スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    霊的供養の話し 變遒瞭きは間違いなくある】

    • 2018.11.12 Monday
    • 12:00

    霊的供養の話し 變遒瞭きは間違いなくある】

     

    仝徳の廻向

    平成最後の大司命節も無事に終結しました。

    新たな時代のはじまりです。

     

    さて早速わたしの身辺で霊的な現象が出ています。

    私は今生の誓願として、ご縁の有ったお霊を生涯にわたり廻向してゆくことをきめました。

    そのことは以前に述べました。

     

    今回その誓願を受けて幾人もの方から、御香供養や灯明など奉献供物の御寄進をいただきました。功徳は撒くことで生えてくるのです。その幣帛御供養のお志で何百と言う柱のお霊が、毎日わたしの御真言読誦、看経読経、廻向によって御供養されています。その功徳は施主とその方の御先祖に必ず行きます。

     

    祈願はできるが霊供養はできるのか?

    何をお霊に廻向するのでしょうか?

    それは功徳なのですが、亡者に対してそんなことができるのでしょうか?

    みなさんはどう思われますか?

     

    大司命節の半ば、わたしは功徳廻向ということ、祖霊の供養の実際、霊供養の功能ということについて考えました。

    先ず、わたしができるのは、真の佛縁をつけることである。このなかには神様のほうのことも入ります。どうすればご縁をつけれるのか?

     

    すべてはそのご本人次第ですが、それは生きていればこそできることなのです。

    死んだら手も足も出ないのです。死んでも自由にできるのは、ある段階に行った霊的に優れた者のみなのです。

     

    死んだ人には、佛縁をつけてあげること。来世に真の佛縁が生じるようにお手伝いすることです。その方法はさまざまありますが、一番の秘訣は、功徳廻向する祭主僧侶が、確実に涅槃と結びついていることです。つまり釈迦如来と結縁できていること。そして完全な「帰依」が出来ていることです。真の帰依だけが真如のニルヴァーナ(涅槃)に結びついています。来世に於いて、この帰依が出来るように縁をつける。これが仏因をあたえることです。

     

    神の世界も佛の世界も究極は涅槃界をめざしますが、どちらかというと神の方が難しい。あまり便法がないのです。祓い清めるという道を実現できる人は、謫仙の方か、人間でも相当清らかに生きれる方だけです。

     

    大抵は佛縁による霊的進化ということになる。

    ですからこの「帰依」を付与するという祈願はできるのです。

    ようするに「願い」ですから。それに対して「霊的供養」とは霊の供養であり、慰め布施し事物をも届けるものです。そのようなことが可能なのか?

     

    今まで私はそれは有りとして行ってきましたが、本当に靈の働きで示してもらいたい。そう願っておりました。物理現象を伴う形で、霊供養の機序というものを示してほしい!そう願っていたのです。

    その願いが、11月9日大司命節明けすぐに現象化しました。

     

    さあ、霊的供養の話しの始まりです!

     

     

    花角有遷 龍徳慈

     

    (ご注意)
    当ブログ記事の無断転載引用(著者撮影の写真も含む)を禁じます。
    同著者の過去のブログ記事一切(当ブログ以外の同著者のブログ記事も同様)に適用す。

     

    スポンサーサイト

    • 2019.03.02 Saturday
    • 12:00
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM