密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(78)】

  • 2019.11.10 Sunday
  • 00:00

密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(78)】


≡ 摩訶般若「釈迦直々の教説」❶≡



◎釈尊直々の教え


インドで佛様に成られたのは、お釈迦様です。

お釈迦様の実在した証拠が近年遺跡で見つかっています。

およそ2500年ほど前に在世していたと言われてきましたが、実際には2600年以上前に

在世していたと目されています。


それだけ古代に居られた聖者の言行録が口伝えから、後年に文字化したにしても

遺っていることは奇跡的です。その教えの骨子は何なのか。

それは四諦八正道というものです。


四諦を四聖諦という。三転十二行相で実践しきると仏陀と呼ばれるのです。

四諦の苦諦で4、集諦で4、滅諦で4、道諦で4。計16相で、正見を得ます。

これを「示転」という。この時点で「七来」の聖者となります。ここまでが見道で、

次から修道です。見道では108煩悩のうち88煩悩が断たれます。見惑の煩悩は

88あるのです。四国の八十八霊場の巡礼は、これになぞられていると言われています。


修道は、本能的な煩悩を断つことになるので完成するのに時間がかかります。

四諦の「勧転」でこれを為します。本能的な煩悩が薄らぐと「一来」の聖者になる。

さらに断つことができると「不還」という聖者になる。「一来」とは命終の後に

天に生じ、もう一度人間に生まれてきてアラハン(ホトケ)に成る。


最後に四諦の「証転」で108煩悩すべてを断滅したことを証して、

仏陀(アラハン)に成る。「勧転」「証転」と修行を進めて行く方法が八正道です。

この八正道を細分化すると、つまりいくつかのパターンに分けると三十七道品という

修道法になる。これは八正道と同じです。


釈迦の教えとはこれだけです。ではなぜ、大乗とか摩訶般若が出てくるのか?

これは大きな問題ですが、学問・学碩で考えたら答えは出ません。せいぜい

極論すれば「大乗非仏説」ということになります。ですが、信仰上・修行の上で

解いたら、簡単に答えは出て、大乗仏教・密教の必要性が分かります。



◎摩訶般若波羅蜜多心経の元になる釈迦の教え


摩訶般若波羅蜜の元は、この偈文で表されています。

「諸法従縁生    如来説是因    是法従縁滅    是大沙門説」


「諸法は(因)縁より生ず 

如来は是の因を説きたまう

諸法に滅をも是く。

大沙門は是くのごとく説く」


諸法の(苦は)縁より生じる。〔苦諦〕

如来はその因縁(煩悩)を説く。〔集諦〕

この諸法の滅するも是く。〔滅諦〕

これが大沙門 釈迦如来がお説きになることである。〔道諦〕

(※もっと簡単に言うと、「諸法は因により生じる。如来はその因を説きたまう、

諸法の滅をもまた、大沙門は是のように説きたまう」となる)


これはいわゆるお釈迦様が説いた「縁起の法」である。


『此があれば彼があり、此がなければ彼がない。

此が生ずれば彼が生じ、此が滅すれば彼が滅す。』
〔原始仏典『自説経』〕


この仏陀の真説が「摩訶般若」の元でもある。

(つづく)

ーーーーーーーーーー

〔『摩訶般若波羅蜜多心経 小経本 印施の募集』〕

来年2020年(令和二年)摩訶般若の功徳を込めた小経本を作成し、広く布施行を

おこないたいと思います。ご協力頂ける方を募集します。詳細は後日発表します。

kawashima.seitai@gmail.com までご連絡を。

川島徳慈しるす

スポンサーサイト

  • 2020.02.17 Monday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM