スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    日輪菩薩への祈り!“語り創作声明”を初披露する!!

    • 2016.01.25 Monday
    • 15:00

    日輪菩薩への祈り!“語り創作声明”を初披露する!!




    ◎語り創作声明を初披露!

    昨年からわたしは創作声明ということで、祝詞やマントラ(御真言)その他を声明のような形式で、シンギングボウルとの共演で音色を奏でてきた。

    新年からは是非、“語り声明”ということを行ないたいと思い、演目づくりと稽古に取り組んできた。

    お陰さまで寧日待った甲斐があり、24日(日)にこれを初披露することができた。


     

    ◎演目は“月光の神々”と“猿田彦大神・神猿”がテーマだった

    演目は猿田彦命とアメノウズメ命の天孫降臨の段。月の神々の声明等々であり、運命の導き、神猿(まさる)の加護、道開きの音色を共有するということが、一つのねらいだった。

    語るのは独りだが、神々の問答を演じつつ、声明の切り換えてゆく、ここに神事と芸能の境界線があるわけで、神の世界・佛菩薩の世界は芸術と接点があると思うのである。



    ◎日本書記“天孫降臨”の話

    記紀(古事記と日本書記)において、天孫降臨の段は、すばらしいものの一つであり、日本と云う国の根源に関わる部分だと思う。

    緋の衣を纏いて、アマテラスオホミカミの御神言を奉唱し、月読大神を秘詞で称え、日輪の菩薩を念じて、弥栄を祈る。日輪の菩薩は、日蓮聖人が京都の南禅寺で感得した菩薩で、真っ赤な日輪に中に、月天子と日天子が黄金で立つというもので、秘仏である。これをわたくしは所蔵している。

    次回は、天津神瓊瓊杵尊の天孫降臨から富士浅間大神(木花咲耶姫大神)との契り合いに至る物語である。

    とうとうここでも富士の大神が出てまいりました!!

    ーーーーーーーーー
    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

    同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

     

    スポンサーサイト

    • 2019.03.02 Saturday
    • 15:00
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM