さあ年末年始へ GO!GO!【冬至・クリスマス・大晦日・お正月】

  • 2017.12.18 Monday
  • 00:00

さあ年末年始へ GO!GO!

 

【冬至・クリスマス・大晦日・お正月】

 

 

◎12月22日冬至『儒家年筮』

 

22日(金)は冬至です。冬至には、柚子湯に入り、かぼちゃを食べる。昔からの風習には必ず意味があり原理がこめられています。原理をつかんでゆくことで風習・伝統を遺してゆく。

 

『儒家年筮(じゅかねんぜい)』の言葉通り、『年筮』すなわち易を立てます。一年の指針を得る。

あるいは来る一年にむけて願うところを思う。

 

「運盛り」といって「ん(うん)」のつくものを沢山食べる。きんかん、みかん等々。

知っている人は「縁起偈」「法身偈」「縁起マントラ」を唱えるのもよい。

 

易はサイコロでも銭占でも何でもできます。皆さん立卦してみてください。

易をやるのに「射覆(せきふ)の法」があります。これで「勘を鍛える」のです。

 

 

このあたりの書を心読して信解せんといかん!

 

 

◎クリスマスに晦日の大祓え

 

クリスマスは洋夷なものでありますが、わたしはイエス様はすごい聖者だと思っておりますので、西洋だろうがユダヤだろうが関係がない。旧約聖書も新約聖書も非常にすぐれた教えの宝庫です。真理に到達するのに、後人が考え出した狭い見解や教義など関係がありません。イエスがお生まれになった時にベツレヘムの星が移動して飛んできたといいます。その星はイエスの生まれた場所の上に留まったと記録されています。

 

 

クリスマスツリーの一番上にある星はベツレヘムの星です。移動してきた星です。その星を追いかけてきたのが三人の博士で、イエスを類い稀な生まれの方として認定したのです。

 

わたしは毎年『三十四丁目の奇跡(旧版)』という映画を鑑賞し、ベツレヘムの星に思いを馳せます。

 

晦日には大祓えがあります。

何らかの形で祓ひをするのがよいのです。

この大祓えの儀式は、かつてアトランティスでの儀礼の残跡だと言われています。秘教的教義では是く言うのです。

 

 

◎お正月には

 

紙折形の神祭、松飾り、お鏡、お屠蘇等々、縁起の良いものを食する。

殊にお屠蘇は大切です。蝶飾りの酒杯の器具を調える。そして邪気を祓う屠蘇酸を入れたお屠蘇を三三九度の型で戴く。

 

 

屠蘇のなかには、密教の護摩秘法の秘伝のお供物が入っている。

 

あるいは初詣、書初め、初夢等々の初づくし。

 

 

 

◎1月8日(祝)に伝授・復習会

 

平成30年1月8日(祝・月)午前10時〜午後3時の日程で

『ふつそ・くまの御霊法』伝授会・復習会を洗足院にて行います。

復習会ご参加希望の方はメールでお申し込みを。すでに頂いている方は受付済みです。

(※復習会の受講費は三千円です)

 

前回の会に出られなかった方の為に『霊符法』『軍荼利明王灌頂』等々行います。

あるいはまた別の何かがあるかもしれません。

 

サンを焚いてルンタのお経を唱えて

祈念すると、雲一つない青空のなか

頭上に突然 雲がニョキニョキ発生した!

 

◎ルンタの感応道交

 

天の風の馬ルンタは感応し確実に福運をもたらします。

 

いつも野外に掛けておくのがよいのですが、家の中にタペストリーのように飾って、お香で煙供養する。そしてルンタのマントラを唱える。

 

一番いいのはサンの護摩を焚いて煙供を為すことです。

するとルンタが舞い降りてきます。

 

ルンタの第一回頒布は完売しましたが、さらに数枚 特注しました。

希望の方はご連絡を。前回と同じく一枚6000円。※sold out !

大きなすばらしい作りで頑丈にできています。通常のペラペラのルンタ旗とは違います。

絶対に手に入らない特別のお香とルンタのマントラ付です。

 

花角有遷・竜徳しるす

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM