竜徳霊諭【神通秘道を示す(53)】

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 00:00

 

竜徳霊諭【神通秘道を示す(53)】

 

 

琵琶湖面に浮かぶ朧月を観る紫式部

 

 

◎「源氏物語の魔術」序説А癖箙 結びとして)

 

「“源氏物語の魔術” 序説」の補講結びです。

 

六条御息所の「生霊(いきすだま)」「物の怪」、この「身外の身(念)」の発生・発現にこそ “魔術・密法・霊術”の一大原理があるのです。また、運命開発の密策・秘策が込められている。この観点が「源語」を魔術として見ていくうえで最も大切なものであります。

 

前にも述べましたが、紫式部が参籠した石山寺は観音霊場であり、観音ですから「祈りの音聲」を幽真界が受けとるわけです。「観音経」一巻、これは長いマントラで、できれば三回連続で読誦する“転讀”をやるわけです。必ず「験」があります。

 

石山寺のある琵琶湖は、世界で3番目に古い湖です。第一期〜第七期までが「古琵琶湖」(400万年前)で、北側に移動しながら現在の琵琶湖(第八期)になったと言われています。一番古いのが、バイカル湖(3000万年前)。二番目がタンダニーカ湖(2000万年前)。

 

竹生島には、大弁財天(市杵島姫神)が祀られ、八大竜王が守護している。それは顕教的な解釈であり、秘教的には“胞衣”だというわけです。佛僊界の集混僊境界(恐山)に深きかかわりのある神霊界が琵琶湖底にあるという。弁天様ですから、当然言葉が関連している。

(※私の「島論」もあるのですが、時期尚早なのでいずれ述べます)

 

   

言霊修法の為の軸(著者蔵)と「火凝霊」「稲荷古伝」の秘図

 

琵琶湖は、音聲に感応し、言葉を與える、そういう神霊界があるわけです。

滋賀県近江八幡市に岡山というところがあり、水茎という小高い丘(九里氏の山城であった)がある。あそこに望月幸智氏(大石凝真素美翁)出口王仁三郎氏が出向いた。そのときに「神代文字」が湖面に浮かんだ。これが水茎文字(瑞組木文字)で、言靈法神術の元になります。

 

  

大石凝真素美翁(望月幸智)と出口王仁三郎師(出口鬼三郎)

 

言霊の修道には、

,海遼招郢瓩侶賄と、

∋蓋志道(フトマニ之図「火凝霊」+稲荷古伝)の系統の2種類がある。

山口氏のほうは、自身の家伝の「火凝霊」と伏見稲荷の荷田家の「稲荷古伝」との関連がある。

不思議な事にわたしは伏見稲荷で瀧行音聲の修行を行ない、琵琶湖の指呼に在住しておりました。

 

「源語」は琵琶湖との霊的照応によって、ものされた「物語り」である。

このことは動かし難い事実であり、「源氏物語の魔術」を深く探求する占者(僧宝)は、水晶凝視法の実践と共に、琵琶湖に参詣するのが上法だと思う。これを以て「源氏物語の魔術 序説」の補講結びとしたいと思います。

 

(完)

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM