自身の男性ブランド「ジル・サンダー」で活躍するシモンズ。しかしその認知度は低く、オートクチュール界での経験は皆無。

    この大抜擢は世界中のファッション関係者を驚かせたのだ!



    時にぶつかり合いながら指示をしてゆく!

    通常のコレクションでは半年近くの準備期間が必要とされているそうだが、ディオールでの最初のコレクションまでに、シモンズに与えられた時間はわずか8週間しかなかった。

    とても限られた時間の中で、世界中が注目するメゾンのコレクションを成功させるため奮闘するデザイナーや職人たちの裏側に完全密着。

    ドキュメンタリー映画として、すばらしい作品です!!

    わたしのように何も知らない素人でも、フランス人の美的感覚やファッションの奥深さを垣間見ることができるでしょう!


    一つのひとつの色の出し方にこだわるシーンなんかとても感動しますね。 “一事百通”の言葉通りフランスはどこで切ってもどこまで行ってもフランスです。 シドニー五輪で柔道の篠原選手がフランスのドゥイエ選手に“世紀の誤審”で負けた時にフランス嫌いにわたしはなったのですが、その後いくつかの出会いがあり、頑なに閉ざした態度を変えました。 フランス人の色に関する造形・感性はすばらしいと思っています。

    先生! エジプトもどこまでいってもエジプト、どこを切ってもエジプトでしょうか?

        
    あたりまえじゃろ猫神! おまえ前回、遺跡ばっかりだって発言してたろ butトンガリは魔術師のアレイスター・クロウリーのエジプト装束は大好きだじょー!(クロウリーの本気の眼が恐いけど・・・) 

    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
    同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

    スポンサーサイト

    • 2019.03.02 Saturday
    • 00:00
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM