シークレットライブ“カンドロと声明師の饗宴”

  • 2015.07.22 Wednesday
  • 10:00

シークレットライブ

“カンドロと声明師の饗宴”




◎“声明師”ついに始動す!!

わたしの家系的血脈は熊野の神主から来ている。

およそ800年前に熊野の古い神社の家系の者が、武将土屋氏によって招聘され平塚に居住した。わたしはその平塚で生を享けた。平塚のそのあたりの地形は遠い御先祖さまの居られた地形と似ているそうで、熊野の故郷をとても懐かしんだと伝えられている。それがわたしの直系のご先祖の話である。

宿命的に、神社に奉職するとかいうことではなく、生まれた時から“神事・祭祀”をおこなうように定められている、それがわたしという人間である。

このたび不思議なご縁により“神々の饗宴”と題して神事ライブを行なうことになった。

ある広報関係のプロがわたしのことを“声明師”と名付けてくれた。これは的を得た命名だった。





◎シンギングボウルと言霊“神々の饗宴”

チベッタンボウル、シンギングボウルというが、その歴史は相当古い。伝統的には3000年とかいうのだが、実際にはもっと古いものだと思う。




音を使う治療というべきものなのである。本当に癒しができる力量のある人が、本物のボウルで行ったら、人は何かを感じる筈である。

わたしはすごい古い記憶が出てきた。それは古代ギリシャとかエジプトというような時代のものだった。

この日のシークレットライブで使用されたボウルは、宗家より伝承された“800年前”“500年前”のシンギングボウルであり、聖なる法具として、幾多の聖者方が用いたものだったのだ!

数百年も前の人々や高僧が同じ音を聴いて“チャクラに刺激を与えていた”!!
この事実と20日の共演は、まさに饗宴でもあった。

いみじくも7月20日(祝)、チベット暦のお釈迦様の『初転法輪(しょてんぽうりん)』の吉祥日に、カンドロと声明師、シンギングボウルと言霊の音色が融合することとなった!
初転法輪(しょてんぽうりん)とは、お釈迦様すなわち仏陀釈尊が、はじめて佛の教えを説いたとされる吉祥の日。この初転法輪から仏教が始まったのである。)




◎心を異次元に誘う

神秘のボウルの音色と言霊(祝詞、マントラ、真言)は、融合して人々の心を異空間、異次元へと誘う。

この日、音のワークを通して人々は、鎮魂し、意識は宇宙へと飛翔した!


ありゃ!? 職種が変わったのかぁ〜〜! なんでジージョがいるんだよ!?
 ♪チュウチュウ!ボクも神々の饗宴に参加したいなぁ〜!
ーーーーーーーーー
ネパール地震義援金

日本赤十字

1.受付期間

平成27年4月27日(月)から平成27年7月31日(金)まで

2.ご協力方法

(1)ゆうちょ銀行・郵便局

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「2015年ネパール地震」とご記入

ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当
ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 10:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM