密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(82)】

  • 2019.11.14 Thursday
  • 00:00

密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(82)】


≡ 天皇陛下 大嘗祭 ≡



◎大嘗宮の儀

大嘗祭の中心的儀式が11月14日「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」である。

二つの儀式が同じ所作で繰り返される。皇居・東御苑にこの儀式のために設営された

大嘗宮で、午後6時半に始まる。電灯は使われない。

白い斎主の装束をおめしになられた天皇陛下が灯火の明かりの中、儀式が行われる

祭場の「悠紀殿(ゆきでん)」にお入りになられる。

これを「悠紀殿供饌(きょうせん)の儀」といい、奥に入った天皇陛下は灯明の中、

皇祖 天照大御神の「ご神座」と向き合う形でお座りになる。悠紀田の新穀(新米)で調理した

神々へのお供え、アワビの煮物などや、白酒(しろき)黒酒(くろき)を、陛下はご自分で

次々とご神座にささげる。次に神々に国家・国民の安泰と五穀豊穣に感謝し、祈る御告文

(おつげぶみ)をご奏上あそばし、続いて「直会(なおらい)」として同じものを

召し上がる。


15日の午前零時半から、もう一つの祭場「主基殿(すきでん)」にお入りになり、

同じで所作の祭儀をご執行される。
皇后さまは同じ白い十二単(じゅうにひとえ)姿で、悠紀殿のすぐ近くの殿舎で拝礼する。

秋篠宮ご夫妻ら皇族方も古装束で参列する。



◎天津祝詞・摩訶般若・延命観音経・天神地祇密咒を奉唱


◉天津祝詞、奇火三光章、玄府奇祝言、玄法攘魔秘文、

大祓詞(天津祝詞祓清太祝詞秘辞を入れる)、産土神祝詞、十言神咒、天神地祇密咒、

得仙秘文、後は任意。


◉佛僊の祝經


前段は常の如し、心経奉讃文、開経偈、摩訶般若波羅蜜多心経、

延命十句観音経、南無摩訶般若波羅蜜(なむまかはんにゃはらみつ)、

南無大慈大悲観世音大菩薩、南無観自在菩薩摩訶薩、天神地祇密咒、廻向。


産土神社で奉誦、もしくは自宅で産土神社に向かい拝禮して奉誦する。

11月14日15日に二日間。


特に玄府奇祝言を知る人は、大御神の神府(かみのみかど)を思って

其処に通じると思うて奉唱すべし。繰り返し、多ければ多いほど善い。

その他 感通秘詞は各段に密用すればよい。


(つづく)

ーーーーーーーーーー

〔『摩訶般若波羅蜜多心経 小経本 印施の募集』〕

来年2020年(令和二年)摩訶般若の功徳を込めた小経本を作成し、広く布施行を

おこないたいと思います。ご協力頂ける方を募集します。詳細は後日発表します。

kawashima.seitai@gmail.com までご連絡を。

川島徳慈しるす

スポンサーサイト

  • 2020.02.17 Monday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM