平成30年【大司命節 無事終了目前!そして未来へ!】

  • 2018.11.08 Thursday
  • 00:00

平成30年【大司命節 無事終了目前!そして未来へ!】

◉平成最後の大司命節
平成最後の大司命節もとうとう終わりになります。
厳密には明日にかけてであり、10月8日午後と11月9日午前で32日間になるのです。ともあれ平成は混乱と困難の中にありました。


◉昭和世代から次世代へ
日本の昭和の時代はとっくの昔に終わっておりますが、実質はまだまだ幅をきかせていたのです。しかし平成の終焉と共に実際の終わりが始まっています。
 

昭和に生まれ、平成を生きたという自覚をお持ちの方は、自分の生のおしまいということについて意識するべき時がきました。あえて言えば50代〜70代の方のことでしょうね。

 



◉どう生きるか?何をするのか?
晩年を生きていくうえで困難なことがあります。それは時代が変わるということです。特に今の変化はものすごいわけです。年寄りが時代について行けないということがすでに起きています。
 

何をするのか?ということですが、楽しんでゆけばいいのです。自分において楽しいことをするという意味ではなく、生きていること、生きている中で起きることを楽しむのです。貧乏も困難も迫害ですら楽しむということです。ですが苦しいことは、やはり嫌なものですからなるべくそうならないようにしていくのです。そのための方法を行なうわけです。

どう生きるか?は、各々の価値観によります。ですが自分なりの信仰があった方がよい。それから伴侶とか親友とか話のできる友がいた方がよい。人は話しをすれば楽になりますから。重荷を自分だけで負わずに、少しだけ置いてみて、思いを打ち明けてみるのです。


◉人生の悩みは
人生の悩みは、自分や家族の病気や生死。
お金に関すること。
夫婦なかに関する問題。
子供や家族の問題。
その他の人間関係。
職業上や学業の成績立身。
せいぜいこんなものです。

 

どのようなことも、それは全て自分そのもの(自分の心性の顕現)ですから、勇気をもって問題に向き合い、解決しましょう。そして、できれば楽しみましょう。

 

ヒントとして次のような教えがあります。

 屬覆襪茲Δ砲覆 心配するな」(一休禅師)

◆崟犬ながら 死人になりて

  成り果てて 思うがままに することぞ善き」(正受老人)

特に△郎造辰討海慮斥佞鮓泙弔吠けて、呼吸で息を吸いつつ、肚に入れる。すると恐いものがなくなる。(※知りたい方は今度「冥想の講座」をやりますから来てください。)

◉天神地祇諸仙萬靈 仏菩薩三宝への祈り
天神地祇は大司命節で霊類生類一切の賜福掟めを行います。10月9日〜11月8日にそれは為され運命の改定が行われます。このことの事実は大神遷である宮地水位大靈壽眞によって現界にもたらされました。
 

これを知るものの道福というのは天神地祇の御心に合わせて、幽政の秘機をお祝いすることができることです。一切の生類への追福修善をすることが出来ます。

では仏者はどうでしょうか。仏者は仏菩薩三宝へ帰依し供養します。慈悲の心をめぐらして生きとし生けるものたちへの大慈悲の祈りと行為をするのです。

神の道も、仏の道も「慈しみ」が本質であり、両者は何ら違背するものではありません。神の道でゆくのも、仏の道でゆくのも、両方を尊崇帰依してゆくのも、自由自在であり、自分が心から帰依できるかだけにかかっています。

自分の徳を廻向する。この時代、これからの時代が困難であればあるほど、慈しみの心、真理に帰依する心は大切です。真理は大寺院や教祖様が独占するものではありません。真理は宇宙に遍満し我が心に中に内蔵されているのです。

さあ、未来に向けて元気で進んで行きましょう!

 

花角有遷 竜徳しるす

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM