竜徳霊諭【神通秘道を示す(38)】

  • 2017.03.06 Monday
  • 00:00

 

竜徳霊諭【神通秘道を示す(38)】

 

 

水晶球凝視に使う大玉の水晶(著者 所蔵)

 

 

◎水晶球の魔術(密教の秘伝「月輪観」)

 

もう少し「竹取物語」を見てみましょう。

 

『今は昔 竹取の翁と言ふものありけり。野山にまじりて、竹をとりつゝ、萬のことにつかひけり。名をば讃岐造麿となん言ひける。その竹の中に、本光る竹ひとすぢありけり。怪しがりて寄りて見るに、筒の中 光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人いと美しうて居たり。・・・』

 

竹取翁の名は、讃岐造麿と言いました。「さぬきのみやつこまろ」と読む。「造」は「みやつこ」で、よく「国造(くにのみやつこ)」と言いますね。“みやつこ”は、御奴です。奴僕、民です。当時の竹取りは身分は低かったのですが、お仕えしているわけです。

 

チベット麺 トゥッパ

 

讃岐に所縁のある翁である。讃岐と言えば「讃岐うどん」。ヨーロッパから日本までの所謂シルクロードには重なるように「麺ロード」が存在します。姿かたちを変えて麺類があるのです。昔カトゥマンドゥ(ネパール国)に行った時にチベット人村に逗留していましたが、よく麺類をふるまってくれました。それが「トゥッパ」で、まあうどんです。「トゥッパ」から「スッパゲティ」「パスタ」ということを連想しました。

 

御承知有るかと思いますが、讃岐にうどんを伝えたのは、弘法大師空海だと云われています。空海の幼名は「真魚(まお)」です。キリストの象徴は「魚」です。真の魚だというのです。彼はやがて遣唐使として唐に渡り、密教をはじめ大陸の最先端の思想宗教、文化全般をもたらしました。

 

なんといってもインドから三国を経て伝承された「密教」、これを我が国に伝えたことが一番の功績でした。密教には即身成仏を可能にする特別な修行方法があるわけですが、本当に秘伝というものを論じた書物・論書を見た事がありません。

 

竹取物語の竹取翁「讃岐造麿」の名に秘められた「密策」の骨子に讃岐が関連あり、空海のもたらした密教にその秘密の一端がある。これがわたしの秘解であります。密教の修法の基礎であり、神通力(超能力)体得の方法は何かというと、それは「月輪観」なのです。

 

密教の秘伝「月輪観」。現代ではいくらでも本が出回り、少し探索すれば「月輪観」くらい知ることが出来る。密教をやっている人も『わが心月輪(しんがちりん)に蓮華あり云々・・・』とかの文言を知って、なんだか分かったように思っている。だが、この「月輪観」というのは大変な秘伝なんです。

 

超能力開発法の中でも上法のものです。

そのことを讃岐造麿(竹取翁 さぬきのみやつこまろ)の名はさりげなく暗示しているのです。「密策」に密教の法が関わっているということです。

 

幸田露伴氏が「竹取物語」と仏教経典「仏説月上女経」の説話の関係について言及しているのは卓見です。露伴氏は、道教仙道の研究者としての面があることを付言しておきます。

 

(つづく)

ーーーーーーー

 

「鬼髑髏(御神桃)の首掛け御守り」の頒布受付終了!

 

【お知らせ】

回、鬼髑髏お守りをお申込みになれた方、全ての方にお守りをお渡しすることに致しました。追って各位にご連絡いたします。

 

『鬼髑髏(御神桃)の首掛け御守り』は、首に掛くる仕様で、常時携帯する御守りになっています。このお守りの中にお金の集まる護符板も封入します。ただし届いたら必ず身に着けること。もし身に着けない場合は神棚に丁重に安置すること。同封する護符は富貴を集めるものですが、粗末にすると逆の作用が出てきますから取扱い要注意です。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM