スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    竜徳霊諭【神通秘道を示す(51)】

    • 2017.03.19 Sunday
    • 00:00

     

    竜徳霊諭【神通秘道を示す(51)】

     

     

    琵琶湖面に浮かぶ朧月を観る紫式部

     

     

    ◎「源氏物語の魔術」序説ァ碧(=祈祷禳法のこと)

     

    今回は『法宝(法)』の話です。

    魔術や霊術の「法」、これは祈祷禳法であります。別名、禁厭祈祷です。

    密教では加持祈祷という。

     

    これ一応説明しておきますね。「祈祷」というのは「神・佛に祈る事」です。加護を請う。神佛に祈って願意を伝えるこれが「祈祷」「祈り」です。

     

    「禁厭」「禳法」「加持」は、密法・法術をやる者が「被術者」に「法の力」を施すことである。この違いが分かるだろうか?

     

    佛宝は「古占星術・相法による看命」 

    法宝は「密法・法術」すなわち「魔術・魔法」の神髄である。

     

    「源氏物語」では次のように記す。「夕顔」から引用する。

    ●「刀を引き抜きて、うち置き捨て(魔を祓うための方法)

    (剣祓への術、六甲秘宿九字切法、雄之詰びの神術など)

    ●「弦打ちして絶えず」(鳴弦。弓の弦を引き鳴らすこと。魔を祓う方法)

    (蟇目神法という奇しびなる神術がある。)

    ●「御祈り、かたがたひまなくののしる。祭り、祓へ、修法など言ひ尽くすべくもあらず」

    (修法。「ずほう」と読む)

    ●「たがふとて」(方違への法)

    (方災、方位)

    ●「さるべきもの」(口に飲む護符など)

    ●「験」(げん。効験を現す行法)

     

     

    密法・法術で以て、運命転換する。

    これは「占者」の使命だと言われている。

     

    どのように転換するのかというと、先ず「廁」で啓示を受ける事である。

    本来「厠」と書く。「厂(がんだれ)」に「則」と書くが、本当は「广(まだれ)」に「則」と書いて「廁」となる。「广(まだれ)」ですから「魔」が入っている。「魔の則(のり)」なのです。それが「廁」。この「魔」について、誰でも知っている魔の実例は何でしょう?

     

    このことは古神道の奥義の一つでもある。

    伊勢神宮ですね。あそこには「荒祭宮」がある。それが誰でも知る実例の一つです。内宮の天照大御神の「荒御魂」が奉斎されている。こう言われておりますね。しかし、あそこには鳥居がないのです。実に不思議です。古神道の大家 友清歓真大人は「デーモン」であるということを言われている。

     

    事始めとして、廁に埴安姫神を奉祀する。あるいは烏枢沙摩明王をお祀りする。入廁するときに合図をする。ノック、柏手等。大小便以外は流さない。独り言を言わない事。知る秘詞、偈頌などあれば唱えるもよし。トイレの扉は或る境界線と心得るべし。静かに心を制していると「アイディア」「啓示」がくる。その感覚は、法術に通ずるものである。廁の祝詞としては、平田篤胤大人の『毎朝神拜詞記 全』が最良である。

     

    平田篤胤大人『毎朝神拜詞記 全』(著者蔵)

     

     

    烏枢沙摩明王秘咒、禁厭秘詞等々いくらでもあるから読者は縁に従って習得されたらよいであろう。印法、秘咒、秘詞。かの「観音経」にもあるように「念彼観音力」、「彼の観音の力を念ぜば」と訓ずるが「彼の観音念力」と読む。「かの音声を観ずるところの念力」「感応念力」ということである。感応とは、「感応道交(かんのうどうきょう)」という佛語からきている。三宝(佛 法 僧)の三つの功徳が一になる。秘詞に「・・溢灌一に集まり・・・」とある。

     

    唱えごとの秘伝

    これ特別です。

    とりあえず3通りの唱え方。

    ”當未望Г┐襦3杏空間と自分に響く。

    ⊆分の耳にだけ聞こえる程度の声で唱える。

    心でお唱えする(発声しない)。

    沈黙する。

     

    耳注ぎ(みそぎ)、音霊法+天御柱神傳(あめのみはしらのしんでん)これを行なえ。

    「自観法」は冥想法として上流である。

    あらゆる秘詞の中で禁厭法の締めくくりとして最良なものは、大國主大神禁厭法のものである。佛僊系では光明真言である。

     

    さらに天地の御神霊を拝す。これを起床直後、寝る前に行う。

    まあ、いろいろある。

    すべてを示して説明することはブログではできない。

     

    法術がないと古占星術の密策も成立しない。

    法術がポイントで、

    \故遏覆發里里院法

    血のなせるワザ、

    場合により“前世の過誤(債主)”

    これらに対応しないと開運できない人もいる。

     

    また霊力開発には「クンダリニー開発瀧行 “滝行禊ぎ金剛気合法”」がある。

    今生で結果を出したい人は、是非やってもらいたい。この方法が一番安全で進捗が早い。すべての修行の要素が入っている。健康であれば年齢は関係ない。

    (※本当に教えてもらいたいというむきは申し出てください。)

     

    (つづく)

    スポンサーサイト

    • 2019.03.02 Saturday
    • 00:00
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM