密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(89)】

  • 2019.11.21 Thursday
  • 00:00

密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(89)】


≡ 般若理趣経の百字偈の功徳 ≡



◎般若理趣経の百字偈


摩訶般若般若波羅蜜多心経は、大般若経典群の一つですが、般若経典の中に

般若理趣経がある。これは密教の根本経典です。弘法大師様が日本にもたらしたのです。

この経典は秘密の経典で、男女の一体化を説いています。密教にそういうレベルの教えが

あるのです。道教には、房中術という術があり、男女の気を合一し巡らせて強化する、

そういう法がある。「煩悩即菩提」という事を理念上でなく物質的に成してしまう、

密教のヨーガです。これはインドにも、チベットにも、中国にも、日本にもありますが

日本の神様が行なったのが一番高度です。イザナギ・イザナミの大神様が、「マグワイ」

をした。眼を見つめあった。これで神々がお生まれになった。これ以上はオフレコにて。


弘法大師様の先輩で、さらに帰国後には灌頂を与え弟子になった伝教大師最澄師、

この方が「理趣経釈」を借用したいとお申し出たのですが、空海様はその申し出を

お断りになった。理趣経の教えは誤解を招くとふんだのでしょう。


整体家で有名な野口晴哉先生という方は、お経なんかエロいことが書いてあると

言いましたが、それはこの理趣経のことを言っているわけです。言い方で内容も

理解しているのに、冗談半分で言っておられるのが分かります(笑)

理趣経の百字偈が一番のあんこですから、以下に記します。


【般若理趣経(百字偈)】
菩薩勝慧者 乃至尽生死 恒作衆生利 而不趣涅槃

般若及方便 智度悉加持 諸法及諸有 一切皆清浄

欲等調世間 令得浄除故   有頂及悪趣 調伏尽諸有

如蓮體本染 不為垢所染 諸欲性亦然   不染利群生

大欲得清浄 大安楽富饒 三界得自在 能作堅固利


菩薩は勝れし智慧を持ち、なべて生死の尽きるまで、
つねに衆生の利をはかり、たえて涅槃におもむかず。

世にあるものもその性も、智慧の及ばぬものはなし。
ものの有姿もその本性も、一切のものはみな清浄し。

欲がこの世をととのえて、よく浄らかになすゆえに、
すぐれしものもまた悪も、みな残らずにうちなびく。

蓮華が泥から咲きいでて、花はよごれによごされず、
すべての欲もまたおなじ、そのままにして人を利す。

大いなる欲はきよらかで、大いなる楽に富みさかう。
三界の自由を身につけて、堅くゆるがぬ利を得たり。

  

◎而不趣涅槃・大欲得清浄ということ


『菩薩は勝れし智慧を持ち、なべて生死の尽きるまで、
つねに衆生の利をはかり、たえて涅槃におもむかず。

(   中    略   )

大いなる欲はきよらかで、大いなる楽に富みさかう。
三界の自由を身につけて、堅くゆるがぬ利を得たり。』


この二つの経文。理趣経の百字偈の冒頭と末語。

「たえて涅槃におもむかず」というのは、真の菩薩の誓願ですね。

なのに、「大いなる欲はきよらかで」というのは一見矛盾しています。


ですが、「菩薩は勝れし智慧を持ち、常に衆生の利をはかる、この原動力が

大欲であり、それは清浄である」と。

その上、理趣経は男女の一体を説くわけです。どう考えたら良いのか?



◎クンダリニーを使う事を示唆している!


菩薩の体というのは、アストラル体を超えて、原因身(虚空蔵コーザル体)にまで

及んでいるわけですよ。クンダリニーを使うことで脱身し、アストラル体を結晶化

できるわけです。さらにその上に行くことができる。理趣経はそういう事を説いて

いるが、あくまでも「般若理趣経」なのです。


これを為すには、金剛薩埵に変化(へんげ)すること、クンダリニーを使うこと、

摩訶般若に通じること、これらを示している。理趣経をそういう目で見てご覧

なさい。


理趣経の百字偈にはクンダリニーを刺激する効能があるんです。

ではどうやってやるのかですね。これは非公開の場でしかお教えできないのだけれども

別の形で述べてみましょう。

  

◎摩訶般若波羅蜜多心経と百字偈と共に


先ず前行、常の如し。

)琺堵娘稠藩緻多心経を奉読

金剛薩埵に変化(へんげ)。金剛薩埵のマントラ念誦。

M趣経百字偈を奉読

ふ辣幹衒

ド柑偈をお写経する

廻向・普禮にておわり。


「般若理趣経・百字偈」の写経は、この欲界では非常に力を発揮します。

欲には、

′斗(小欲)

大欲

が、あるからです。大欲は清浄なのです。

経文の通り「大欲得清浄」なのです。


この大欲の「大」ですが、「大乗」「大智度」の「大」に通じていると

私は思うわけです。そしてこの「大」とは摩訶であり、梵語のマハーです。

「マハー」には神通という霊威・霊妙という意味が込められているのです。

神通につうじる欲得は清浄なのです。

それは般若(空)を伴うクンダリニーの霊力ということだと私は思います。

(つづく)

ーーーーーーーーーー

〔『摩訶般若波羅蜜多心経 小経本 印施の募集』〕

来年2020年(令和二年)摩訶般若の功徳を込めた小経本を作成し、広く布施行を

おこないたいと思います。ご協力頂ける方を募集します。詳細は後日発表します。

kawashima.seitai@gmail.com までご連絡を。

川島徳慈しるす

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM