【大司命節 祖霊の霊格向上祈念と生類無難祈念】

  • 2017.10.31 Tuesday
  • 00:00

 

【大司命節 祖霊の霊格向上祈念と生類無難祈念】

 

 

◎大司命節期間に『生類無難の祈念』『祖霊祭祀』を為す

 

御祭祀した折形霊符(現在 産土社等に持参してお祀りしています)

 

大司命節は「運命の秘機」であります。

それは、地球上の霊的存在一切が対象です。

その総指揮を執られているのが、青真小童大君 少彦名大神です。

この尊神の本体は宇宙神であります。

 

神集岳紫籍府大司命七十二神、小司命八千七百諸神、万霊神岳之司命三十九司命神が、尊神のもとに集まられて「簿録の改定」をなされ給う。運命を改め定めるのである。

 

大切な事は、手を合わせて身内縁者が心から霊格の向上を願うこと。

幽世(かくりょ)の大神に、三魂の安鎮を乞い祈み奉らくことです。

しかし乍ら、祖霊・親類縁者だけに及ぶものではありません。

『生類無難』。すべての生きとし生けるものへの霊的な向上を願うものなのです。

 

佛尊の教えには『施行(ほどこし)』というものがあります。

観音菩薩の心になって「ほどこし」をする。大慈悲の心を以って自分ではない他者に「布施」をする。こういうと仏教の開祖の釈迦如来はそんなことは教えていないという輩がいる。

だが、釈迦の存在自体に、何世も生まれ変わりしながら、境地を磨いてきたことは、火を見るより明らかです。何をやったのかと言えば、それは「ほどこし」です。

 

祖霊や縁ある御靈にとりましては、霊格向上の好機ですから、産土神社にゆき御神氣を享けて祖霊を拝するのがよろしい。もし墓所にゆく時は、できれば墓所管轄の産土社に参詣してから墓参りするとよい。幽魂安鎮秘詞を修唱して祭祀供養すれば上等です。霊感速感秘詞や霊魂安鎮印法など出来ればいうことなし。

 

大司命節の期間もあとわずかです。心ある皆さんのご祈念・御祈祷を心からお祝い申し上げます。

 

 

◎大司命節祭(平成29年11月5日中止のお知らせ)

 

平成29年11月5日(日)大司命節祭典は都合により中止となりました。

 

11月19日(日)に

護身に関する方法の特別講習をおこなう予定です。

詳細は後日お知らせ致します。

 

 

花角有遷 竜徳しるす

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM