懐かしのシネマ【崖 フェデリコ・フェリーニ監督】

  • 2013.01.29 Tuesday
  • 14:12


映画【崖】

 

 



アウグスト(ブローデリック・クロウフォード)、ピカソ(リチャード・ベイスハート)、ロベルト(フランコ・ファブリッツィ)は詐欺師の三人組。

無智で信仰心の強い百姓達をあざむき、僧侶にばけて金銭をまきあげるのをこととしていた。アウグストが司祭(枢機卿の遣い)、ピカソが副司祭、ロベルトが運転手となって、あらかじめ埋めた偽の財宝を掘り出しこれと引替えに百姓から多額な献金を受けるという手口である。

次に彼等はバラック小屋の貧民を役人であるとだまし、新しいアパートの申込金として少なからぬ金を手に入れた。

自称;絵描きであるピカソは妻イリス(ジュリエッタ・マシーナ)に対して良き夫であり一人娘がいた。彼女は夫がペテン師をやっているとは知らない。

アウグストらは、たまたま昔の仲間で今は成功した男の新年パーティに招かれ、ピカソは妻イリスをともなって行った。

仲間のロベルトが客の純金製煙草入れを盗んだところから、イリスは夫の仕事への疑いをもつ。そのことがキッカケでピカソも真面目な生き方を考えるようになる。

一方アウグストは、長い間別れていた娘に偶然会い、父性愛にめざめてしまう。

美しく成長した娘を食事に誘い、学費の援助も約束した。そして映画にさそったところ、かつて彼にだまされた男に発見され、娘の前で逮捕されてしまう。

アウグストは六ヶ月の刑に処せられ監獄を出た。しかし、かつての仲間のピカソもロベルトもローマから去ったことを知った。

アウグストは、他の詐欺一味と再び司祭に化ける詐欺をはじめた。

一軒の百姓家を訪ねるとそこに自分の娘と同じ年頃の体の不自由な娘がおり、アウグストを本当の司祭と信じて祝福を願った。アウグストは良心の呵責によって祝福を与えることができない。

ペテン師の胸にもふと後悔の念が浮んだが、その帰路、彼は詐欺で儲けた金を独り占めしようとし、自分の靴の底や胴体に金を隠した。

仲間には、農家の娘に金は返したと言うが、信用されない。(※ペテン師なので、不幸な娘のことまで利用して、詐欺仲間まで騙した。)

アウグストは「おまえたちは人間じゃない」と言って仲間を罵倒する。

だが、仲間はアウグストが金を独り占めしていることを疑い、追いかける。監獄から出たばかりの彼は大金などもっていない筈である。

お金を持っているから、アウグストは老いぼれた走り方で逃げる。

そして仲間に石をぶつけられ崖の下につき落されてしまう。背中を岩の角に痛打し、隠し持っていたお金を仲間にすべて剥ぎ取られる。

アウグストは娘にその金をやるつもりであったのか?、それは不明だが、とにかく大金をつかむ夢も儚く消え、ようやく崖から這い上った彼は、声にならない助けを呼びながら息たえた。

これが背徳者の結末であった。
 
この作品は監督のフェリーニが若い頃にあったペテン師との出会いがもとになっているという。

題名は、日本では『崖』だが、実際には「虫けら」とかそういう意味である。

わたしとしては、背徳的行為をしていることから、タイトルは『冒涜』のほうがふさわしいのではないかと思うのだが・・・。

主役の詐欺師アウグストの娘の美しいこと。おやじのアウグストの生き方とはあまりにも落差がありすぎて・・・あまりに不幸で残酷で衝撃的でした。

いや〜〜、映画ってほんとうにいいですね!
 

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 14:12
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM