スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    四海平和への道 “霊学講座の鼻祖への追悼”

    • 2016.05.31 Tuesday
    • 00:00

    四海平和への道

    “霊学講座の鼻祖への追悼”

     


    ◎オバマ大統領の信じること

    この度、オバマ米国大統領が広島にゆかれた。さかんに報道で伝えられている通りだ。ご自分の立場の許す限りにおいて、核兵器の不幸を示された。未来の子供たちに不安で悲惨なことが起きないようにという意思が伝わってきた。



    アメリカの現職大統領という職にあるなかでの広島入り。彼の立場、矛盾は人類が抱えてきた矛盾であり、その状態こそが今の人類の在り方なのだと思う。核の脅威を広島で説く。原爆を実際に被爆した人々の前で、爆心地で演説する。その自身の周囲には警備が厳重につき、核の発射指令装置が常に寄り添う。この矛盾はオバマ大統領の矛盾ではなく、今までの人類の矛盾である。



    ◎霊学講座の鼻祖

    霊術・霊学を確固たらしめた先達に、ご存知 松本道別翁がいる。「まつもと どうべつ」ではない、「まつもと ちわき」と読むのである。いつも述べる事だが、ヘボな整体屋みたいなのが、「どうべつ」などと読むのである。これは素人甚だしい。道の先達のお名前の正確な読み方すら知らない。こんなことでは整体だの療術だの言ってもお話にならん。

    霊学のまとまった体系を記述せる書籍の中で松本先聖の『霊学講座』を越える書はそう多くない。武州御岳山の守護神からの厳命で書いたものだけあって白眉中の白眉の書である。

    5月31日は翁のご命日である。翁の奥津城(墓所)は多磨霊園にあるので参詣される方は本日が好機である。あるいはご自宅でもよいから神前あるいは仏前で斯道の修道の進捗と恩恵を祈念するのもよい。翁は太平洋戦争の最中にご逝去されている。神僊道の秘伝も相当受けておられたようであるから、当然ご仙去されたものと拝察する。

    翁の秘伝的なものは、おそらく整体法の創始者・野口晴哉師のもとにいったのだと思う。野口先聖という方は、仙術すら心得ていて相当な奥伝まで体得されていて、亡くなる際には奥様にはその神秘を示されたのだと、わたしは考えている。

    私自身はすでに野口先聖や松本先聖の掴まれていたものからは離れて独自の法をつかんでいるので、霊学や霊術には拘りはないのであるが、いまだ道を得ず、彷徨している求道者もおられることと思い、これらのことを話題にしている訳である。

    どの時代にあっても世の中が安穏として、安心して暮らせることが多くの人々の願いだと思う。松本道別翁にしても四海平和を願っておられたことは明白だと思う。

    霊学・霊術とは、霊的な祈りの中に在る。翁の死後、数年後に広島・長崎に原子力爆弾が投下された。つい先日、戦後71年経ってはじめて原爆を投下した国の大統領が広島に来た。そして本日は霊学講座の鼻祖・松本道別翁のご命日。いま霊術の祈りは、四海平和に通じゆくべき時なのだと思う。



    ◎わたしの夢

    明治・大正〜昭和初期と約30年〜40年ほどだろうか?この間に霊学・霊術的なものの発信が日本では為された。それはマジナイ的なものから神懸り、治療術、運命学にいたるまで広範囲の方術が世間に流出した。一時は全国に霊術をもって生業とする者、3万人が存在していたというから驚きだ。

    わたしが夢見るのは光明遍照という理念の実現だ。その一つとして、霊術や霊学を人類進化の技術としてスポットを当てて、遺してゆくということがある。

    読者は大きな視点で考えていただきたい。つい数年前、東日本大震災の時に、福島原発が危機に見舞われ、放射能の問題はいまだ解決していない。おそらくわれわれがこの世からおさらばしても、フクシマの問題は残り続ける。とんでもない問題を未来の子孫に遺してしまったのだ。

    そして広島におけるオバマ大統領の矛盾。大きな歴史、大きな時間の流れから言えば、核兵器や原発の問題・矛盾は、同時期におきているのである。この問題は人類の生存に関わる問題だと思う。

    ここに光を当てて、正しい識別と離欲ということを、人類が実践しなければならないと思う。相互に支え合って人間は生きているのだ。光ある所に智慧が生じ、識別が生じ、離欲が生じ、合一がある。

    ーーーーーーーーー

    (=◎・◎=)/
    宇宙猫も安穏がいいニャ〜!
    基地外反対!迫害反対ニャ〜!?
    らくちん大好き、寝まる大好きニャ〜!!
    ーーーーーーーーー
    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。

    同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)

    スポンサーサイト

    • 2019.03.02 Saturday
    • 00:00
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM