年筮【令和初の冬至です!12月22日(日)】

  • 2019.12.22 Sunday
  • 00:00

年筮【令和初の冬至です!12月22日(日)】


◎令和元年の冬至(12月22日(日)午後1時19分)



冬至ですね!

一陽来復(一陽来福)。陰きわまって 陽に轉ずる。

いつも申しますが、「儒家年筮(じゅかねんぜい)」の習慣(ならい)です。

この日に一年の指針を受ける。


易の神(易神)は裏切りません。

易経の「繫辞傳」というものがある。繫辞傳とは「啓示の伝え」でもある。

この中に「則ち」とある。則ちに、がんだれ(厂)を付けると「厠」になる。

厠は「カハヤ(かわや)」で、大なり小なり「河(川)」の上にある。


また厠は「便所」である。「化粧室」でもある。

要するに「駅(station)」なんです。映画でも「駅」の場面が多いでしょう。

場面が展開する。一つの情報が飛び交い、状況が変化する。

「変化する」と言えば「易」です。「易」「駅」も「えき」というのです。

読み方が同じなのです。あなたはこれが偶然と思いますか。



◎厠は幽的存在の通り道なり


「則」「厂」の厠は、幽的存在の行き来する所なのです。

いい存在も、逆の存在も通る道なのです。


「厂」は一体なんでしょう。

一種の「蛇」ですね。蛇体的なものである。「ツチ」というでしょう。

この頃は言わないが、昔は「ツチノコ」騒動があった。

どこそこで「ツチノコ」を発見したみたいな。空飛ぶ円盤とネッシーと雪男(イエティ)は

大人も子供も胸を躍らせる話題でした。「ツチの子」なのですね。


「ツチ」の名のつく神様はたくさんいます。

カグツチ等々。蛇体なのです。厂はこういう事を意味しています。

同時に蛇体は裕福をもたらします。



◎易のインスピレーション


厠では、インスピレーションが湧きますね。

案外よいアイディアが浮かんだりする。

インスピレーションに対してアスピレーションがある。

アスピレーションがあって、はじめてインスピレーションが為される。

アスピレーションとは出すことですが、これは「熱誠」です。

印度なんかでは「タパス(苦行)」なんて言う。


「熱誠」の最たるものは「アートマンの火」則ち「クンダリーニ」です。

「火の蛇」です。弁財天は蛇体ですが、頭に宇賀神を乗せている。

鳥居があって蛇体三巻の顔が老翁、それが宇賀神です。ここから功徳がザクザク出てくる。

インスピレーションですよ。インは「入る」「スピレ(スピロ)」は「霊」です。

「神霊をイン」する。


◎年筮で指針を得ましょう!


さて、年筮です。

易の立卦の仕方は、筮竹の法もあるし、擲銭の法(銭を投げて)、サイコロもある。

まあ何でもよいのですが、易を汚してはいけない。

一度 立卦して、結果が気に入らないからと言って、もう一度やってはいけない。


しょせん、占い指針ですからね。一喜一憂せず雄々しく受けとめて

身の養いにしてください。


では皆様の御幸運をお祈りします。


令和元年12月冬至に  花角有仙 川島徳慈 記す


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM