12月22日は冬至『一陽来福』です!】

  • 2017.12.21 Thursday
  • 00:00

さあ年末年始へ GO!GO!

 

 12月22日は冬至『一陽来福』です!】

 

 

◎12月22日午前1時28分・冬至『儒家年筮』

 

平成29年12月22日(金)午前1時28分 冬至です。

『一陽来復』転じて『一陽来福』。

 

冬至には、柚子湯に入り、かぼちゃを食べる。昔からの風習には必ず意味があり原理がこめられています。原理をつかんでゆくことで風習・伝統を遺してゆく。

 

『儒家年筮(じゅかねんぜい)』の言葉通り、儒教を奉ずる儒家は『年筮』すなわち易を立てます。

こうして一年の指針を得る。

 

あるいは来たる年の『願うところ』を思念・憶念する。

一陽、ものの始まりです!

 

「運盛り」といって「ん(うん)」のつくものを沢山食べる。きんかん、みかん等々。

知っている人は「縁起偈」「法身偈」「縁起マントラ」を唱えるのもよい。

これは「縁起を良くするマントラ」です。

 

「易の立卦」は、サイコロでも銭占でも何でもできます。是非、皆さん立卦してみてください。

易をやるのに秘訣があります。「射覆(せきふ)の法」があります。これで「勘を鍛える」のです。

「ふつそ・くまの御霊法」を知る人は、よくよく是れを行なう。

易でも密教でも神道でも、さらにはヨガや整体でも、護身最高、霊術最高秘法の「ふつそ・くまの御霊法」を行なえば、100%の功徳・功力が得られます。

 

「ふつそ・くまの御霊法」に基づく祈念によって

縁起を変える准胝観音菩薩(六臂)が冬至直前に

当方に祝着す!(500年以上前の古銅製の古佛)

 

効果がフルに出るのです。

人が集まれば邪気がたまり、妙な空気が漂います。

この浄化の方法も様々ありますが、個々に於いては当会の門中に存す、「ふつそ・くまの御霊法」が護身の最高法であります。現在13名が受法されており、来年早々には受法できなかった2名が受法され、私を含めて16人が、この最高法を受ける勝縁に恵まれたのであります。

今後 受けたいという方は、個人教授で伝法料30万円でご伝授致します。

もちろん不遜の輩は銭を幾ら積んでも “門前払い” であります。

 

「一年の計は元旦にあり」と言いますが、その前の冬至からそれは始まっています。元日、小寒、大寒と続き、愈々 節分・立春になる。ここに一年の種子があります。

 

先の儒家ですが、孔子さまの教えの真ん中に「仁」がございます。

「仁」とは何でしょうか?

「杏仁」の仁です。すなわち種のこと。種は発芽する時に、堅い殻を破って発芽するのです。堅い殻を打ち破る、これが「仁」です。

殻とは何でしょうか?

自分の培われたものの見方、慣習です。それは「慣れ」であり「馴れ」であり「狎れ」です。もう「けものへん」の狎れにまでになると殻も普通の殻ではない。鬼クルミの殻のようです。

 

冬至の一陽は、光を与えてくれる。殻を破る光を。

心機一転、易を以って神に通じてみてください!

 

花角有遷・竜徳しるす

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM