竜徳霊諭【神通秘道を示す(46)】

  • 2017.03.14 Tuesday
  • 00:00

 

竜徳霊諭【神通秘道を示す(46)】

 

 

 

◎水晶球の魔術(水晶球凝視法のこと)

 

ここで一般的な水晶球凝視の法を紹介しよう。

水晶球は3.6儖幣紊諒がよい。塩などで清める。

玉の背景は黒い布などにする。この点、工夫が必要です。

薄暗くして球の輪郭がはっきりしない位なのがよい。

距離は30僉60僂らいまで。

 

心も軀も静かにくつろぐ。

球を2〜3分見つめ続ける。

球の一点だけ見つめたり、内部を覗こうとしてはいけない。

できるだけ瞬きをせず、しかし緊張しないように。

球から目をそらさない。ただぼんやりと球を見つめるのではなく、

そうかといって精神統一する必要はないが、意志的に熱心に夢中になって球を見つめる。

見つめている時に特別な事は考えないように心を白紙にしておく。

はじめは5分。涙が出たりする。

 

ここで一つの秘伝お教えします。全部は言えない。

先の方法が終ったら、心を水晶球に集中して自分が水晶の中に入る。

次に自分が球の中に在ることをありありと確認する。

今度は球(満月輪)が胸の中に入ってくる。自分の胸中に球(満月輪)があることを体感する。

 

秘傳・水晶球凝視法に使う紫黄赤色の水晶球(著者 所蔵)

 

ーーーーーーー

 

「鬼髑髏(御神桃)の首掛け御守り」の頒布受付終了!

 

【お知らせ】

回、鬼髑髏お守りをお申込みになれた方、全ての方にお守りをお渡しすることに致しました。追って各位にご連絡いたします。

 

『鬼髑髏(御神桃)の首掛け御守り』は、首に掛くる仕様で、常時携帯する御守りになっています。このお守りの中にお金の集まる護符板も封入します。ただし届いたら必ず身に着けること。もし身に着けない場合は神棚に丁重に安置すること。同封する護符は富貴を集めるものですが、粗末にすると逆の作用が出てきますから取扱い要注意です。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM