大吉祥【ふつそ・くまの御霊法伝授会・復習会 畢わりぬ!】

  • 2018.01.11 Thursday
  • 00:00

 

大吉祥

 

【ふつそ・くまの御霊法伝授会・復習会 畢わりぬ!】

 

 

◎平成30年1月8日(祝)『ふつそ・くまの御霊法』伝授を為す!

 

新年早々の8日(祝)洗足院にて『ふつそ・くまの御霊法』の伝授を行なった。

 

今回の秘伝授受者は2名。復習会参加者は9名。11名の参加であった。

次回は復習会のみとなるが、予定としては「権胎(霊胎)を化作するための秘呪(宮地水位伝)」もしくは「護身神法(唯一神道秘伝)」のどちらかにしようと考えている。

 

こういう法は、完全な護身ができないと難しい。

だが、最高護身霊術『ふつそ・くまの御霊法』の相伝を受けておられる方には、これをお伝えできる。

 

 

◎皆さんの体験や精進

 

参加者の皆さんはそれぞれの立場で精進を展開されている。

 

・摩訶不思議の秘書を提供してくれる方。

・自分の整体法を確立したり、あるいは整体療法での貴重な体験。

・すてきな奥さんと結婚して、可愛い子宝に恵まれて運気が変化している人。

・ふつそ・くまの御霊法の工夫をしている人。

・自分のご両親と奥方様の親御さん(三名)をお世話しぬいて三人が96歳で帰天された奇跡。

・身内の方が1月8日がご命日だった方。

・言葉は交わさないが精進や努力 思いが感じられた。

・ルンタに勤しむ人。

・皆に食をふるまってくれた人。

・秘伝ヨガの講座を運営した人。

 

すごい情報量で、8日〜9日にかけて沢山の霊夢を見ました。

今も整理しているところです。

 

 

◎如何なる御本尊・御神体でも「如意宝珠」を奉る

 

私の持つ秘法の一つに「神宮秘法」という密教の法がある。

これは「如意宝珠」を祀って伊勢神宮を拝する秘伝です。

 

詳しいことは将来の伝授でお伝えしますが、御本尊の当体として「舎利」が必要なのです。

本尊が「如意宝珠」だからです。舎利=宝珠なのです。

 

実は舎利=宝珠=お米で、食事作法において「お米」を舎利と観じて、宝珠と同体に成るという観を為す方法などもあるわけです。(真言食事作法の秘伝)

 

舎利=如意宝珠=宝生如来であり、

宝生如来=虚空蔵菩薩(金剛宝菩薩、金剛光菩薩)=軍荼利明王(金龍)で

結局のところ「クンダリニー」に行きつくわけです。

 

舎利はご本尊の檀前に安置するのが、法の成就には必須であり、あなたが例えば不動明王を御本尊にしていても、毘沙門天を御本尊にしていても、観音菩薩を御本尊にしていても、舎利を檀前置くのが密法の軌則なのです。

 

私も御本尊安置の宮殿(ぐうでん)の本尊前に西大寺真言律宗の興正菩薩(叡尊上人)由来の光明真言塔に舎利を安じております。

 

また個人の護持佛として水晶の五輪塔を宝塔として、法の源泉を込め以って修行本尊と定めております。当然、舎利を封入してあります。

 

『ふつそ・くまの御霊法』の伝授を受けている方には、法の成就の為、授与しますからご安心を。

(確認したら皆さんにお渡しする数の「舎利」がありました!)

 

『ふつそ・くまの御霊法』も運用には密教の修法も入ってきますから、こういう宝具(法具)が必要なのです。

 

これからは厳しい世相ですから、決め手を持って頂きたい。

瀉瓶(しゃびょう)と言い、「瓶から瓶に水を寫す」が如く伝える。これが密法の伝え方。

コンビニエンス・インスタントな世の中でも、法の伝えは、人から人へ直接伝える、これがきまりです。決め手中の決め手です!

 

皆さんの活躍精進を感じ、いま私は魂の底から震えがくるような感動亢まりを感じています。

大きな可能性に胸を躍らせております。

 

花角有遷・竜徳しるす

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM