スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    平成27年9月12日子丑の刻 龍口ご法難会

    • 2015.09.13 Sunday
    • 12:00
    平成27年9月12日子丑の刻 龍口ご法難会

    745年前【日蓮聖人による寂光浄土の顕現】



    寂光山 龍口寺のご本堂


    日蓮聖人 「龍口御法難」縁起

    日蓮聖人の「龍口御法難」は、今から745年前の9月12日の子ノ刻(午後11時〜13日午前1時)〜丑ノ刻(13日の午前1時〜午前3時)に実際にあった事件(御法難)である。

    12日の午後7時と午前0時(実際には13日)の二度にわたり「ぼた餅撒き」をする。

    鎌倉時代に出現した傑僧・日蓮聖人は在住の鎌倉より江ノ島指呼の地、死罪の処刑場であった「龍ノ口(たつのくち)」に引き回された。

    途中、信徒の老夫婦が慌てて作った胡麻のぼた餅を食し、生きることを悟った。

    一説には、ぼた餅を木製の鍋蓋をお皿代わりにして持参したという。
    (※この鍋蓋は龍口寺の御宝物として保存されている)



    聖人に「黒ゴマぼた餅」を奉る桟敷尼

    ちょうど七里ヶ浜あたりの路での出来事だったと思われる。聖人に献じると、地べたに餅が落ちてしまい、笑いながら「まるで胡麻のようだ」と拾い、喜んで召し上がられた。

    首が刎ねられる直前だというのに冗談を云われ、信徒の老夫婦を労ったという。

    餅米は生きるために食するのであるから、それを得たということは、これからも生きる証しなのである。米は「込め」に通じ、生きる願いを込めつつ食する。また、胡麻は「護魔」に通じ、魔から護られることを意味する。



    龍口寺の“首つなぎのぼた餅”(真ん中に猫コースターを配置!)


    ◎玄米正食7号食の完遂の証し


    9月12日未明の「龍口法難会(たつのくちほうなんえ)」では、法要の後で、魔除け・厄除けの「ぼた餅撒き」をする。

    2年前には、この「首つなぎのぼた餅」が顔面にしたたかに当たり、その瞬間「自然法爾の心」を得た!昨年は、日蓮聖人ご法難と同い年の参詣だった。

    今年は、玄米正食7号食(8号食断食法取り入れた)を完遂、13日の午前0時をもって結願し、その玄米以外ではじめて食したのが、日蓮聖人ご法難由来の「首つなぎのぼた餅」であった!!

    聖なる断食法も取り入れた、玄米正食7号食を行なって、神の道・佛の道の真髄を得た。その期間に膨大な教えを自ら知ることになった。つまり自然と自得したのである。

    この体験を綴ったらそれは一つの書物になり、教えになってしまう。それくらい断言できるだけの内容をわたしは得たのです。そのお終いである結願が“龍口寺ご法難会”と重なったということです。



    日蓮聖人が幽閉されたこの牢前で私は焼香の上「観音経」を読経します!


    ◎33相の因縁を解く方法

    日蓮聖人ご法難以来、竜ノ口の地は「寂光浄土」という霊地になりました。

    実は一昨年以来、わたしは法華経を読誦し自分なりに研究してきました。

    幾つかの秘伝を得ることもできました。因縁を解く行法は、相を観る方法と共に“法華経”に納められていたのです。

    人間が持つ因縁に33種類があるという。その33相の因縁を解く、そのような法が法華経に記されている。



    白い紐が日蓮聖人秘像と信徒をつなぐ聖紐です(龍口寺境内)

    日蓮聖人は、龍ノ口のご法難について次のように述べている。
    「日蓮と云いし者は去年(こぞ)九月十二日子丑の時に頸はねられぬ。此は魂魄佐土の国にいたりて返年の二月雪中にしるして有縁の弟子へおくれば、おそろしくておそろしからず、みん人いかにおじずらん。」
    (開目抄)

    文永8年9月12日〜13日「生身の日蓮(50歳)」は死に、以後は「本化上行菩薩(ほんげじょうぎょうぼさつ)」として自覚をもって下化衆生・衆生教化の為に生きたのである。

    わたしの前世の名前の一つに「上行院○○」というものもあり、およそ2つの前世の記憶を鮮明に思い出し、現在のところ感覚しております。

    ーーーーーーーーー

    玄米正食および7号食を3ヶ月強おこないまして、体重が11キロ減ということになりました。たまった業の脂を3ヶ月かけて少しずつ溶かし、あるいはエネルギーに変換し無くしてしまいました。これは食物を摂らないで痩せたりする事とは全く意味が違います。
    わたしの指導通りやれば必ず結果がでます。人生が大きく変わります。

    にゃー! おまい“ぼた餅食わせろ!” あれっ?去年も同じようなこと云ってたかにゃ!?
    ーーーーーーーーー
    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
    同著者の過去のブログ記事一切(当
    ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

    スポンサーサイト

    • 2019.03.02 Saturday
    • 12:00
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM