スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ◆12月22日は冬至『一陽来福』です!】

    • 2017.12.22 Friday
    • 07:00

    さあ年末年始へ GO!GO!

     

    ◆12月22日は冬至『一陽来福』です!】

     

     

    ◎12月22日冬至『儒家年筮』

     

    平成29年12月22日(金)午前1時28分 冬至です。

    『一陽来復』転じて『一陽来福』。

     

    冬至には、柚子湯に入り、かぼちゃを食べる。昔からの風習には必ず意味があり原理がこめられています。原理をつかんでゆくことで風習・伝統を遺してゆく。

     

    『儒家年筮(じゅかねんぜい)』の言葉通り、儒教を奉ずる儒家は『年筮』すなわち易を立てます。

    こうして一年の指針を得る。

     

    あるいは来たる年の『願うところ』を思念・憶念する。

    一陽、ものの始まりです!

     

    「易の立卦」は、サイコロでも銭占でも何でもできます。是非、皆さん立卦してみてください。

    易をやるのに秘訣があります。

     

    「ふつそ・くまの御霊法」を知る人は、よくよく是れを行なう。

    易でも密教でも神道でも、さらにはヨガや整体でも、護身最高、霊術最高秘法の「ふつそ・くまの御霊法」を行なえば、100%の功徳・功力が得られます。

     

    「ふつそ・くまの御霊法」に基づく祈念によって

    縁起を変える准胝観音菩薩(六臂)が冬至直前に

    当方に祝着す!(500年以上前の古銅製の古佛)

     

    人が集まれば邪気がたまり、妙な空気が漂います。

    この浄化の方法も様々ありますが、個々に於いては当会の門中に存す、「ふつそ・くまの御霊法」が護身の最高法であります。

     

    さて、皆さん今日は「立卦」しましたか?

    どのような卦が出ても一喜一憂しないでください。

    易は変化を意味し、傾向を示してくれます。

    また同時に「神に通じる書」であります。

    江戸時代に「〇〇〇〇〇」という秘書がございます。この中には「神鑑法」と名付ける方術の根本が書かれております。これは易に通じる書であり、むべなるかなの念がぬぐいきれません。

     

    運否天賦、人生は山あり谷ありです。

    それどころか水もあり火もあり、風もあり雷もある。

    雨が降れば傘をさし、雷が落ちれば安全策をとる。

    晴れれば爽快になり外に出で、寒くなれば暖をとる。

    自然の道理です。現象は「首飾り」のようなものです。

    心機一転、肚に「うーん、大丈夫、ウーム」と念を込める!

     

     

    花角有遷・竜徳しるす

    スポンサーサイト

    • 2019.03.02 Saturday
    • 07:00
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM