聖エメラルドグリーン・ターラの祈り

  • 2015.04.30 Thursday
  • 00:00

聖エメラルドグリーン・ターラの祈り



聖なるターラ菩薩の図像(川島所蔵)


◎4月29日の早朝に霊夢を見る

わたしは4月29日(祝・水)の早朝に霊夢を見た。

それは少ない人数で見たことのない秘境にゆくという夢だ。

その場所はかなりの高地の山間部で草原が広がっている。湿地帯も共存している。まったく不思議な場所だった。




霊夢で行った場所はこういう感じの所だった

そこに連れてゆかれた目的は明らかで、深い冥想をするため、霊的な修行をするためだった。


◎沈黙の六芒星

移動途中の車中から旗が立っているのが見えた。

その旗は揺らめいており、明らかに青い六芒星のデザインであった。

そのデザインがアナハタ・チャクラを意味していることは明白だった。
(※そういえばアナハタチャクラのヤントラには旗のような文字が中央にありました!)


 
六芒星の旗が揺らめいていた!

だが、その旗の見える付近では、話をしてはいけないのだ。

そこではそのようなルールらしいのだ。

一人の指導者が沈黙を守るようにわたしに手振りで伝えた。

沈黙と胸のチャクラは関係があるらしい。



身体教育研究所総帥・野口裕之氏
(ダン先生の愛称で知られている)



◎その指導者とは?

その一人の指導者は、野口整体の祖師・野口晴哉先聖のご次男・野口裕之氏だった。
(※あくまでも夢でのお話なので誤解なきように・・)

彼のような感じの方がその一団(15人ほど?)の指導者だった。

しかし、目を閉じると本体が違う方であることがわかった。
(※野口裕之氏の形をとっているが“超人”ともいうべき方なのだった!!)

下の絵図に示した方が引率し、指導していたのだ。



超人マスターの御尊影(図絵)

わたしは水っぽい感じのする草原・湿地帯で、見た事もない植物を踏みしめ、そこに敷物を敷いて冥想した。

そこにいたのは日本人だけではなく、外国人が大半だった。


※ここまでの記述は“霊夢”の内容を描いたものなので、現実とごっちゃにしないでご理解ください。


◎ソータパッティ(ソハン)の流れに入る

胸のチャクラ(アナハタ)を開いて、第一段階の秘儀を受ける。その準備の為なのだ。

ソータパッティの段階に入る。これを得度といい。すなわち預流(流れに預かる)という果報を得ることなのだ。修道上、これが最も重要なのである。

わたし以前から提唱していた、佛僊真道(佛僊神道)とは“預流果”を得るこの道のことなのである。

人間の発達段階には3つの大きな節目がある。

1番目が個人化。2番目が第1段階の秘儀を得て
ソータパッティになること。3番目は相当に遠い未来におとずれる超人化だ。

だが、人間で第2番目を越える者はほとんどいない。

今生で第1段階の秘儀を受け、
ソータパッティの段階の準備まで来れたことは幸運だった。

聖エメラルドグリーン・ターラ菩薩の祈りは、その秘儀・段階へ誘う、加行・課行とも言うべきものだと感じている。すなわち“愛の祈り”愛の冥想ヨーガ”の実践である。

ーーーーーーーーー

日本赤十字

1.受付期間

平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

2.ご協力方法

(1)ゆうちょ銀行・郵便局

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

ーーーーーーーーー

赤ターラ、黄ターラ、白ターラ、緑ターラと効能(働き)の違うターラ菩薩がいるわけですが、青ターラというのは一般的にはございません。青ターラは、憤怒の女神でありゾクチェンの護法尊なのです。ですから青のターラは、緑に摂っして行なうわけです。わたしはそれを聖エメラルドグリーン・ターラ菩薩としてアヌヨーガの本尊としているわけです。

(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM