整体天心法の発信へ!!(3)【なるようになる 心配するな!】

  • 2019.02.28 Thursday
  • 00:00

整体天心法の発信へ!!(3)

【なるようになる 心配するな!】


◎なるようになる 心配するな!
東京洗足院の歴史に幕が閉じられます。
諸行無常、諸法無我。
「真の帰依」「神ながら」「天心」「心の本性(リクパ)」だけが依るべきところ。
涅槃ニルヴァーナだけが唯一無二の絶対的境地なのです。
それ以外のものは所詮浮き草の如し。
「仏性・天心」の前には路傍の石ころ同然である。

 



彼の一休宗純和尚すなわち一休さんは後継者の弟子たちに次のように遺言したという。
「わたしが亡くなって後、仏教の一大事や寺の大事があったら此の遺言を読め」と。
その遺言は大切に箱に納められて内陣に安じてあった。時が過ぎ寺院の一大事が本当にあり、一休禅師の遺言を憶えていた人がいて、それこそ堕地獄の覚悟で箱を開けた。
すると書いてあったのが、

『なるようになる 心配するな』であった。

たいそう修行と称して瞑想にふけっている禅坊主の如きも、寺の一大事といって騒いでも「なるようになる心配するな!」この悟りが処方箋なのだ。
本当に「なるようになる心配するな」を実現しようとしたら、真の帰依、勝義の帰依によるしかない。それは「天心のままに」「神ながら」というのと同じである。
人の心には「心と心の本性」がある。「心の本性」こそが天心である。
本性も天心も誰にでもあるものだ。何も特別ではない。何とか整体の大先生や御曹司にだけあるものでもない。むしろ立場だとか肩書きをぶら下げていたら究めることなど出来はしない、それが「真の帰依」である。無駄なものをくっ付けている者に真の天心などありはしない。

 



 

◎雲一つない青空のように!
東京から足を洗った(洗足)わたしは晴れやかだ。
産土社、寺院など思い出の地に別れを告げた。マントラやお経祝詞をあげて、感謝の意を述べた。もうスッキリしている。心は空っぽだ。

天心、心の本性とは何か?
それは雲一つない青空の如きものだ。
チベットの教えでは「ナムカアルテー」という瞑想法がある。今の境地で青空の瞑想である「ナムカアルテー」をやるとまさにテクチューという境地が確立できる。

まあ、そんなことをしなくても朝起きて「アァー」とやるだけで充分。
丸一日、「天(ア)」の心で居れる。
お猫様をよくよく見てください。これだけで心身に喝が入り、真(芯)が入る。

 


 

◎お猫様の伸びに「たけのこ神社」構想
先日も述べたが、わたしの行く先、将来の教授の場などご心配してくださる方がいる。
当ブログあるいは今後のブログ活動のことを心配してくださり「たけのこ神社」ブログを提示して下さる御仁もおられる。会員制のブログにするという構想だ。

アイディアは諸々ありますね。
ですが、どんな職業でも立場でも「天心のままに在る」ことは可能だ。
朝起きてお猫様が伸びをする。其れが天心を得るということだ。
「アァー」と言って伸びをするコレだけだ。

伝達する核は「アの心(本性)」「天心」、アイディアはコレ。
天イデア(理念)だ!

---------------------

※メール等の通信をいただいておりますが、現在移転のため非常に忙しくしており返信が遅れています。ご理解の程よろしくお願い致します。

 

(つづく)

川島徳慈しるす





 

スポンサーサイト

  • 2019.09.14 Saturday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM