大晦日に【年災除祝詞を奉唱しよう!】

  • 2019.12.26 Thursday
  • 00:00

大晦日に【年災除祝詞を奉唱しよう!】


◎年災除祝詞を奉唱しよう!


年災除祝詞

掛巻も畏こき、神集岳紫籍府天津大司命七十二神、小司命八千七百諸神、万霊神岳之司命

国津三十九司命神、辞別て産土大神等の御前に「道士◯◯」慎み敬まひ畏み畏み白さく。

言巻は雖畏(かしこけれども)、千早振神代の昔、天地の開闢くる時に、皇産霊神の天の益人

を産成し、万の物迄に神霊を賦り与え給ふが中に、人は万の生きとし生ける物に勝りて、

殊に奇霊なる神霊を以て授け給へり。如此て現世に生れ出る蒼人艸の中にして、歳の廻に

依りては、禍津日神の禍事に率られて、村肝の心に不思りし事に躓き、或は不計き病の災に

罹る徒の有けるを以て、星の廻 歳の廻に依て悪き運りに中り、或は其中らざる輩も亦禍津日

の禍事無く、新き歳の新き星の廻の新き日よりは、年緒長く家にも身にも無恙可在物ぞと

思議て、御祭仕奉らくを聞食諾ひ給ひて、天之御中主大神 高皇産霊大神 神皇産霊大神 

天香背男神 大年神等に、菅根の懇に議給ひて、星の廻 歳の廻の災に罹りて魔神の禍事に

率らるる事無く家内安く穏に、各々身健にして病しき事無く、家富栄て命長く、夜守日護に

守恵み幸給へと、畏み畏みも乞祈奉らくと白す。


「道士◯◯」は自分の氏名を入れる。入れずに奉唱してもよい。



◎大晦日神事の秘訣傳!


大晦日ないし晦日には、各神社で「大祓」の神事があり、意楽に従って参事すればよいわけ

ですが、自分の寓居の祭壇・神棚の御神前で「大祓詞」「産土社祝詞」「年災除祝詞」等を

奉唱することができれば「優」です。


「天津祝詞祓清太祝詞秘辞」「玄府奇祝言」を加句できれば最善でしょう。

我々凡夫にとって霊的向上に関わるのは産土大神なのである。仏教があろうが、

キリスト教があろうが、人間の霊的向上に関わるのは産土大神なのである。


であるから、神道の根源である「大祓詞」をもって懇祷する時にも、仏教徒として

「摩訶般若波羅蜜多心経」をもって念誦する時にも、神祗を念ずるのが霊的向上に

つながるわけだが、「産土大神の本当の御神名」があるわけであり、これは本来人間には

明かされざるもので、もし知る士は「年災除祝詞」「産土社祝詞」等に加句して

奉唱するのである。この奉唱法が「最上」である。


さて、あと数日で大晦日である。

心得のある士は、上記を参考に「年災除祈祷」をして頂けたらと思います。

その地域の代表、一族血統の代表として、そういう気概で神事(かみごと)の御用を

させて頂きましょう。


令和元年師走に 花角有仙 川島徳慈 記す

スポンサーサイト

  • 2020.01.02 Thursday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM