密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(94)】

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 00:00

密教【摩訶般若波羅蜜多心経の大功徳(94)】


≡ 秘話「延命十句観音経」❺ ≡



◎遍照金剛 空海撰「般若心経秘鍵」に説く是大神呪の解


「般若心経秘鍵」の内容は『般若心経』を

「人法総通分」「分別諸乗分」「行人得益分」「総帰持明分」「秘蔵真言分」の

五段に分けて解説するものである。

 嵜曜〜軣綿」 人と法とを全体を通じて解き明かす。

(「観自在」から「度一切苦厄」)

◆嵎別諸乗分」 諸仏の内証を諸宗に配当し解き明かす。

(「色不異空」から「無所得故」)
◆1 普賢菩薩(華厳宗)「色不異空」〜「亦復如是」
◆2 文殊菩薩(三論宗)「是諸法空相」〜「不増不減」
◆3 弥勒菩薩(法相宗)「是故空中無色」〜「無意識界」
◆4 縁覚・声聞(小乗)「無無明」〜「無苦集滅道」
◆5 観自在菩薩(天台宗)「無智」〜「以無所得故」

「行人得益分」 修行した人が得る利益を説く。

(「菩提薩埵」から「三藐三菩提」まで)
ぁ崛躓∋明分」 すべてが真言(明咒)に帰することを説く。

(「故知般若」から「真実不虚」)
ァ嵌訛⊃晋席」 秘密の真言を説く。

(「ギャテイギャテイ」より「ソワカ」)


「延命十句観音経」と関わりのある秘経「高王白衣観音経」には、

「是大神咒 是大明咒 是無上咒 是無等等咒」とあるわけです。

これをどう見るのか?  弘法大師様は、この部分を「般若心経秘鍵 総帰持明分」で

解明されておられます。


「…名を挙ぐる中に、初めの是大神咒は声聞の真言、二は縁覚の真言、三は大乗の真言、

四は秘蔵の真言なり。」

ここでいう真言は、

『 ガテー  ガテー  パーラガテー  パーラサンガテー  ボーディーソワハー 』です。


「高王白衣観音経」の経句をこういう角度から見る。

四つの句は、摩訶般若波羅蜜だと高王経では説いている。しかし般若心経秘鍵では

「ガテー ガテー…」のマントラであり、声聞から密教の教えだという。

一体何を述べているのだろうか?


◎白密の「般若心経行法」の秘密の教えより


中国南西端 雲南に南詔国と大理国があった。大理国は白族の王朝であり、非常に栄えた。

その国には、「白密」「滇密」という密教があった。密教では、インド密教、中国密教、

チベット密教(蔵密)、日本密教とあるわけだが、実際には「白密」というものがあった

のである。白族が保持していた密教だから是く名づけられたのであろう。


白密に、「般若心経行法」がある。これは密教の行法であり、大幻化網タントラなどが

取り入れられている。ということは無上ヨガタントラ経典まで包含している高度の密教

だということを示唆している。


この太古の「般若心経法」の中で、次のように説いている。

是大神咒ー妙観察智ー蓮華法智ーハラギャテイ ー バン ー 観自在菩薩

是大明咒ー平等性智ー宝波羅蜜ーギャテイ ーオン ー 虚空蔵菩薩

是無上咒ー大圓鏡智ー金剛智ーギャテイ ー フーム ー 普賢菩薩

是無等等咒ー成所作智ー羯磨智ーハラソウギャテイ ー ア ー 如来拳


これは菩薩の四智で、如来の五智になると「法界体性智」になる。

阿頼耶識という深い意識のさらに奥にある、アンモラ識という心を転じて

智慧と成したとき生ずる智慧である。

弘法大師様はさすがに大天才であり、このことも言及されておられます。

要するに般若心経マントラの「ボウジ ソワカ(菩提薩婆訶)」これを

「究竟菩提証入」の義としている。

般若理趣経の最後、「同一性故入阿字」と同じ意味です。

「阿」は、一番短い般若経であり、大空を顕す御真言です。



◎「阿」で全てを表現する


せっかく密教の「阿」字が話題に出てきたのですから、この工夫について述べましょう。

その方法を発案した経緯を先ずお話ししましょう。

チベットの古代からの密教、原ゾクチェンには様々な修行法がありますが、一番大切なのは

今も大昔も「グルヨガ」です。チベット密教各派のダルマ(法)でも核心は「グルヨガ」。

中でも原初のダルマは「ア(A)のグルヨガ」。また最も短い般若経は「ア」の一字。

ここが出発点です。


次にチベット密教ニンマ派に「吽字儀軌」という古法があり、その伝承者 故タクルン・

ツェートゥル・リンポチェ、ギェーパ・ドルジェ・リンポチェより之法の伝授を受け

ました。伝授の際、「吽(フーム)」という音を指を折り乍ら何種類も聴かせられるのです。

いや、何種類どころか数十でした。私はせいぜい5〜6種類ぐらいしか分かりませんでした。

リンポチェ クラスのラマ僧たちは、数十音を一度の聴聞で聞き分けるとのことでした。

「フーム(吽)」にもそれだけ種類があるなら、「ア(A)」にもある筈と私は考えた。


さらに古神道に「アチメの傳」というものがあるんです。別名「天之浮橋の傳」という

秘傳です。実は私の遠い祖先にこの傳を受けた方がいるんです。山崎闇斎翁という

神道家がいましたが、この方の門に入り天神様・観音様にご縁のあった先祖が

いたのです。実に私も「天之浮橋の傳」というものを弱年にして知り、これを得る為に

先ず山崎闇斎翁の著書から勉強を始めたという偶然の経緯があります。この「アチメ」の

「ア」は「天」と表記するのです。「ア」は「天(の心)」に通じるんだなぁと。


阿は「阿字観」、「ア(A)のグルヨガ」、「天(アマ)」、「唵(AUM)」に通じる

根本である。五十音も「あいうえお」ですね。母音と子音の組み合わせですが、

母音が特に大切です。ここに日本語の言霊の秘密があります。この言霊の秘密、

伝統がダメになってきているから、日本人は大きく変化してきたのです。

「ア」は筆頭です。「吽(ゥん)」は末尾。この二つの音霊をつかめば、あとは

そこに入る、つまりピンとキリです。


「ア」は頭のてっぺん。頭は「在り霊(ありたま)」からきているのです。

「霊(たま)が在る」から「あたま(頭)」なのです。

「ゥん」は、末尾で、お終いです。頭の神経は脊柱管を通って馬尾神経で停止する。

末尾お終いです。ここに「フーム(吽)」がある。吽は明王の種字、マントラです。

明王は火炎を背負いますね、あの火は馬尾神経付近の火、すなわちクンダリニーです。


「ア」から取り組む。先般、神木隆之介さんが、TV番組で芸人に「あぁ」の種類を

表現し、指導していました。彼の声は独特です。また素晴らしい表現力です。

宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」の坊、新海アニメ「君の名は」の立花瀧くん、

NHK大河ドラマ「いだてん 〜東京オリムピック噺〜」の「五りん」、

皆さんどれか一つはご存知ですよね。声優としても俳優としてもご活躍です。


私は神木さんが出たTV番組を見て、我が意を得たりと思いました。

方法は「あ」音で、全てを表現する。すべての言葉を「ア」だけで言う。

「ア」にも無限の種類の「ア」があるのだと理解でき、音霊を自覚するに至ります。

「ア」と「ゥん」の二字、これを押さえれば音霊は自在となるでしょう。

まあ詳しい話もあるのですが、長くなるのでこの辺でやめておきます。



◎「般若心経」により秘傳「天神秘文」を霊夢で得る


私は菩薩の四智の理解が進捗するように、「心経」で懇祷しました。

如何にすれば我ら衆生が、菩薩の四智、如来の五智を得ることができるのかと。

こういうときには「摩訶般若波羅蜜多心経」を読誦するのが一番です。


すると霊夢にて、

不思議な神社へゆくことになり。そこで巻紙をいただいたのです。

それは御神籤(おみくじ)のような紙で、

はっきりと、

「天神秘文 観世音 南無佛 與佛有因 與佛有縁 佛法僧縁 常楽我浄 朝念観世音 暮念観世音

念念従心起 念念不離心」

と、記されていました。

夢の中で、「これは延命十句観音経ではないか!」と思い、

もう一度紙をみると今度は「摩訶般若波羅蜜 観音眞経」と表記が変化していた!?


後で調べてみると、遂に昔は「延命十句観音経」の事を「天神秘文」と称されていた

事実を知りました。本当に「天神秘文」という金句、言い方があったのです。

「摩訶般若波羅蜜 観音眞經」という表記は見たことがありませんが、どこかにあるのかも

しれませんね。出てきたら大変嬉しいことです。

(つづく)

ーーーーーーーーーー

〔『摩訶般若波羅蜜多心経 小経本 印施の募集』〕

来年2020年(令和二年)摩訶般若の功徳を込めた小経本を作成し、広く布施行を

おこないたいと思います。ご協力頂ける方を募集します。詳細は後日発表します。

kawashima.seitai@gmail.com までご連絡を。

川島徳慈しるす

スポンサーサイト

  • 2020.02.17 Monday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM