サヨウナラ!!ゲゲゲの水木しげる先生!

  • 2015.11.30 Monday
  • 14:30

サヨウナラ!!ゲゲゲの水木しげる先生!



◎水木しげる先生逝く!

漫画家・水木しげる先生が11月30日午前7時頃、心筋梗塞のため東京都内の病院でご逝去されました。享年93歳。鳥取県出身。

水木先生は11月11日に東京都調布市の自宅で転倒。頭部を強く打ち、入院していたという。

先生は高等小学校卒業後、漫画家をめざし、大阪で働きながら漫画を学び、戦争中は陸軍の兵隊としてニューギニア方面に出征。戦後は一時紙芝居を商売にしていた時代もあった。1958年に貸本漫画家としてデビュー。「河童の三平」「悪魔くん」などを発表。「ゲゲゲの鬼太郎」が妖怪を扱う人気漫画となり、テレビアニメ化されて飛躍し、妖怪ブームが巻き起こった。



マンガ 墓場の鬼太郎の一コマ

幼少時に妖怪の話を教えてくれた老婦人との交流を描いた自伝的なエッセー「のんのんばあとオレ」「水木しげる 妖怪大画報」のほか、「総員玉砕せよ!」「娘に語るお父さんの戦記」など、戦傷で左腕を失った自らの戦争体験に根差した作品も多い。これらは戦争を経験した者にしか描くことの出来ない文化的遺産だと思う。

特に幼少期を過ごした鳥取県境港市には愛着があり、93年には「水木しげるロード」が設けられ、03年には「水木しげる記念館」が建てられた。10年には妻の布枝さんが書いた「ゲゲゲの女房」がNHK連続テレビ小説として放映された。91年に紫綬褒章、03年には旭日小綬章を受章。10年文化功労者。



◎百歳まで生きて仙人になる!

水木しげる先生は、わたしが思う“市井の仙人”のイメージにピッタリだ!

TVに生主演しても奥さんの横で平気で鼻くそをほじっていたり。とぼけていてユーモアにあふれていた。

最近、昔の話を知る方々がどんどんお亡くなりになっている。仏道修行では長寿というものを祈願する。長くこの世に留まって一体何をするのかというと、自分の修行を継続して行なうことと、一切衆生・すべての生きとし生けるものたちの為に修行する為である。

わたしはこの頃、思っていたのだ。元気で人間百歳まで生きれれば相当なところまで霊的知識を得、相当な進化ができると。だから百歳まで元気に生きて修行しなければならないと。もし仮に二百歳まで生きれたら生き字引きのようになってゆく。精神と霊魂を相当のところにまで持ってゆくことができる。

水木先生の強く楽しい生き方を想い、わたしは上記の思いをあらたにした。

ゲゲゲの水木しげる先生の御冥福を心からお祈り申し上げます。合掌。
ーーーーーーーーー
  
(=^・^=)V にゃー!
“八割れ猫”おまい幾つだー! 
なぬ!宇宙猫より3ヶ月年長だったのかよー〔汗〕!?
先輩だったわけにゃー! いいや黙っておこうっと!? 
ーーーーーーーーー
(ご注意)
当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 14:30
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM